ソースは忘れたけどトロポイは国家名じゃなかったっけ
>>
BBFのP152に「トロポイが何を指すかは不明だが」と前置きされた上で、「ネイバーフットに存在する国の一つではないかと推察されている」
って書いてあるから、国と確定した訳ではないね。可能性は高いけど
本編前エピソードのゴールとしては
真都ちゃんはボーダー抜けて一般人
桐山さんは本部で頑張ってる
同盟国は滅んでいる
現ボーダー隊員として残ってる人達以外は全滅ぐらいか

強いて言うなら身内が旧ボーダー隊員だった風間さんと嵐山さんはこの事というか旧ボーダーの事を知っているかどうかが個人的に気になる
>>
嵐山さんは分からんが風間さんは知ってるはず。林道支部長に「別に兄の復讐をしようとは思っていない」と言ってたし
アリステラに加勢して死んだなら近界で死んだことになるし、大規模侵攻は関係あるまい
>Qトリオン体になっている間、生身を格納したトリガーホルダーはどこにありますか?
>А別次元(近界側の次元)に、独立したスペースを確保してあり、そこに格納されています。

これって2国のどっちかにスペースを確保してるのかな。全然関係ない?
>>
その考察は初めてみた
確かに言われてみればそうっすね。これまでドラえもんの四次元ポケットみたいに思ってたぜ…

単なる「別次元」じゃなくて「ネイバーフットの次元」と書いてあるのが意味深
>>
ずっとボーダー基地の敷地内にそういう専用スペースがあると思ってたからその発想は無かったわ
ありそうだな
>>
人間に知覚できない高次元に移したと理解してたけど、確かになんで近界限定なのかな
・近界がそもそも玄界から見て別次元である
・近界で超次元的技術が発展していて、そのままこっちにもってこれない技術だから場所借りしている
・玄界の別次元利用は原理的に可能だが、黒服の組織とかとの競合を回避している
あたり?
>>
近界側だろうけどその2国が干渉できない場所に置いといて欲しい派
生身収納したトリガーは隊員の命綱だし余程一蓮托生的な同盟でも結んでないかぎりその2国はこちらの子供達の命なんて守る義理はないだろうし
アリステラ滅亡を経験している城戸さんはその選択肢は選ぶような気がしないなあ…と
このダブルピースしてる子や欠伸してる子も死んだかと思うととてもつらい
「何人かは黒トリガーになった」なのに天羽の奴と風刃しかないなら他は奪われたのかな…しんどいな…
>>
4巻の時のA級上位三チームの遠征はこういう撤退せざるを得ない状況で置いていってしまった仲間の黒トリ奪還回収とかも含まれていたりするのかな
たぶんそういう訳では無さそうだけど
「風刃(ふうじん)」の名前の元ネタが「風神」だとしたら「らいじん」を冠する黒トリガーが存在してる可能性はありそう…天羽のとか
>>
雷神丸が既にいるけど他にも?
>>
迅さんの風迅にかけて陽太郎が雷神丸って名付けた説
主題からずれてるかもだけど、そもそも近界ってどんな風に発展していったのか知りたい
大昔に玄界から移住して根付いたのか、近界にもマザトリじゃない星があってそこから発生・進化したのか、近界そのものを創造した存在があるのか
>>
タイトル回収するならそこが「ワールドトリガー」関連になるんじゃないかな
>>
生贄前提の殺しあえと言わんばかりの世界設定は自然発生的な物じゃなく何者かがデザインした世界じゃないかって気はする
ガラプラの2人が「アリステラ…!」って反応してるあたりかなり有名な滅亡事件っぽいのは確か
問題はやはりどこが攻めたかだよなぁ
>>
ガロプラの例を見るに、恐らく通常は現地でマザトリ乗っ取るんだろうから、マザトリ無くなって消滅は相当なんだろう
遊真ってこのころからボーダーのトリガー使ってたのか
>>
エンブレムはボーダー時代に有吾が設定したトリオン体の名残なんだのだった気がする

どっかのQ&Aに書いてあった
>>
描写から推測するに、ボーダーのトリガーは初期設定として実体スキャンしてトリオン体生成→通常換装体として登録って流れだと思う
以降は登録された個人のトリオンを識別して即座に換装できる
Q&Aのは、登録者以外のトリオンを感知したから実体スキャン→トリオン体生成の流れで、その時有吾のトリオンを感知してボーダーのデータベースに残ってた有吾の設定(隊服と武器)が反映されたよって話だから、黒髪遊真がボーダー製のトリガー使ってたのは間違いない
ただ弧月では無いので、ボーダーからトリガーを持ち出して有吾がデータ弄ったと思われる
そう言う意味では元は有吾のトリガーだったろうから、有吾の設定の名残りと言えなくもないけど
近界の人達の好きなものとか見るとりんごとかパンケーキとか砂糖たっぷりのホットミルクとかこちらの世界にもありそうな物が多いのは不思議だった
独自に進化した世界ならもっと独自に発生した動植物いても良さそうなのに食文化はこちらとあまり変わらない感じなので
不自然に切り取られた箱庭感がする
>>
「日本(というか地球)で言うならりんごとかパンケーキに近いもの」って可能性もある
ただ「偶然近い生態の動植物がいる」の理由に何の説明も考えない作者とも思えない、まあそこが深掘りすべき点かというと微妙な気はするが
>>
ラタの好きなもの白葡萄のワインってはっきり書いてあったりするから同じものなんじゃない?って思ったんだけどね
~のようなものならそう書くんじゃないかなって
小南先輩とレイジさんはこの中だとどれぐらいの強さやったんやろか?
>>
年齢的に大人組のが強そうではあるよね
>>
同盟国の戦争を機に一皮むけたというか覚悟完了したんじゃないかと予想
トリオンといえばトリオンは「トリガー オン」の略なのかな
あまり考えたことなかったが
>>
それはない。順番が逆でしょ
英語の綴りってtrion?
tryonだとギリシャ語の接尾語が検索に引っかかるけど
>>
trion。海外のワートリwiki参照。ソースが書いてるから日本のより分かり易い時ある
有吾の黒トリガーの初期装備が7つだったのは、有吾のトリガーに入ってた装備が7つだった可能性は高そう(ボーダーのトリガーはMax8つなので)
風刃も弧月がベースになってそうだし、元のトリガーの形質をある程度引き継ぎそうな予感
>>
前有吾の構成妄想しようぜみたいなスレ立てた(10レスもない)けど、孤月二刀持ってるのは写ってたけどそれに該当する印がないなってなった気がする。明かされてない残りにあるのかもしれないけど
>>
有吾は大人だから弧月フルサイズで
悠真は紐付きの短剣だったので、これは
それぞれ体格に見合った武器を外付けで
携行していたのではないでしょうかね。

カルワリアで、昔の武器を渡されたりしたら
胸が熱くなります。
前から思ってたんだけど、第一次侵攻って、アリステラのマザートリガーを狙って来た近界民によるものってことはないかな
>>
言われてみれば充分にありえそうだな
アリステラのマザートリガーに特殊な機能が搭載されてるとかなら
>>
ガロプラは内部侵入したから探知できた=外からは探知不可
アリステラ侵略に加担した国がマザトリ追って来た感じかな
待てよ
「アリステラを守らなければミデンが攻められるところだった」って描写があったから
実はターゲットはアリステラではなくミデンにあったのでは
>>
19巻、ゆりさんのセリフね

ほうっておくとこっちの世界まで巻き込まれるところだった、だから、ミデンが当初から目的だったかの判断はできないけど、アリステラ防衛戦と第一次侵攻の相手が同じ国だった可能性はあるんじゃないかな

アリステラ防衛戦では貴重とされるトリガー使いが10人も死んで、第一次侵攻では一般市民が多数虐殺されてるあたり、敵国の命の扱いが共通の文化圏に思える
国が負けても支配者が代わるだけで済む所を、王族がマザトリを持ち逃げしたせいで国土が崩壊しているはずだから、アリステラの元国民から凄く恨まれてそう
>>
仮に全滅してたら文句いう国民はいないな()