正直要らないけどちょっと好きなシーン貼る
そういえばいつから月島さんのこと気に入ってたんだろう
>>
ダイレクトに頼りきってたり自分の気に入ったものは勧めてみたり
他のキャラへの対応の違いから見るに気に入ってたのは本編登場前からなんじゃないかな
しょっちゅう
(めんどくさい)
って顔してんな
…いや結構無駄なシーンあったな
>>
キロちゃんはこう言ってるけど割と無駄な話がないのが恐ろしい所だと思う
忖度無しでメンコやってるの好き
>>
出世せんぞ月島ァとか言うけどよく考えたら先任軍曹に出世もクソもない
これ最初は外から拭いてるのかと思ってた
鯉登少尉がそんなことするはず無かった
見てるだけかい
>>
言われてみれば外側は煤で汚れなかったわ…
考える必要ない場面だからかわからんが
こういうところ見ると知能低そうなんだがな…
>>
なんというか子供なんだと思う
1人じゃ危ないのによくも私の部下を!!!ってキレてキロちゃん倒しに行くあたりとか読んでて思った
月島が真顔で窓拭いてるのちょっと面白いかもしれない
>>
月島大体真顔じゃん…
鯉登は何かあったらお前の事殺すよって言われてるのにまだ懐いてるの凄い
>>
結局あれ言った直後に上司の命令無視して介抱しにきたら突き放しにくくなってしまう…
お互いの結婚式にも葬式にも参列してそうではある
>>
月島は生涯1人を貫きそうな気もする
ちっちゃいカモシカ見に隊から離れる鯉登
杉元「犬用の首輪でも付けといたら?」
鯉登「杉元何言ってんだ貴様ぁ!何か言ってやれ月島ぁ!」
首輪をじっと見る月島
鯉登「月島ァ!!!」
みたいなやり取りが好き
育ちの違い
>>
このあとちゃんと自分も確認するのが可愛い少尉
じゃあ月島も鯉登に縁談が来たらガッとやってオギャーですよとか言うのか…
>>
確実にサポートはする羽目になると思う
早逝したお兄ちゃんにコンプレックス持ってたけど自分よりも歳上で優秀で血が繋がらない他人って関係が良かったんじゃないかな
>>
そういえば亡くなったお兄さんと月島が大体同い年くらいになる?
本人は結婚しなさそうだけど鯉登の子供の面倒見てる月島は妙に想像しやすい
>>
女の子だったら初恋の相手になっちゃうんだ…
というかこう言うと怒られそうだけど終盤の鶴見と鯉登のどっちにつくかで揺れる月島は構造だけならメロドラマすぎるよ!見た目みんなおじさんと野郎まみれだけど
>>
本気ではないという前提で見てほしいんだけど
あの辺りはNTRだコレ!と脳内で騒ぎ立てる自分がずっといた…
恋する少女だったらメロドラマだろうけど辛いことで心が壊れた悲しいおじさんだからなあ…
>>
メロドラマは少女だけの専売特許じゃねえぜ!
>>
アイヌの隠した金塊よりでかい一石を投じてきたわね…
月島←鯉登娘を見て嫉妬するキェェイの図は想像しやすすぎる
>>
ちょうど反抗期始まったぐらいにズルいぞ月島ッってなってそう