愛を注ぎ→妻のフィーナ
未来を託し→娘のオリガ
役目を遺した→長谷川さん
左を何一つできなかった長谷川さんの無念はアチャが晴らしたから安心してくれ
ハセガワさん迷っている…手助けしないと
>>
再会したら凄く怒ってる……こっちはアイヌと組む予定だから当然か……
しかも左アチャ視点だわ
>>
コワ〜…
アチャがお礼にハセガワさんの重荷取り除いてあげた説もでてくるぐらいの顔してるな
>>
後の展開でもわかる通り長谷川さん真面目だから…
赤ん坊を抱くのもウィルクの方が上手いの酷いわ
>>
そりゃハセガワさんちで学んだからな
>>
ありがとう……長谷川サン……🥰
慈愛に満ちたアチャの目と比べて
迷いのありそうな目の長谷川さんなのもいいよね…
>>
見てますか……長谷川サン……🤗
娘だけ生き残ったらどうしてたんだろうなハセガワさん…
>>
アチャと違って幼い娘に熊殺しをさせる父親にはならないよな…
>>
また違った道があったと思う
なんでダブルキルしてんだアチャ…
全部お前のせいだぞウイルクはアシリパさんにウイルク重ねてんじゃなくて
お前の娘も巻き込んでんだぞ言ってるだけのような気がしないでもない
>>
アシリパ相手に感情昂ぶっちゃうけど
別に惨たらしく仕返ししたいわけじゃないしね
>>
優しすぎない?
>>
ソフィアにすら死ぬ前に熱弁してあげるからな…
>>
根本がまともなのが逆にひどくない?
>>
アイヌのためとはいえ娘を財宝の要にしちゃうしね…
あんな鉄火場から生き残った稲妻夫婦の赤ん坊見つけた時どんな心境だったんだろうな長谷川サン
>>
あいつらが赤ん坊を育てたらどんな子になったかなあは
間違いなく妻子に囲まれてスパイでいられなくなった自分を指してる
そういや稲妻夫婦の子供ってアシリパさんのとこの村で面倒みてなかったっけ…
>>
中尉が信頼できる人に託さなきゃって言ってフチのところに預けてる
ぞんざいに処理しなかったのが本当に切ない
>>
殺せるわけ無いもんな
>>
最終話ラストにも出てるぞ
読み返してみると情が深すぎる人だったハセガワさん
一番安い駒と違って人間すぎる
>>
そう考えると安い駒にころされた高い駒のこととかも責任感じてたりしたんだろうか
割と真面目にアチャ殺したいから金塊追ってましたよね?
>>
それもあるけど別に行動原理はそれだけってわけじゃない
>>
😡
>>
😌
アチャはあんな幸せ家族うちも作りたいなぁくらいに思ってそう
>>
そんなこと思ってたのに足手まといは消しておくね…とかするのは完全にサイコやん…
普通の人はアチャの脳内アップデートについていけない
>>
スイと守るべきものをスイッチするのなんなんだよ怖いよマジで
愛情はあるけどそれはそれとして自分の娘を一番の道具として使おうとしてたので
目的のために弱さを潰す狼よりも愛をも利用するもっと恐ろしい何かになったんだと思う
キロランケは冷徹さが無くなって弱くなったと失望して見限ったけど実際は逆
>>
どっちかというと新目標においてはほぼ邪魔にしかなんないキロちゃん殺さなかったのが決定打だろうし…
>>
ウイルクはキロちゃんが障害になると本気で思ってなかったのか
感づいてはいたけどズッ友だから見ないふりしてたのか
殴り合って以降にキロちゃんのことどう思ってたのかは割と謎なんだよな…
>>
キロちゃんに自分が殺されるであろう事も計画のうちに入れてる説が怖くて好き
アイヌを殺したのは私じゃないってどのツラ下げて言ってんだよ!
>>
ただの事実報告ですし…
>>
多分ただの事実として言ってるだけだろうな
俺は直接手を下してないよ的な
>>
(首切り落して目玉くり抜いて顔の皮剥ぎ取って晒し物にしたけど)アイヌを殺したのは私じゃない
>>
面の皮が厚いわ
宇佐美に計画むちゃくちゃにされて即座にリカバリするの長谷川サンも相当アチャ寄りだと思う
>>
似た者同士ではあるよね微妙に情捨てれないの
>>
宇佐美少年をかばったってのもあるのかなと思う
愛の実験台として興味が出たのもあるだろうけど
アチャが鶴見の妻子撃ったのって事故?
>>
>>
もう誰にもわからない