板垣 あれはもう、宮本武蔵が出てきた以上は、「誰かを斬るんだ」っていうのは、最初からのテーマだったから。

──誰かは武蔵に斬らせようと?

板垣 必ず斬られる人間が出る。だから、最初は本部以蔵のつもりだったのよ。以蔵を斬らせても、大局に影響はないだろうなと。

でも以蔵が「俺が守護(まも)らなかったら──」って、古武術に生きてきた経歴から言っても「俺以外に誰がいるんだよ。俺が皆を守護らなくてどーすんの!」って言った時に、担当者が笑ったんだよ、爆笑。

それで話しているうちに、「絶対に盛り上がるじゃん」「これ、本当に勝ったらすげぇな」って。「本当に守ったとしたら、こんな感動ってなかなかないぞ」と考え直して、「よし、これはもう本部を、克巳のように起ち上げて行こう」ってなったわけ。

それで誰かが代わりに斬られなければいけなくなって、「ところで烈って今、何やってんの?」と、それで、烈がチャンピオンに勝って帰ってくるっていうシーンに変えたというのが真相。

そりゃあ、烈が斬られたら、すごいシーンになる。でも、「烈を殺すのは、なんとか考え直せないだろうか」って編集部からも言われてね。
──全員思ってましたよ、読者は。

板垣 じゃあ、俺の方から質問するよと。東京湾からゴジラが上がってきたときに、ビルを壊さないように、道路を傷めないように、人を踏み潰さないように、一通り歩き回って、火も吐かずに、何一つ被害をもたらさずに東京湾に帰ったら、皆怒るだろと。

「ぶっ壊せよ! 何やってんだよ、ゴジラ!」って皆怒るよと。同じロジックで、宮本武蔵が出てきた以上は、誰かを斬らなければ、決着をつけなければしょうがないんだ。そして「誰を」と言ったら、誰もが納得する強者じゃなきゃいけないんだ。

俺だって、烈を切らずに宮本武蔵のキャラが立つんだったら、そっちを選ぶよ。でも「どうしてもそれ以外には、考えられない!」って。その時はもうね、涙が出たよ。「俺だってそうしたいよ」って。

でも、そのぐらい思い入れがあったんで、いいシーンになったと思うよ、あの斬るシーンは。どう考えたって「これはもう無理。絶対にこれは死んだ!」って思わせるシーンじゃなかったらいけない。それで「次に活かせる」と言って死んでいく。「これはもう100点満点だな」って。

https://natalie.mu/comic/pp/baki_mook/page/2
初見で笑えた編集めっちゃセンスええやん
完璧な読者目線身に付けとるんやな
右ならえでネタにしとるなんj民とは大違いや
>>
そいつ異世界烈の編集だからくっそ評判悪いで
ストーリーに介入しまくって自分の分身をチートキャラとして出させてたし
>>
異世界烈つまらんのか
設定としては最高やったやろ?序盤の評判良かったし、ストーリーの問題では?
>>
むしろその序盤の評判が最悪やったやろ
全然異世界のモンスターと戦わない上何故か偉人トーナメントを始めようとしてたし
作画担当が今の展開は最悪とキレてちゃんと烈が異世界のモンスターと戦うようになってから評判良くなったんや
>>
序盤これやぞ?
ちなみにこのナカムラってやつがその編集な

1話 烈が異世界に転生した

2話 烈を知る神心会のナカムラが先に転生していた

3話 ピクルくらい強そうなリザードマンがいた

4話 爺さんが来てリザードマンの尻尾を斬った

5話 爺さんはレッドドラゴン1万匹を1日で殺していた

6話 結局誰とも闘わなかった烈はこの異世界にスマホがあることを知る

7話 能力(ちいと)を得た転生者・天草四郎がナカムラのスマホを壊した

8話 歴史上の英雄たちが次々と転生して来たので烈はそれと闘うと決めた 作画がキレる

>>
早い話がドリフターズと魔界転生をまぜただけだな
確かに烈が死んだのはかなりのインパクトやった
作中でも相当強いし人気キャラやし

>>
インパクトて悪い意味もございました
まあ言いたいことは分かるやろ
笑われる存在が守護ったら感動するぞって事やし
漫画家として衰えた状態じゃ無理だったってだけや
>>
無理?普通に描けてたで?