寂しそう
団扇持っていくんだ…
>>
それ置いていってください
ってマダラに言えるか?
石投げられてなくてよかった
>>
千手の一族と手を組んで里を作った1人ではあるんだからそこまでじゃないだろう
ただその後も色々やらかしたり柱間っていう立派な別のリーダーが出来てうちは一族からの求心力が無くなっただけで…
これはオビトトークだけどまあ
盗み聞きした当時のマダラ視点だと「このままだと扉間政権になって、うちはが冷遇されるんじゃないか」とか懸念する気持ちは分かるし
だから一族に呼びかけたけど誰も付いてきてくれない状況は当時の当人としてはしんどかったろうとも思う(これまでの積み重ねによる人望の無さの賜物って事を置いとけば)
実際には扉間は里での2,30年くらい?の暮らしの中でうちはについて理解し直してるし
さっさと見切りつけたりするから…って所になるが
>>
何もかも早すぎる男だった
うちはからも求心力なくなったのはイズナの怨念に引き摺られて徹底抗戦しちゃったのがまず最初にダメだったのかね?
>>
徹頭徹尾個人主義だからそもまとめ役に致命的に向いてない
戦乱の世で実力至上主義だからリーダーに選ばれただけで平和になったらどの道誰も付いてこなくなってたと思うよ
>>
詳しい事情はわかんないけど当時基準でなら別にアウトって程でもなさそう
個人的にリーダーとして柱間が推されてたとか里抜けに付いてくるやつがいなかったとかも単にそのままの意味でしかなくて
長としてのマダラの威厳と求心力そのものが消えたって意味じゃないと思う
里が出来たのに自分の居場所が無かったのは滅茶苦茶しんどかったとは思う
周囲からは厄介者扱いだろうし
>>
平和な里を散策してるシーンは好きなシーンなだけになんか辛ぇわ
ていうかマダラ自身はこの時に闘う事へのモチベってとくに無いからな
千手兄弟と違って戦えば平和につながるとも特に思ってない
>>
それはそれとして戦うのは好き
平和も求めてるで頭がバグってると思う
マダラ「裏切られたんじゃよ」
オビト「爺ちゃん可哀想!」
>>
そういう関係になれてたらこの二人だけでも幸せだったかもな
…でもそうなってないんだよね…
こういっちゃアレだけどマジで原作が最善のケースなんだよ
>>
カグヤ復活やBORUTOの大筒木関係のこと考えると原作が最善としか言いようが無いんだけど
それでもマダラやオビトのifを考えてしまう気持ちは分かる…どうにかならなかったのかと
マダラって人望ないよね
マダラはまず扉間と腹割って話し合った方がいい気がしないでもない
>>
物理的にどっちか腹割るまでヒートアップしない?
でもマダラのこと一番理解してたの扉間だと思うよ
>>
扉間のこと一番理解してるのも多分マダラ
お互い評価する点は評価したうえで絶対に分かり合えないことを分かり合ってる
木の葉時代のマダラ
一番最後の会話としては「柱間ほど楽観的になれなかった」「後ろに立たれるのが苦手な男だった」ってのがマダラの総評かな
後ろに立たれるのが嫌だったは回想の時からずっと一貫してるのね
>>
だから柱間も「お前は昔から変わらないなあ…」みたいな笑顔なんだろうな
オビトはマダラ嫌い
よく弟が生きていればって話になるが
弟がいればマダラの凶悪な部分が抑えられるほどなのか
>>
弟のいる幼少期はまともなのでせいぜいバトルマニアくらいの凶暴性になってたかもしれん
うちはの男連中は他人の手の平の上で踊らされ過ぎる…
>>
黒ゼツ→マダラ→オビト→イタチ→サスケの綺麗な誘導の流れ
>>
忍び達の歴史はともかくNARUTO本編の歴史は間違いなく黒ゼツが作ってる
うちは一族屈指の実力者なのに全然人望無いのすごいな
ふつう多少人格あれでも流石マダラ様でゲスみたいな三下くらいはいそうなのに
>>
多分そういうのは戦争で死んだ
生き残ったまともなうちははマダラからすると腰抜けにしか見えなかった
>>
マダラ本人が自分を慕うような芯のある奴はいないって言ってるし
投降した連中はマダラを信用してないだけでしょ
びっくりするくらい誰ものってこなかった…
多分純粋に仕事で協力するならマダラと相性いいのは扉間だと思う
>>
嫌い合ってるけどお互いのやり方理解してるっぽいしな…
誰が悪かったなんて明確に決められる問題なんて現実にも殆どないしな…
マダラも柱間も扉間もしくじってるし
そもそもしくじり以前の問題として戦乱の世がありインドラとアシュラがありゼツがありと連鎖してる
全員犠牲の犠牲だよ
>>
まあ結局NARUTOってここの行き着く気はする