変な美術品しかねぇ…
>>
なんだコレ…
>>
これのどこがデートスポットなんだよ
ロマンチックの欠片もねぇ
>>
警備員の帽子クソ長くて草
>>
変に気取った芸術品じゃなくてギャグに振り切ってて好感だな
ネタも練られてるしネウロの小ネタみたいな愛情を感じる
>>
???「美しい・・・」
今回も城崎が可愛い
だが男だ
>>
男で問題があります?(錯乱)
エっっっっ!!!!
>>
素直にエ○くて次回楽しみになったので100点です
今回のデート内容も普通に面白いんだけど次回がすごい楽しみになる引きでめっちゃ楽しみになった。
>>
デートで城崎の感覚や下呂のちょっと可愛いところを見せつつちゃんと裏で話進めてるのよかったね。しかし変な美術品の集め方のルビがひっでぇw
>>
ここ良い….ってなった
こうやって「夫婦なんて人それぞれだよ」を提示してて主人公にとってのゴールが見えやすくなってきてるの良いね
>>
奥さんの手を取った瞬間にシャキッとなるのいいね・・・
>>
ここの奥さんの表情で、奥さんも芸術家先生の才能や財産、肩書きしか見てないんじゃなくて、こういう所で自分の手を取って駆け出してくれる所に惚れ込んでるんだなって
奥さんも最初の出会いのきっかけは芸術家先生の追っかけミーハーファンだったとかあるかもしれないけど、今は本当に好きなんだな〜となる
これは…「男同士の友情」とも「男同士の恋愛」とも感じられる絆の深さが育まれててとてもキテる…
ちゃんと「命を助けてくれた恩をデート指南で返す」って城崎くんの誠実さからくる行動なのが自然な印象を与えるね
むっちゃデートやん
>>
好きなコマだわ。自然と楽しそうな雰囲気になってるからだろうな。