ヒュンケルの狂気、ポップの苦悩や最後のロン・ベルクとか
いちいち演出が格好良いな
ヒュンケル
素手で鎧を引き裂いたことから、竜闘気並みの硬度になってんな
もう親衛騎団ぐらいなら相手にならなさそう


>>
戦後は老師に弟子入りして体に負担のかからない戦い方を教えてもらうべきだな
相反する炎と氷を使ってメドローアするんだから
光と闇の闘気で新必殺技出来ないかな
>>
光と闇が両方そなわり最強に見えるという言葉があるからなw
ヒュンケル死んだのって今回ので何回目?


>>
0回、一回も死んでないし
>>
1回目ダイから瀕死状態でマグマ風呂
2回目マグマ風呂後にハドラーと相打ち
3回目ハドラー戦後にフレイザードからボンバータックル
4回目ラーハルトに瀕死にされる
5回目ラーハルト戦後にバランからライデイン→高所落下
6回目無刀陣中にニードルサウザンドとバランの一撃を受けて二度と戦えなくなる
7回目暗黒闘気を飲み干し闘気が完全に消滅するが復活する←いまここ
>>
3回目と5回目はちょっと無理矢理
そんなのよりカラミティ喰らったのを追加
まるで花を摘むようにな…!!は好きなセリフとシーンだったんで見られてよかった
しかしいよいよバーンパレス突入かぁ…早いもんだ


>>
バーンパレス突入自体は早いんだよ…
突入してからがバトル漫画史上屈指の長い1日の始まり
ヒュンケル「お前が探知したのは敗れた方の闘気だったのだ」
ミストバーン「なっ」
メルル「えっ」


普通にメルルの能力が戦略の中に組み込まれていたな
まるで最初から参戦予定だったように
>>
登場した頃はなんとなくピキーン!って危機を感じる程度だったのに
今回完全にかなり広範囲な知覚領域展開してたな
バラン戦などの激戦を経てメルルもレベルアップしてる
>>
メルルの進化は今後も止まらない
飛び出しかけたエイミを慌てて引き留めたチウって何気にファインプレーだな
>>
確かに。あとマァムがクロコダインの手足もいじゃいそうで怖かった
さすがマァムだなエイミとはヒュンケルに対する理解度が違う


>>
まあ今回の暗黒闘気ドーピングもその前の誇りある自決よりエイミの言葉で生き延びる事を選択したおかげでもあるしな
マァムの力だけでは無理だった
ミストバーンめっちゃしゃべるじゃん


もともと生きてるか死んでるか分からない勇者一行をあぶりだすためのヒュンケルクロコダインの公開処刑の罠だったのに
ヒュンケルにご執心のミストバーンがそのこと忘れて暴走して勇者一行が現れたときに驚く始末
>>
何故か気分がいい時はおしゃべりになるんだよなw
バーンからあまり喋るなと言われてるんだろうに
>>
ミストは本来おしゃべりだと思う
バーン様の指示で大人しくしてるだけで
今見たんだけどロンベルクかっこよすぎちゃうんかあれ
てかミストバーンにあんなこといえちゃうくらい強かったんかワレ


ダイ、思いの外→↓↘︎+Pだった


>>
オーラのエフェクトがドラゴンだったらいよいよソレだったなw
ポップがおっさん流とか言ってたけど
クロコダインって地中移動した事あったっんだっけ?
>>
地中移動は無いが地中に潜って黒のコアの爆発からポップ達を避難させたことはある
ポップがレオナをお姫様抱っこしてたな
ポップとレオナも組み合わせ的にアリだと思った


>>
お姫様をお姫様だっこしてるわけだから、ある意味当然の構図なのかもしれない
勝ったな……(´・ω・`)


>>
悪い事考えてる顔してるー!
良く考えたら周囲の誰もポップに対し光るかどうかの確認をしてなかった現場猫案件だったんだな。
>>
フローラ&レオナ「ダイ君は勇気だろうしヒュンケルは闘志だろうしポップ君のだけ何だか分かんないけどとにかくヨシ!」
ポップ「……どうしてしるしが光らないんですか?(受話器持って」

まあある意味ポップを信頼してたんだろうけど万全を期すべきだよなあ
そしてあのシーンで「お前が光らせられないわけないだろう」みたいな終始真顔で後方兄貴面してるヒュンケルがじわじわくる
>>
いや私らめっちゃ簡単に出来たしこんなことくらい出来んわけないやろという
ポップ君に対する信頼が悪い方に働いてしまったと考えられる
来週ミナカトール成功までやるなら絶対泣いてまうわ
ダイ大史上最大の盛り上がりと言っても良い
>>
それは再来週では?
>>
じゃあ再来週に泣く!