木の葉の英雄うずまきナルト様
手のひら螺旋ハンド
そうは言うけどペイン襲来してきてナルトのこと売った奴1人もいないし
>>
ダンゾウはさぁ…
>>
里のみんなが人柱力のガキが……みたいな反応から徐々にナルトのやつ平気かな…?とかナルトならやってくれる!みたいに変わってくシーンってどこだったっけ
エ○仙人死んだ後だったとは思うんだけど
>>
ペインが攻めてきた辺りじゃないかな
エビスが「木の葉の仲間です!」って言って〆るとこ
今まで冷たく扱ってた相手をいくら見直したと言ってもストレートに温かい言葉投げかけるって気まずくて割とハードル高いよね
そこで変に意地はらずに素直に手のひら返し出来るのも人の善性な気もする
>>
ありがとうする前にごめんなさいしたほうがいいと思う
>>
でもナルトからしたらわざわざごめんなさいしてくる方がどのツラ下げてって感じでムカつかない?
エビス先生は中忍試験の頃にはもうナルト認めてるんだよな
でもそれちゃんとナルト本人に言ってあげて…
>>
周囲もネジ戦でほぼ見直しているからな
序盤の迫害はあいつの中にみんなの大事な人殺しまくった九尾入ってるぜー!って知れ渡ってるのがよくない
それこそ暗部でもなんでも使って情報操作してやればよかったのに
>>
どう見ても四代目の息子だから大人たちは気づいてしまう…
子どもたちが知らないのは本当良かったよ
まずアニメと原作だと迫害具合全然違うよね
>>
幼少期はかなりの迫害っぷりだけど九尾での大災害から数年はまぁそりゃそうなるか…って
むしろここら辺はナルトだって皆本気で気にかけてくれることが分かってて
それでもどの口が…って割り切れてない部分もあるのが肝なんじゃない?
>>
そこも含めてそれでも…になったから
火影になれたんだと思う
エビスさんとかは直で関わって見直したケースだからいいけど他の手のひら返しはな…
>>
エビス先生目線の時に一般人の評価はいたずらばっかりするガキって評価はしょうがないしそっからナルトの行動で徐々に上がってきたって話やっただろ?
あの時殺そうとしてたやつらも混じってるとしたら怖い話だ
実績を見てちゃんと手のひら返しする分マシではある
>>
創作と現実を一緒くたに考えるなよとは思うけど実際ちゃんと素直に再評価できる人も珍しいもんな…
エビス先生は落ちこぼれの不良が嫌いなだけで九尾のガキっていうことは二の次だったんだっけ?
>>
というか自分が家庭教師やってる木ノ葉丸に変なこと吹き込む悪い虫かな…
チョウジの親父見てるか?
>>
別人だから…
読者はナルト達の視点でしか見れてないから描写されないモブのリアクションがどうだったかはわからないしな…
このシーンまでの活躍でナルトへのイメージ変わっててもおかしくないと思うし
>>
モブがナルト見直してるのはペイン六道の尋問でやっただろ?
実際に殺しに来てた奴らは流石に端の方でダンマリしてるんじゃないの
>>
ぶっちゃけ禁術の巻物盗んだのは事実なんだから良くも悪くもそんな気にしてないと思う
むしろ砂のほうがどういう流れで人柱力のガキを風影にしたのか気になる
>>
強いし風影の息子だしおだてりゃ暴走もしなさそうだしお飾りとしては申し分ないだろう…
>>
ナルトも火影の息子なのにな…
>>
一部しか知らないし…
…これ隠す必要あった?外敵から身を守るためとか言って里の内部で虐げられたら意味なくない?
>>
雲は影の身内だって公言されてても先代の暴走の恨みで殺される一歩手前まで行ったので関係ないよ
あの世界なんか人柱力を同一視するんだ
どの道一族もここで描いてくれれば汚名返上できたのに
>>
どの面一族になるだけでは
アニ影様の幻術のせいでチョウジとナルトは昔から友達同士なのが酷い
>>
原作でも落ちこぼれトリオは昔から親友って話やってたし…
許すナルトは尊いけどここから娘息子を蔑ろにするほど仕事人間になるのは大分病んでると思う
>>
三代目のじーちゃんの二の舞になるわけにはいかねえってばよ…
>>
両親がいる生活とかそういうの本当に分からないし経験として無いから親が生きてればそれでも十分幸せだと思ってるふしはある
まあペイン襲撃で居場所知ってる奴らが1人もナルトを売らなかったのは偉いよ
>>
他所の里だと暁に人柱力が襲われても助けないどころか厄介払いができたと歓迎する勢いだから木の葉は民度高い
ビーなんか友達と思ってたやつに暗殺未遂されてるからな
兄貴が支えになってたとはいえメンタル強すぎる
>>
そんなことあったっけか?(グッ
でも二代目の巻物盗んだと考えると危険すぎるし殺すのも視野だよ
>>
どの道が余計だった
>>
口寄せ・穢土転生だってばよになってた可能性もあるしな…
ミナト嫌われてたの?
>>
名家でもないのに突然湧いてきて火影になったやつだしなあ
イルカ先生が偉大すぎる
三代目はどうして大人たちからナルトを守ってあげなかったんです?
>>
最初は面倒みてたけどエコヒイキだって余計に陰で酷くなるからお金渡すだけになった
>>
もっとこう陰ながらなんとか出来ただろ!忍者だろお前ら!
>>
アニオリだけど陰で一緒にご飯食べたりしてたよ
そもそもナルト自体学生時代キバ・シカマル・チョウジみたいな友人普通にいたファッションぼっちだからな
>>
それ後付けで初期は普通に仲悪くない?
>>
中忍試験編開始時点結構ひどい軽口叩きあえるほどの仲だけど
我愛羅はこういうのなかったんだろうか
>>
割と歳がいった連中からは人柱力ってことで内心色々思われてて
人柱力のこととかよく知らん若い連中からは風影様かっこいいー!されてた記憶
>>
父親から刺客送られたり世話役が実は恨んでて我愛羅殺しに来たりしたよ
木の葉に限らず人柱力を雑に扱うの命知らずすぎる
>>
砂はストレステストだから…
どれだけ負荷かけても暴走しない保証がないと怖いから…
>>
本番環境でやるなの一言に尽きる
どのみちロクな里じゃねえんだ!
見つけ次第崩すぞ!
>>
大蛇丸のレス
我愛羅の親父はクズ
>>
それはそう
>>
は?金出せるんですけど?
砂は封印術発達してない設定あるからストレステストしなくても暴走しまくった過去があるんだろうな
>>
砂の最強封印術が守鶴の技だからな…
>>
尾獣で一番封印術得意な奴が居る里が封印術苦手って人柱力の扱いド下手な事の証左よね…
>>
やはり配分した木の葉の陰謀…
>>
守鶴は分配してねえじゃねえか!
壊れるまでストレスかけて壊れたらあいつ失敗作って本当馬鹿なんじゃないかと思う親父
>>
というか遠回しにさっさと壊したかったというか…
我愛羅おじさんシンキには慕われてるけどシカダイからはいまいちじゃん?
>>
ボルト世代の中で割としっかりしてるシカダイが甘えた態度でいられるのはけっこう慕ってるのかもしれない
息子に友達ができたことに驚く父親と
いや友達の一人や二人くらいいるだろそりゃな二代目水影
>>
あの戦い二代目水影の方が我愛羅の事気に入って稽古付けてやってるの面白すぎる
三代目って戦闘は最強だけど内政クソ下手だよね
>>
平和な時代を結構な期間続けてたから内政もうまいよ
ナルトとかサクモとか突出した奴らの扱いが下手
かーちゃんもアニ影によってよそ者言われててるし
>>
原作からして他国からの移民で子供の頃に虐められてなかったっけ
>>
返り討ちしたけどその兄貴に仕返しされそうになるもまた返り討ちして捨て台詞がよそ者が火影になれるわけ無いだろ
手のひら返しってよく言われるけど初期のナルトって歴代の影の顔岩に落書きしたり悪戯ばっかするクズだったじゃん
木葉の民は過去の印象に引きずられないで更正して立派になった姿を認め称賛する人格者集団だよ
>>
前提を掌返しするな
そうなる前に陰湿な木の葉の里で陰口叩かれ続きで生きてるし…
>>
木の葉の民のレス
心の中の闇が語りかけてくる…
今までいじめてきたのに手のひら返ししやがって…
30のおっさんが青春はもうキツイぞ…
>>
やっぱつらかったよなナルトは…
この人全然闇がねぇ…
>>
闇と言うか…なんだコレ
仲間で殺し合いさせられる霧隠れがぶっちぎりで酷い
生き残りも皆メンタルやられて抜け忍になるし
>>
護衛(護衛じゃない)はひどい
こんな世界にいたら頭おかしくなる…
>>
よし!無限月読!
>>
何もかもから逃げやがって……
ペインに里めちゃくちゃにされるのが木の葉の禊と改心のイベントなんじゃないの?
>>
千手の遠縁のうずまき一族の血引いててうちはの目移植されて輪廻眼になった長門が
木の葉を破壊しに来たのは因果が巡ってきた感はある
親からもあいつには近寄るなよって言われてただろうにしゅるっと側に寄っていってナルトと友達になったシカマルがすげえ
チョウジはシカマルと仲良くてセットで友達になっただけだし
>>
昔から火影の補佐やってるシカマルの親父が四代目の忘れ形見のナルトに近づくなとか言ってたら最低過ぎるだろ
守鶴は貰った尾獣じゃないから扱い雑なのも仕方ない所はある
始めから他の豊かな里への抑止力しか期待されてない
>>
砂は立地と貧乏が悪い
>>
尾獣なんて要らねえ!金と緑地くれよ!
>>
要求が切実すぎる
ずーっと人柱力は忌み嫌われるものとして扱われてたのに我愛羅が風影になってたのはちょっと待てよと思いました
>>
あれは一応上役的に風影に祭り上げてやれば精神安定するかもなって思惑もあったらしい
どの道チョウザとかいう木の葉の屑
>>
親戚!親戚です!
>>
色違いの別個体とかいう解釈笑う