>>
はじめの一歩の最初のトーナメント想像したわ
>>
不破北斗だけはビビった
途中で事故が起こって試合中止
>>
魔人ブウ編の天下一武道会で悟空対ベジータやってほしかった
>>
あれは素直にベジータ戦とか悟飯戦とかやって、やり残したこと全部済ませて世代交代したままエンドで良かったと思うわ


>>
トーナメント表にする必要ないじゃん…
>>
銀河トーナメント予選やんけ
謎のオッサンが主人公のライバルキャラも主人公の宿敵キャラも作中の最強扱いキャラも薙ぎ倒して主人公も倒して優勝しちゃう
>>
真に強い奴が勝つのが拳願仕合だから仕方ないね
ケンガンアシュラは予想外の展開ではあったけど
普通に牙が決勝上がってたほうが面白かったろあれ
>>
俺は大会開始時は決勝は王馬vs刹那だろ?と思ってた
>>
けどおかげでもう黒木が負ける姿が想像できないよな
三回もトーナメントしっかり最後まで描ききって全部面白いドラゴンボールとかいう化け物
マジュニアなんか決勝まで誰が勝ち上がるかとか容易に予想できるのに無関係に面白い

出典:ドラゴンボール 鳥山明 集英社

>>
天津飯が元師匠の桃白白に格の違いを見せつけたり
クリリンがピッコロに善戦したり見ごたえあったな
>>
三回目の天下一武道会は8人全員重要キャラで捨て試合なくてトーナメント物の完成度が高過ぎる
世界の危機を救いつつ主人公悲願の初優勝で結末も完璧
せっかくトーナメントやるなら一試合ぐらい「え、こっちが勝つの!?」って試合が欲しい
決勝は鉄板の組み合わせでいいけど
>>
テリー・ザ・キッドVSスカーフェイス
強いと評判のキャラが見開きでふざけたキャラにやられてるやつ
>>
アイシールドの鬼兵はそんな感じで負けて以後もネタキャラ扱いで可哀想だった
ライバルと決勝で当たるはずが途中でライバルが新しいキャラにやられたりで
ライバルとなかなか戦わない
>>
決勝で会おう!するとまず会えないの嫌い
主人公が準優勝するも
大会終了後ライバルがタンバリンに殺される
>>
クリリンのことかー!
主人公チームが最強チームに勝った後にすぐに負ける

出典:SLAM DUNK 井上雄彦 集英社

>>
山王戦以上を描けそうになかったからしょうがない
トーナメントがほぼダイジェストが出てないな
>>
魔界トーナメントか
ダイジェストというか結果オンリーだけど
めちゃくちゃ頑張ってきたライバルチームがダークホースに負ける展開をじっくり描くパート

普通に嫌な気分になる
>>
テニスの王子様で六角が沖縄にボコられるのは見てて忍びなかった
>>
でもライバルvsライバルは見応えあるんだよな
黒子の青vs黄とか
火ノ丸相撲の天王寺vs草薙もよかった

出典:火ノ丸相撲 川田 集英社

>>
陵南vs海南も面白かったな
陸奥九十九に強いやつ全員当てるトーナメント
主人公以外の戦いが見られるトーナメントの魅力が…
>>
鉄心vs北斗は面白かったから…
ガルシア対朝昇はわりと良かった
>>
主人公が勝ち上がった後のもう一つの準決勝はだいたい面白い気がする
逆に絶対やって欲しい事だけど
無名のダークホースは絶対出して欲しい
>>
ダークホース自体は盛り上げ要員として欲しいけど
優勝候補とかを瞬殺して態度が悪いとあんま好きになれない
トーナメントの利点
燃える
意外とそこまで長く無い
描くことが決まっているから盛り上げやすい

欠点
面白くなかったら悲惨
強敵だけど一回戦ったやつらの扱いが難しい
最初らへんで気合い入れまくって完全燃焼してしまう
>>
>強敵だけど一回戦ったやつらの扱いが難しい
これ分かる
大抵新キャラに負けちゃうんだよね
で、優勝か準優勝はする主人公とだいぶ差が開いたことになって強キャラに返り咲くことが難しくなっちゃう
強キャラとの再戦は悟空vs天津飯を超えるの難しそう
>>
話の流れ的に悟空が勝つのは当然なんだけど天津飯も見せ場があってよかった
モブ顔に1回負けたバキさんは?
>>
バキが決勝まで行くのは確定事項だったけどその中で工夫できてたと思う
vsリーガン チャンピオンらしく瞬殺
vsズール 一回負けて三本勝負に
vs猪狩 実力では劣るが色々仕掛ける猪狩に大苦戦
vs烈 範馬の血覚醒
vsジャック 兄弟対決
トーナメントのくじ引くイベントめちゃくちゃ好きなんだよな
>>
分かる気がする
あそこに入りたい!とかあいつと当たりたくない!みたいなやり取りが面白い