かっこいい

うさぎかわいそう
>>
お好み焼きのヘラにしか見えない
しょうみ呪力なくても術師と対等に戦えるなら、呪力とかもう関係ないよな
才能あるやつが呪力こもった武器?を使えばいい
>>
伏黒パパ「せやな」
>>
やっぱ伏黒父って神だわ

>>
パパ好き
シンプルなのがええ
当たり前のようにトラック回避してて困惑した

>>
絵がうまい
>>
やっぱり富樫は上手い漫画家だったよな…
伏黒の戦闘っていつもボロボロになってから本気だしてイキリ出すから嫌いやわ
最初からやれ

>>
キルアもそんなもんやん
領域展開が必殺っていう設定が失敗やろ
>>
必殺なのは現代の術師だけで昔の術師は必中って説明あったし領域展開はやろうと思えば簡単にできるらしいで
>>
だから必殺じゃない領域展開が出た
領域展開って相手に出されてもこっちも出し返せば無効化されるって認識でいい?
>>
こっちが強ければ上書きやろ
>>
伏黒と陀艮を見る限り領域の押し合いになって必中効果が消えたりするみたいやな
上書きなんてできるの宿儺五条くらいやろ多分
>>
領域のパワーが強い方が勝つ、勝てなくても領域に領域当てると必中効果消えたりする




>>
ここより誰かが地面に連続パンチして虎杖が避けてるとこが漫画版のグリードとの戦闘シーンに似てた
>>
タッチだけやのうて絵のラフさまで富樫のマネしてどうすんねや
呪術はパクリを開き直ってるのがね
開き直るにしても意味のあるオマージュしてくれ
>>
パクリとオマージュの違いってなんや
>>
リスペクトってよく言われる
パロディは誰が見ても元ネタわかるものオマージュは分かるやつには分かるもの
盗作はリスペクトがなくうずまき騒動でやらかした時点でやめるならあらゆる作品にリスペクトがあるが今もお構いなく続けてるのはリスペクトがないことになる
>>
主観だからどうとでも言えるな
ちゃんと本家を超えた上でのパクリだから許されてる感あるよな呪術は
ありのままパクるのではなく自分のものとしてきちんと昇華できてる
>>
これなんよな
本家超えてるからええねん
自分の能力を相手話すっていうバトル漫画でよくある矛盾を縛りを課すことで能力を高めることが出来るって設定で解決したのは上手いと思ったで
>>
それもハンターハンターにある設定やで…
>>
ボマー捕まえたの奴やな