既に死んでいた愛犬の治療費をクラウドファンディングで募り、約185万円をだまし取ろうとしたとして、26歳の女が逮捕されました。

詐欺未遂の疑いで逮捕されたのは奈良県大和高田市の無職・須藤栞奈容疑者(26)です。警察によりますと、須藤容疑者は去年10月からの約1か月半、肺動脈狭窄症で死んだ愛犬が生きているように装って治療費をクラウドファンディングで募り、374人から約185万円をだまし取ろうとした疑いです。

犬は支援金を募る2か月前に死んでいて、当時、治療にあたった獣医が須藤容疑者がネット上で資金を募っているのに気づき、警察に相談して発覚したということです。

調べに対して須藤容疑者は「治療費がたくさんかかり取り戻したかった」と容疑を認めているということです。

へー獣医が気づいたんや

>>
獣医一秒ケガ一生ってやつやな

この医者はなんで余計なことしてんの?セイギマン?

>>
何が余計なんやカス

>>
善意で金出てた人にとっては余計やないが

これたまたま犬が実在してかつ獣医に治療受けてたからバレただけで
架空の犬ならバレようがないやろ

>>
一応診断書とかは貼ってたんちゃうさすがに

有能獣医やん
病院関係者もみてるんやなああいうの

>>
犬種珍しいしクラファンの話も結構広まってたからかな

クラファンってリターンあるものに投資するんとちゃうんか?

>>
返礼品があるもの
何もリターンがない純粋な支援のもの

の2つがある