子供の頃は良い奴なのになんでああなるんだ
うちはだから
>>
そういう言い方はよさぬか!
なまじ良い奴だったばかりにみたいなところある
>>
マダラからいい奴要素取り除いたらマダラが月の眼計画やる理由なくなるからな…
弟が殺されなきゃあそこまで重症にはならなかったと思う
そこに同人石碑でドン
でもこの頃に柱間とお互い力をつけて強くなろうって約束するの好き
>>
いいですよね
オレは何があっても弟を守るが呪いになっちゃうの
いい奴だとか言われるとちょっとな
オビトも他の悪役もやらかししてるけど
こいつは改めてることもなかったし
善性の部分だけでも怖い
>>
マダラの善は人の話聞かない独善的な部分があるから仕方ない
というかイズナの思考の方が至極真っ当だろ
>>
うちは内に厭戦感情蔓延してたの忘れちゃいけない
マダラは良い奴ぞってのはこの時代あっての物だし…
>>
柱間は過去のマダラに囚われてる…
>>
柱間はマダラの事になると目が曇りすぎる
雷影にサスケ助命嘆願土下座したナルトがそのまま成長出来なかった姿みたい
まあうちはの方から和平持ちかけてきたら扉間が何と言おうと柱間が受け入れてたと思うよ
扉間も柱間が決定したらなんだかんだ従うと思う
>>
扉間もオッケーって言うと思うぞ
確執よりも目的の人だし
里抜け後のマダラはこの世は茶番なんでどんな酷いことしてもオッケーって感じの無敵モードだからな
>>
その理屈で無敵モードで好き放題しまくれるのがもう性格悪いんよ
弟が生きてた頃は弟の方がタカ派でマダラはやれるもんなら和平を…って考えてたイメージ
>>
一族全体の流れがそういうのなんだから弟は仕方なくねえか?
敵対してる扉間の兄貴が和平しようぞ!って言ってきても騙されんな兄貴!するよ俺
逆にマダラ側が千手に和平しようって言って扉間が受け入れるかというと…
>>
裏の警戒はするけど絶対受け入れるだろ
>>
柱間の一声でどうにでもなったと思う
ただし警備部
マダラに関しては正直柱間も悪い
誤解がないように言うならマダラを火影に推すなどの自分の突飛な行動に対して伴うべき周囲への言葉などが足りない
>>
マダラに自分の苦しい状況を打ち明けられても「扉間は自分がなんとかする」なのがかなり良くない
>>
劣勢だったうちはを火影にして補佐する側に回って公平感を保つ的な言い訳も出来たんだろうし扉間も賛同したかもしれないが
びっくりするほどマダラに人望が無かった…
マダラ側から和平しようときても扉間は受け入れると思う
あの人は全滅するよりはいいと考えそう
>>
負け濃厚になるのはもっとあとのことで今なら立て直せばワンチャンある時期だからなあ
一族に愛をむけるほど心が広い人でもなかったかもねマダラ
千手兄弟との大きな違いはそこ
>>
無限月読計画知らない頃は一応それなりに一族への愛着あったと思うよ
この世は茶番になったから全部どうでも良くなった
どうにも里誕生からしばらくの期間中はまた優しいマダラに戻ってたっぽいんだよな
そっから岩隠れとの和平台無しにする間にまた狂ってる
>>
経過が思い通りにいかなくて投げたんだろうな
子供の頃と和平した当所はマダラが穏やかだった
貴重な時期だよな
岩との外交あたりがやばくなってるが
何があったんだ?
>>
忍界大戦への向かう流れが読めちゃったのかも?
里も争いの規模でかくするだけじゃんってキレてたし
穏やかだったマダラの外交がデフォで岩相手のアレだったんじゃね?
他里は敵だからな
>>
「岩との外交どうだったマダラ」
「おう!しっかりなめられないようにしてきたぜ柱間!」

みたいな?
>>
…????
全ての里が木の葉の里に降伏すれば争いがなく平和になれるのに両天秤の小僧は何故怒ってる
平和外交で土影と側近ボコるあたり深刻にやばいと思う
人格的にも政治的にも
ていうかどう収めたのあれ
>>
ただ従えば危害は加えない
>>
うーんこれは平和主義
マダラと柱間が逢瀬繰り返してた頃に扉間も混ざってたら全然話は違ってきそう
>>
扉間としてはあの頃から心中穏やかじゃなかっただろうな
兄が一族を裏切るようなことになったら最悪だし
あと弟が死んだ直後に兄が敵の子どもに会いにいってるのが普通にキツい
>>
いずれ卑劣様はいずれうちは一族の特性に気付くからその時点でダメだろう
ただの悪堕ちと違い愛と憎しみが反転して人格が変わるレベルの堕ち方するからその時点で子供時代とは別の評価になる