わりとじゃねえよ!
>>
この世界はもっと可哀想なのたくさんいるし…
だって本当はあの子四代目の…
>>
ちょっとそれより先は禁句よ
穢土転生で親に会わせてあげられないのかしら…
>>
ちょっと
それは禁術よ
里親とかも一切いないのはやりすぎというかどうやって生きてきたんだ
>>
三代目が定期的に世話はしてた
ずっとはいれないだけで
>>
三代目のところで暮らしてたというのが公式だったかアニオリだったか妄想だったか思い出してる
ミナトが楽観的だったのかミナトの想定してた環境とズレが出たせいなのか分からんな
>>
いやまあミナト的にはどちらにせよナルトに封印するしかない状況だったからせめてこの力を使いこなして英雄になってほしいなって話だった気がする
>>
いやミナトもこれからナルトは大変だって考えだったじゃん!
初期特有の勢いかと思ったら度々出てくる感じの悪い人間の在り方がブレない
生々しい部分がよく出てる
>>
エビス先生の回想での手のひら返しっぷりは流石に無理があるだろ…って思ってたら
作中でナルトすらそう思ってたのは笑った
>>
結局バリバリ戦争世代の微兵だから実力が全てだ
>>
他里の人も多かったとはいえネジ戦は拍手喝采だったしあの辺りからまあ認められてたから…
>>
その後二年半も里を留守にしてたからもあるんだよなこれ
徐々に見直される過程が全然見えなかった
>>
二年半の間にナルトがいないことでいたずらもなくなるからネジを倒した評判だけ残るんだよな
ナルトやサスケだけ面倒見るってのも難しいよね
あの世代は九尾事件でたくさん孤児いそうだし
>>
ナルトの場合は九尾の力が漏れた場合を考えると下手な人つけられないけどそうすると秘密裏になんとかするのも難しいよね
>>
実際初期段階でもカカシの写輪眼でやっとってくらいだしな
>>
逆に言えばそういう孤児の一人って形で一応育てられては居たんだろうな
大抵の子は親類に引き取られたり近所の人が面倒見たりしてるだけで
いかにあの世界でもナルト以下の境遇はなかなかいない気がする
>>
我愛羅ならいい勝負出来る
>>
ナルト本人が自分は不幸な連中の中では恵まれてる方って言ってるし十歳我愛羅みたいなのは多い
>>
平均的人柱力じゃない?
>>
そこにお出しされる我愛羅
黙るしかないってばよ…
人柱力で四代目の息子とか大っぴらにしたらあの雷影様…黙ってませんね
>>
忍世界の癌すぎる…
>>
一話…
>>
あいつぐらいじゃん!
サスケを見てみろ!
>>
オモチャのチャチャチャ!!
人柱力は実質尾獣と一緒よみたいなことなのかなこれ
>>
そのへんはビー様の前任者もいってたはず
我愛羅は親からの愛すら全否定されてるからな…
下手に居ないと言われるより地獄だと思う
>>
失うものがないお前に何がわかる!はナルトに与えた影響でかいと思う
>>
うーんあのくらいで暴走するんじゃ駄目だな…
>>
こいつホンマ…
三代目の子供世代に九尾の事伝えない方針は当たりだったと思う
>>
情報統制本当に大事
絶対さらにロクでもないことになる
木の葉の迫害は良くないよね…
霧の迫害を見習って欲しい…
>>
メイチャンまじで頑張ったすごい頑張った
>>
白の親みたいな初手で殺害はもはや迫害と言えるのか…?
九尾の人柱力なの完全に有名無実だったのにどう統制してたんだろうな…
それ禁句〜wとかやってたらダダ漏れしそうなもんだけど
>>
ばらした奴には厳しい罰を与えてきたらしい
>>
いじめた奴に厳しい罰を与えろよ
>>
三代目は甘いのだ
ナルトってなんだかんだ常に人には恵まれてきたからな
>>
アカデミー時代から同じく問題児組のシカマルチョウジキバと仲良いしな
>>
周りからの評判とか気にせずつるみそうな奴らではある
>>
めちゃくちゃいい奴って事か
ナルトが初期につけてたゴーグルをオビトもつけてるの良いよね
まあでもネームド同期の連中はみんな単に落ちこぼれとして扱ってるって感じだったよね
>>
落ちこぼれのイタズラ小僧ってのはただの事実だしな
そこから成長するのがいいんだ