本当にかっこいいよ…
最初はめっちゃキモかったのに…
>>
改めて考えると16歳で「兄より自分が死んでれば良かったいっそ生まれてこない方が良かった」なんて考えてた時にあんな劇的な救われ方したらそりゃあれくらい心酔するなって
他の鶴見劇場と違って健全な憧れ
>>
その前も初めて叱ってくれた大人って立ち位置で憧れさせてたしね
>>
音之進〜〜〜〜〜〜!!!
ボンボンが…
俺のことは産まれなかったものと思ってくださいなんて言われたら奮起しちゃうよな…
>>
(可哀想に…わかるよ…)
>>
(背中を擦る尾形)
死なないでほしい
>>
死ななくても祖国の落日を見届けるルートだからなあ…
>>
生きてりゃよか
思い出話から察するに兄にも愛されてただろうしな…
>>
鶴見中尉にもらった月寒あんぱんを自然に手で半分に割って墓にお供えしてるところから兄弟仲の良さとか育ちの良さが伺える
色々あって曲がるんじゃなくて成長するのがすごい
>>
反抗期の少年が中尉と出会って以降はずっとまっすぐなのが音之進
中尉と出会ってバッキボキのぐにゃんぐにゃんにされてるのが月島
恐らく中尉と出会わなくても最初から曲がり腐ってるのが探偵
薩摩剣術使う機会がない
>>
キロちゃんとか海賊相手に使ってたし…
>>
頭蓋骨カチ割るのはすごいね…
>>
逆にキロちゃんは銃床でよく防げたなって
子供が今まさに産まれそうな夫婦射殺とかダメだろ…
という当たり前のことをブチギレ月島さんに面と向かって言える程度の漢
幸せな境遇過ぎるせいで鶴見からするとつまんないって思われてそう
>>
気にする振りでもしたらどうですかって月島軍曹に言われてたし
>>
心に闇がないやつは御しやすいって蒼天航路で曹操が言ってた
兄上関連も闇というより健全な青少年の悩みだし
ボンボンだけどスチェンカできっちり相手を倒すだけの強さがある
>>
剣ありの近接なら割とマジで作中でも上位に食い込むんじゃないかと思う
海賊には完全に局地戦に持って行かれてしまったが
鶴見の核であるアシリパ確保より鯉登救出を優先してしまう月島はもう鶴見より鯉登の方に忠誠いってるよね
>>
イケメンにこいつみたいなこと言われたら誰だって惚れる
鯉登パパは最初から狂言誘拐って分かってて乗ってそうなんだよな…
>>
息子は自立出来たしな…
鯉登パパは鶴見を利用してるだけだと思う
利用するだけして捨てる思うよ
>>
絶対鶴見は鶴見でカウンター用意してるよ
そんな簡単に捨てられるタマじゃない
尾形ー?
見てるか尾形ー?
これが親に祝福されて育った子だぞ尾形ー?
>>
😾
>>
チッ…バルチョーナク…
こいつボンボンと馬鹿にされてるけどボンボンだからこそ受けれた士官教育とか育ちのよさが鶴見の洗脳に抵抗できてる感があるね
>>
言い方悪いけど学がないと洗脳されやすいからな…
育ちがいいと多角的な視点やものの見方や根底にある知識量が違うからこれおかしいぞって気づける
気づいた
>>
地元じゃマジでクソボンボンだけど育ちは良いからな…