ある日、俺の元に届いた一通の手紙…
その手紙に導かれ、俺はこの街へとやってきた。
あの男に会うために…
そこは決闘者達が最後に流れ着く墓場、欲望と絶望、欺瞞と暴力が交差する…地獄
次回 遊戯王5D’s 『クラッシュタウン』
俺はお前を救いたいんだ! 鬼柳京介!!
流石は伝説のサティスファクションのリーダーだ!
>>
やめろ
人々は5D’sと呼んだ──
>>
(呼んでません)
俺たちの満足はこれからだ!!
>>
この回の次回予告マジで全部のセリフ迷言だから困る
貴様それでもデュエリストか!?
>>
リアリストだ
>>
リアリストだ
デュエル自体は結構熱いのが揃ってるんだよな
>>
ロットンが真っ当に強敵なのが大きい
エフェクトヴェーラー!貴様の手にあるのは知ってるぜ!!とかネタにもされてるけど普通にかっこいいよね
>>
この前の日本一決定戦でも視線で手札誘発読むシーンあったしな…
>>
相手の前のデュエルとプレイングから手札見抜いてピンポイントでぶち抜いてるからすごいよ
えらいハリキリ☆BOYがやってきたじゃねえか
>>
開始早々これなのがヤバい
TF5でわざわざ別キャラとして実装されたポンチョ遊星は凄かったな…
肝心の主人公までノリがおかしい
>>
遊星は満足が絡むとテンション上がるからな
>>
合わないリーダー役やらないで済むからな
全力でヨイショする
鬼柳の様子がおかしい
奴の心は目の前の決闘者にない
>>
(町全体を見渡せる程の距離と高さのある場所から言ってます)
本来は性格とか適正的に副官とかサブリーダーやるタイプだからな遊星…
>>
多分メカニック担当とか技術チームリーダーみたいなのが一番肌にあってると思う
最ッ高だぜ!
チームサティスファクションの復活だ!!
>>
カァーン☆
もう大体の流れは頭の中に入ってるんだけど
ダイナマイトで吹っ飛ぶロットンはいつ見ても耐えられない
>>
この高さでは助かるまい…って言ってて一緒に落ちてる自分はわりとピンピンしてるし
遊星満足さんも当たり前のようにピンピンしてるのもわりとずるい
>>
あきらかにトロッコで引き摺られてる満足
何もしてないのに鞭で打たれる満足と喋ってたのに何もされない蟹
電撃を食らいながらトロッコの路線を変えるパパ
バイクで颯爽と登場して速攻鞭で叩き落とされる遊星も中々破壊力高い
>>
バイクで突っ込んで助けられるとは思えないし
あそこ何がしたかったんだろうな…
展開もさることながら特に本筋のお話でもないこれに7話も使ったのは冷静に考えると凄いな…
>>
でもこうキャラを大切にしてくれるのっていいよね
>>
…大切にしてるかどうかで言えばしてるんだろうけど
素直にそうだねと言えないこの気持ちわかります?
>>
チームサティスファクションメインだと双子とアキさん置いてけぼりになるしな…
年末年始にやったのもおかしいよな…
>>
俺を…満足させてくれよ!(2009年放送最後の台詞)
今日からこの街はバーバラタウンよ!
>>
今日からこの街はロットンタウンだ!
>>
>>
SATISFACTION
TOWN
>>
当時テレビの前で耐え切れなくなって声出して笑った奴
>>
みんなわかっていてもダメだった奴!
ミルクでも貰おうか
をコラボカフェで完全再現する狂気
>>
ミルク頼むと店員のお姉さんに「ガキはとっとと帰りやがれ!」って罵られたらしいな
ニトロウォリアーの効果か何かを使ったワンターンスリーキルは素晴らしい
>>
そのへんもふまえたデュエル構成も素直に面白いからずるいよ…
>>
なんであんな発音になったんだろう…
>>
登場した時からずっとやってほしかったクイックヘッジホッグからのニトロウォリアー召喚に久々のアームズエイド登場とさらにニトロの効果を全て活用した連続攻撃だったから興奮した
そしてワンターンスリーキルゥ…の発音で爆笑した
そう言えばなんで遊星ここに来ることになったんだっけ…
>>
バーバラが鬼柳を止めるために呼んだ
でも鬼柳のためなのは嘘だったし遊星も勝ったのに力尽くで連行されるから結局なんでわざわざ呼んだのかは不明
多分ノリ
これで準レギュラーくらいになるのかと思いきやほぼほぼフェードアウトするのがまた何とも
>>
(Dホイールパワーアップイベントかな…)
(関係無かったな…)
町の周りが荒野って言うか明らかに日本じゃない…
>>
かなり未来の世界みたいだしその辺は環境の変化が起きた可能性も
>>
真面目に作ってコレが出来上がる方が余計怖い
>>
でも中の人たちはめっちゃ楽しそうだった…
クラッシュタウン編以降も出番欲しかったけど
ここで綺麗にやりきったからこそ良かったんだとも思ってる
>>
ようやく鬼柳もチーム以外の居場所を見つけられた話だからね
ここで鬼柳が仲間とは違う新しい道に進んだことも5Dsのラストに響いてくるし鬼柳は綺麗に役目を終えたんだ
5Dsはもうサテライト編から好き
だったらここで満足するしかねぇ!は日常で積極的に使いたいセリフだ
>>
今ある状況で満足するしかねえってのは妥協とも取れるけど大切な考え方だと思う
>>
要約すると今やれることをやろうよ!ってことだからね
満足できなくてテロリストになるんだけど
真面目に考えると「ダークシグナーだった頃のお前は〜」はそれ言わせちゃダメだろ!?ってなる
>>
本編で言ってないからセーフ
>>
真面目に考えたらキリないしこの話…
そもそも5Dsが定型の塊じゃないですか
元ダークシグナーが居場所を見つけるエピソードと言われると良い話に思えてくるな…
>>
実際良い話なんだ
罪の意識と生きる理由を見失った結果自分の死に場所を求める亡者に成り果てた男が
かつての友と自分を慕う子供との交流で自分じゃなく他人の為に戦う男として再び立ち上がるまでの話だ