よく話しかけてくれる
好き
存在自体が不快
>>
蛇のレス
打ち解け度20%くらいの奴
>>
冨岡さんと恋だけ
>>
本人は100%だと思ってそう
ほんと隊服似合うなコイツ…
>>
どーま殿は違和感ない上に出来のいいコラが多すぎる
くたばれ糞野郎ってコメントされてそう
虚無な過去あって感情が死んでるけど死に際に恋に目覚めるとか味方だったらあざと過ぎると思う
>>
味方じゃなくても面白い死に様すぎてここでも大人気だったじゃん!?
敵じゃないならうざい以外特に問題ないんだよな
人食わないし強いしなんだかんだ人の心は救ってるし
>>
鬼にされなければただの教祖だったろうしな
伊黒さんとカナヲは童磨の過去やメンタルと近い部分あるし鬼適性は多分高いよね
>>
蛇のあの自罰的な感じは猗窩座殿や兄上に通ずる所がある気がする
ただあんまり嫌い!嫌い!ってオープンにされると却って蛇に構いに行きそうだよね
>>
なんなら勝手にダチだと思ってそう
>>
完全にアカザ殿のソレ
>>
蛇に恋柱誘っといたよ!告白しておいで!とか悪気なしにやりそう
>>
変に来世とか考えるより結果的には幸せなのでは…?
無惨を崇めるかお館様を崇めるかの違いか…
>>
お館様を勝手に万世極楽教の神にする童磨
>>
やんわりとやめてねって止められる奴
多分鬼狩り側になっても楽に柱になるくらいには強いのは分かる
>>
身長187の体格だしな…
こいつ執念ないから痣出なさそうだけど才覚あるし出せるのかな
>>
体温と心拍数の条件分かってからならスッと出しそう
柱にいたら童しのより童蛇とか童炎とかが人気になりそう
>>
氷蛇は鉄板すぎてダメ
何考えてるのかわからないがウザい
無駄に派手で腹立つ
>>
目が虹色はすげえ派手だろうな…
頭のおかしい身内がいると苦労するよな伊黒殿
よおく分かるんだ俺は
>>
実際問題だけど蛇を理解できる境遇なのは氷だけなのがエモいよな
童磨に真っ当な心あっても父親が刺されて母親が自殺した時点で壊れると思う
>>
結局ここだよね
>>
むしろ心が無いから平常で居られたしな…
恋のこと頭が弱い子なんだねと悪気なく見てそう
>>
まあ…それははい
>>
男探しをするために鬼殺隊にいるってバカなんじゃないかな
くらいは普通に思ってそう
>>
それは作中でも周囲から思われてたんじねえかな…
自分の役割全うするぞって意思と人を幸せにしたいなあって気持ちは本気だから
鬼殺隊に入ってたらそれはそれでちゃんとやりそう
隊の中でも好き嫌いは相当別れそう
>>
柱達とはある程度上手くやれてて下級隊士から怖がられてる蛇とは逆に同僚から気味悪がられて一見明るいから隊士から慕われてそう
柱からは嫌われて一般隊士からは好かれてそう
>>
いやあの人は怖がられてるけど俺のことを思ってキツいこと言ってくれてるんだよ
どんな音がしてどんな匂いがするのか
>>
無音無臭な感じがする
>>
何を言ってても無臭で
どんな表情してても心音は一定
柱合会議で炭治郎を擁護してくれそう
>>
逆に殺す派じゃねえかな…
「可哀想に…親族は皆死んで唯一の妹は鬼になったなんて…。憐れすぎて二人とも首を切ってあげるべきだ」
とか言って
>>
単純に逆張りして楽しむ方だと思う
特に風柱みたいに頭の悪いヤンキーは徹底的に小馬鹿にして揶揄う
>>
冨岡さんが風に責められてる時は俺の親友の冨岡殿をそんなにいじめないでおくれよとか言う
>>
一応人の幸福願ってるからそれはないんじゃないかなぁ
>>
おやぁ?不思議だなぁ
とうとう君の稀血にすら酔わない鬼が見つかったんだぜ?どうしてイライラしてるんだい?実に喜ばしいことじゃないか
…ひょっとして君は須らく鬼にはどこまでも凶悪で一片たりとも同情の余地もない邪悪な存在であって欲しいと内心願っていたのかい…?
なーんて冗談だよ冗談!怖い顔をしないでよ
お館様のご面前だと言うことを忘れてもらっちゃあそこにいる下の隊員にも示しが付かないぜ?
>>
作中では言及されなかったけど俺のお袋はああなったのにどうしてお前は違うんだよ!ってのは正直思ってたと思う
>>
しのぶさんと違って恋柱の恋愛相談もまともに受けてくれると思う
たぶん聞きながら心の中であくびしてるけど
>>
めんどくさいなぁ両思いなんだからとっとと告白すればいいのに
そうだ!するしかない状況に追い込んであげよう!
蛇に嫌われる最大の理由が恋柱に馴れ馴れしく絡むから
>>
多分蜜璃ちゃん!って呼ぶ
>>
殺す…
>>
二人の恋は応援してくれてるのに…
隊員なってても結局鬼になってただろうなって
>>
鬼にはならないと思うよ
どっちを信仰するかをランダムで選んでるだけ
>>
柱になれば柱の職務を全うするタイプだよ
>>
命に執着無いから獪岳みたいに土下座とか多分しないよね
鬼の首を斬る事が救済だと考えてそう
>>
これに関しては大体の隊員が思ってるだろ
>>
水の呼吸なんてまさしく救済の技があるしな
>>
大体の隊員は無惨への恨みと使命感をただそこらの鬼にぶつけてるだけだと思う
鬼を救ってやらなきゃとか高尚なこと考えてる奴は早晩死んでそう
岩「可哀想に…」
氷「可哀想に…」
>>
初登場時の岩とほとんど同じこと言ってるんだよね…
わざわざ煽らないとは思う
コミュニケーションが過剰でウザ!とは思われると思う
>>
俺の方が後から鬼殺隊に入ったのにしのぶちゃんより先に柱になってしまったのだから彼女も内心穏やかではあるまい!分かってやってくれ!位は言いそう
カルト宗教はそのまま続けてそう
>>
そっちはライフワークだからな
>>
鬼に殺された身内を殺された人をそこで養ったりしそう
>>
鬼に殺された身内をピンポイントに救っていけば倍々ゲームで信者増えるからな
何でだろう…この人こんなに泣いてるのに少しも悲しい匂いがしてこない…
笑ってる時も怒ってる時もそうだ 呼吸で隠してるんだろうかな
>>
そして使う呼吸が氷の呼吸で納得する長男
氷は匂いがしないからね
伊之助くんは綺麗な目をしてるなぁ!俺の信者にもそういう目をした人がいたよ
>>
いもすけに妹か弟できてそうだな
>>
そうか…鬼にならなければ氷柱の倅になってた可能性あるのか
>>
「話しかけてくれる」「あんまり話さない」「嫌われてる」の3択な冨岡さんの打ち解け度が悪い