これはユダヤ教やキリスト教って言うより
カバラ神秘思想っていうスピリチュアルなやつだな
>>
オカルティズムの本来だからな
宗教のシステムを用いたSFってかんじ
イスラム教は命知らず
>>
コーランにも黒魔術師とかでてきて面白いんだがな
>>>
仏様を大事にしてるのでタイでバカウケしたそうな
>>
仏像盗んだやつは泣いて謝ろうが許さなかったりするよねタイ映画
>>>
それはモチーフと言うか宗教作品だろ
仏教モチーフ
こいつらメディアミックス展開が多すぎて一体どれほど作品数があるのかすら検討もつかん
これ結構好き
共通する象徴性とか同一視とか
他宗教間での関わりをつなげた感じのやつが好き
元々エ○グロ宗教ネタ(ロシア正教ネタ多し)でアニメ化出来ないのをやろうってのが原作吉野の最初のアイデア
…アニメ化されました…
キリスト教とアイルランド神話を背景とする物語
…fateじゃなくて元ネタのほうね
>>
Fateはいろんなアーサー王とかよりそこら編の元ネタ重視するタイプの作品ではある
神話モチーフと宗教ネタは微妙にズレてる気もしないでもないが
エジプト神話の死者の審判あたりをなぞってる
>>
だからアヌビスなのね
>>
アーマーンに行って心臓を捧げるからね
北欧神話
先にエヴァがあったとは言えよく子供番組であそこまでやったものだ
オシラ様とかぬーべーよりけっこう深いとこもやってた
ある意味作者本人が悟りを開いちゃったタイプ
>>
>>
作者が体験したカルト内紛モチーフの小説来たな…
終盤でイナゴやらラッパやらのあの文章が出てくる
荒俣先生のやつ
わりと日常系みたいなノリだけど
新興宗教がやらかしたり家族がハマって大変みたいな作品でおすすめ知りたい
トリックとかミッドサマーみたいなのは好き
>>
上で挙がってる小説幻魔大戦とか
話が超能力バトルから宗教団体の権力闘争とかイザコザにシフトして作者の経験が色濃く反映されてるよ
>>
ジーザス・キャンプはドキュメンタリーだけど面白いぞ
アメリカの大多数を占める福音教会がやべー奴らだって分かる
ブラスフェマスはいいぞ
みんなミラクルを味わおう
実は宗教要素強め
>>
グノーシス主義から着想得てるんだっけ
キリスト教文明の庶民にとっては教会の堕落なんぞ何百年でも繰り返されて慣れっこというね…
暗黒の歴史から見れば少々の批判なんぞ無いも同然
テレビ伝道師にはまった親に育児放棄&虐待された子供の見た幻(一週目)
>>
イザーク好きだったなあ
強気じゃなくいつもめそめそしてるのが保護欲をそそった
これやってた年にテレビのニュースで修験道の人が最近体験修行に来る若い人が増えて…みたいなことを言っててまさかなぁと思った記憶
キリスト教の教え面倒くさ!ってなる映画
アメリカ中の限られた人達が何らかの啓示を受ける

ある特定の風景が夢に出てくる

何かに取り憑かれたようにその場所を目指す

その場所にUFOが舞い降り啓示を受けた主人公だけが乗り込む事を許され宇宙の彼方の神の国へ・・・

スピルバーグ監督が宗教的感動を狙ったと言ってるが確かにそういう感じだな
実は立派なキリスト物なのだ
仏様を大事にしない奴は殺す系ヒーロー
最近のガチ宗教なやつ
>>
C教ってふせとかないとやっぱり面倒くさいのかな
クトゥルフ系モチーフ好き
アメリカ人気高い東宝にも欲しいね
>>>
思ったより映像化に恵まれてないイメージあるなクトゥルフ系
>>
クトゥルフ単体だと映像化しづらいし
新要素を出すと、途端にコレジャナイ感出てくる難しさ
なぜ円盤化しないのか
シンフォギアは割とガチ
そんなこと全く意識させないシナリオだけど
どっちかっていうと修羅界じゃないかなとは思った
モチーフだけなら膨大だよな
いやモチーフだけじゃなくても膨大か
>>
デジタルデータが元になってる奴らだから
そりゃ膨大になるでしょ
仏教モチーフ
本国フランスでは発売禁止になってるそう
宗教観の緩い国でよかった