大好きすぎるシーン多かったわ
最初から最後まで好きなシーンで溢れてた
神作か?これ
1番好きなのはおにぎり
日本映画史に残る神作だよ
あのおにぎり、ただの塩むすびなんだろうけどほんとに美味しそうで食べたくなるから深夜に放映されてるとやばい
風呂にぎゅうぎゅう詰めのひよこみたいな神様達好き
>>
可愛いよね…
これの声が安田顕なの笑った
>>
むちむち…
>>
セクシー大根…
>>
この方も神様なのかな。なんの神様なんだろう
>>
名前的には東北のおしらさまだってさ
(意図的に)見た目には伝承が全く反映されてないから名前だけかもしらんけど
見た目的には大根神
>>
オシラ様は見た目は馬の神で蚕、養蚕を司る神やね
あえて見た目に反映しないってのは初めて知ったわ
>>
遠野物語で知ったけど、まさか千と千尋にも出てたとは

アンク@金曜ロードショー公式@kinro_ntv

➡️#宮崎駿監督は作品に登場する神様について次のように話しています。 「もともと日本の神様って形がないんですよ。(中略)百鬼夜行図みたいなものも、全部後から作られたものですからね。だからそういうものを根拠にデザインしたくなかったんです」➡️続く#千と千尋の神隠し#金曜ロードショー

2022/01/07 21:40:32

>>
>>
はー…なるほどねぇ。確かに神様の姿形なんて人間の想像でしかないものなぁ
ってかコレならあの神様の行動に裏はなかったのか
カオナシみたいな理由で千尋を助けたんだろうとか思ってすいませんでしたorz。お詫びにファンになる(信仰する)ので赦してつかぁさい

スタジオジブリ STUDIO [email protected]_GHIBLI

A:千尋に興味をもって一緒にエレベーターに乗りましたが、湯婆婆の部屋が意にそわなかったようで、すぐに降りてしまったようです(ちゃんと絵コンテに書いてあります)。

2022/01/07 21:41:11

>>
それに関してはこっちがアンサー出してるよ
>>
かわいい
割とクソ親だよね
>>
千尋の話ぜんぜん聞いてくれないな…
>>
子供があんなに必死に止めてたらわかった帰ろうってなりそうなもんだけどね
成長した千尋の姿を見てるからクソ親って言えるけど、最初の千尋は相当どんくさいので引っ張ってやるくらいがちょうどよかったのかもしれない
>>
なんだったら内向的・インドアな子どもの親、子どもが大体何を勧めても未知のものなら嫌がるのがデフォルトだから無理矢理引きずっていくのが仕事になるみたいなとこあるしな 千と千尋では「未知を恐れない(畏れがない)」が悪手だっただけで
両親が千尋に止められても食べるのをやめなかったのは神様の食べ物だから無意識に惹かれてた部分もあったのかね。
あちら側のものだから普通の食べ物とは違う気もするし。
>>
俺もこれだと思ってる
お父さんだけならまだしも、しっかりしてるっぽい
お母さんまで食べるのは違和感があった
作画に注目して観たらエグすぎて笑った
いやここの辺りの作画どうなってんだよ…マジで20年前の映画かこれ?!

スタジオジブリ STUDIO [email protected]_GHIBLI

Q:千尋がおむすびを食べる前、花の間をすり抜けていくシーンの、花の洪水のような雰囲気が凄く好きです。 あそこだけ表現の手法を変えていますか?

2022/01/07 21:58:11

>>
らしいよ
>>
最初の方に千尋が石の階段をトントントンってジャンプして降りるところの作画がぬるぬるでびっくりした
>>
イモリの黒焼きに頬を染めるリンとかね…
千と千尋って隠喩多いけどコレにもなんか別の意味あったりするのだろうか
>>
精がつくからな…!
>>
精力剤として有名
>>
イモリには微量の毒があって、死にはしないけど酩酊感を引き起こしてアルコール摂取したみたいな効果があるんだとか聞いたような
>>
リンさん達人間じゃないからな 人間には毒でもそうではなくてそのまた逆のリンさん達には毒でも人間にはそうではないてこともあるかと
ってかリンさんの正体なんなんだろうなぁ
ネットで見たのは白狐説くらいだけどなんか根拠になりそうな描写とかあるのかな。そこら辺注意して観てたけどわからんかった
>>
ふつうに他と同じナメクジ女なんじゃないの?
カエル男もモブじゃない三人はカエルぶりにモブと差があるから
リンのデザインもそういう誤差だと思ってるんだが

アンク@金曜ロードショー公式@kinro_ntv

➡️リンは、イタチかテンが変わったキャラクターにしようという話から描かれていったキャラクターだったそうですが、イメージボードの段階では「白狐」という表記もされていました。大人びて見えますが、設定上はまだ14歳くらいの女の子なんです🙄#千と千尋の神隠し#金曜ロードショー#ジブリ

2022/01/07 21:53:26

スタジオジブリ STUDIO [email protected]_GHIBLI

A:湯屋の従業員は、男性はみんな蛙男、女性はナメクジ女です。これは、ジブリに入った新入社員にとっては、おじさんたちがみんな同じに見えるということの象徴だそうです。 リンは近しい先輩なので、人間に見えるのかもしれませんね。そういうこと、ありませんか?

2022/01/07 21:38:16

初期設定はいろいろ変遷したけど結局ナメクジに統一したってこと…か…?
湯婆婆って迷惑客には毅然と対応するし部下も褒める時は褒めるし完全に嫌な人ではないよねってのが大人になると分かる
>>
経営者としては完璧すぎるだけやで、それが誉められる点なんだがな
>>
腐れ神の悪臭に鼻摘まんだ千に対してお止め。お客さまに対して失礼だよて真っ当な注意したりしてるしな
あと腐れ神の対応も千がとげみたいなのがある発言も勘違いだろとかじゃなくて下に人集めなて指示だして、ロープの準備したりして上司としては的確だわ
>>
そしてちゃんと滅茶苦茶褒めるっていうね
>>
あの入口でのシーン、後ろに「回春」ってガッツリ書いてあって草生えたわ
暴れまわったカオナシが大人しくついてくるの不気味に思ってたけど、
「拒まれて追いかけ回して、一通り失敗して疲れてる感じ
なんとなくついていく」って言われてて見方が変わった。もう「どうにでもしてくれ!!!」ってなって惰性で歩いちゃうことってあるよね…

スタジオジブリ STUDIO [email protected]_GHIBLI

A:カオナシは神様ではありませんが、「みんなの中にカオナシはいる」と、当時宮﨑さんは発言しています。

2022/01/07 22:08:08

自分は「人の心の弱い部分」がカオナシなのかなって思った。千尋は湯屋で働くうちにどんどん成長して弱い部分が無くなっていくから、千尋の弱い部分(=カオナシ)が置いていかないで、一緒に居ようって千尋に執着してたのかなあって
みなさんはどう思います?
>>
自分もそう思ってる。千尋が強いから「置いていかないで」って言ったって視点はなかったけど
弱いからモノをあげることで人を惹きつけようとする(札にしても砂金にしても、モノを使わずに千尋にアピールをしてない)し、弱いからバカにされた(と思い込んだ)り、思い通りにならないとすぐ暴力走る
それに団子を食べていろんなものを吐きはしたけど消滅しなかったから単純な負の感情じゃないのかなとか思ったし
人を傷つけたいとかそういう心ならあの団子食べた時に消滅してたのかなとか(ハクがあの団子食べて呪い吐き出してたからあの団子って呪い特攻なのかなって思うけど、呪いって負の感情を誰かにぶつけるようなもんだしカオナシがそういうのなら団子の力で消滅してそう)
だから単純な感情じゃなくて『弱さ』そのものなのかなってなった。刹那的な感情じゃなくて
実際最後にはちゃんと千尋のために髪飾り編んでたし、誰かが導いてやればなんとかなるモノなのかなって
>>
人が持つ虚栄心とかそういうのの虚像のようなもの、みたいな解釈してた
だからあの世界でマトモな人間の千尋に執着したのかなって
釜爺が列車の話する時
「昔は帰りの電車があったんだがなぁ…」って言ってたのが気になる
戻りの列車って湯屋の方に向かう電車ってことだけど、人の心が神様から離れたから人の世界の方に向かう列車が必要なくなった?って感じかな?
だいぶこじつけ解釈だと思うけど他に理由が思いつかない。その方角に向かう列車がなくなったってことはみんながその方向に向かう理由を失くしたってことだろうし
あと千尋帰りの列車がないって言われた時に「歩いて帰る」って言ってたけど歩いてたら人じゃなくなってたとかあるんだろうか。あの列車に乗ってた透けて見える人になるとか
考えすぎかもしれないけどあんな魑魅魍魎蠢く世界に列車が走ってる理由が「列車に乗らないと危険」って発想に繋がってしまう
しかも列車が『水』と『石の道』の上を走ってるのが三途の河を連想してしまうし

スタジオジブリ STUDIO [email protected]_GHIBLI

Q:千尋とハクはその後出会えたのでしょうか?

2022/01/07 23:30:04

スタジオジブリ STUDIO [email protected]_GHIBLI

A:ハクは千尋が元住んでいた家の近くを流れる川の主でした。 千尋がその川を訪れることがあれば……。

2022/01/07 23:31:23

>>
本当にね。令和、しかも2022年になって千ハク民への蜘蛛の糸が降ろされるとは…YouTubeで死亡説とか見るたびに心折れてたから本当にありがたい…
もちろん「暗渠説も好きだけど本当に死んでる説も好き」って意見もわかるけど暗渠説を推したい。千尋の生き様を見守っていて欲しい…
>>
わかる…死亡説嫌いな訳じゃないけどそれが溢れてるの見るとキツいので本当に令和に射した一筋の光過ぎる…
>>
マンションになって埋められたからもう千尋はハクとは会えないし
ハクも帰る場所が無いんだってずっと思ってたんだ

そこに暗渠ってのがあるって知って本当に嬉しかったよ
まだ希望はあるんだって分かった
一緒に見てた母が、釜爺がすげー大切な話してる隅っこでなんかやってるこのシーンがかわいくて好きって言ってて、へーこんなシーンあったんだ初めて知ったーと思いながら見てたらマジでめちゃくちゃかわいくて震えたシーン
足てしてしかわいいね

銀河@カガリ大好き@kagaripokemon

ランニングマシンに乗るピカチュウ#ピカチュウ#ピカチュウが可愛すぎる

2016/08/17 21:16:22

>>
アニポケにも使われる手法なんだけど小難しい話をしてると見てる子供が退屈してしまうんでマスコットキャラクターにギャグをさせるんだ
この丸っこいフォルムが人を狂わせる
>>
おしら様の存在感すごいな
>>
あの子凄いやろって周りに自慢してそう
本当はすごいナイーブな面を表してるのか、編み物みたいな細かい作業が上手いカオナシ
…と、すげえ不器用な坊ネズミのコントラストが微笑ましいシーン
俺ここ好き
湯婆婆が気弾みたいなの撃つシーンすき
考えすぎかもしれんが、
「お婆ちゃん、変だよ、この中にお父さんもお母さんもいない・・・」って発言は
クイズへの答えとは断定できないあやふやな表現なのに
湯婆婆が間髪入れずに
「それがアンタの答えかい!?」って差し込んできたのは、湯婆婆なりの優しさだったのかもしれん
形式とメンツは守らないといけないけど、湯婆婆も千のことを気に入ってたんだろう
>>
「こっちの豚さんかな・・・?」って言ったら
「本当かい?よく考えなよ」って言いそう
>>
子供だからと手加減しない(舐めない)、特別扱いはしない
…からの、可能な範囲でのほんの少しの優しさは油屋の上から下まで全員にあるよね

湯婆婆もそう
そうじゃないとみんな湯婆婆についていかないでしょ、って意見をどっかで見た気がする
釜じいが寝てる千尋に布団かけてあげる場面が小さい頃から好きだったなぁ
>>
ここ座布団なのも好き
カオナシがケーキ食べてるシーン丁寧で好き