馬鹿なの?


普通この時点でアカザとか送り込むよね

>>
そこは兄上やろ
「なんか弱そうなやつやったけどそっくりな耳飾りつけとるからちょっと手出ししてみよ」
程度のノリちゃうん

実際あの時点だと珠世とユシローの助力あってギリ勝てた程度やったろ
炭ネズだけなら軽く捻られたんちゃう
>>
ちゃうちゃう
>>
そこらのチンピラに丁寧語で謝罪するくらいにはビビり散らしてたぞ
>>
タンジェロにあった直後に、あの耳飾り・・・!ってヨリイチさん思いだしてビビりまくってたやん
一番近くにおったからや
近くに兄上おったら兄上送ってた

>>
鳴女で移動できるんちゃうんか・・・
っていうか通行人を鬼にしたとき思いっきりタンジェロが無惨の真横通り過ぎたけど何であの時始末しなかったん
めっちゃ早い手刀で奥さんたちにもばれないし
>>
鳴女ワープさせりゃええよね?
>>
あの時点では鳴女はそこまで成長してないはずや
無限城編でお前は予想より遥かに伸びたって無惨が言うてたから多分急成長しとる
>>
いやあの時点から無限までどんだけ期間短いと思ってんねん
あの時点だと縁壱がつけてた耳飾りと同じのつけてる鬼殺隊であることはわかってても日の呼吸の使い手であることは認知してないよね?
そもそも本人がそれ知らない段階やし

>>
ほんまそれ
読んだことないのがバレバレ
>>
なら柱以上に警戒して狙う必要ないよね
>>
認知はしてないが縁壱の強さとその後の日の呼吸の使い手狩りのこと考えるとタンジェロが使い手だと推測はしてたと思うで
実際は使えてないけど
無惨視点からしたらあの段階の炭治郎は縁壱の子孫でもあり得たわけやぞ
と言うか縁壱ナメてかかった結果が400年消えん重症やぞ
それくらい強かったら十二鬼月でも勝てんし鬼殺隊と戦える貴重な戦力失うハメになるからどうでもいい鬼行かせて様子見させたんやで
>>
これやろ
>>
普通にこれじゃないん?
耳飾り見ただけで震えてたし
>>
なるほど
でもそれなら雑魚が死んだ時点で上限でフクロにして殺す準備すべきやろ
どんどん強くなるのは目に見えてるんやし
>>
そこは単に炭治郎の居場所がわからんかっただけじゃないん?
無限列車の時は「あいつや!近くに猗窩座おるし向かわせよ!」ってなってたわけやし
>>
猗窩座も無能や

>>
というかアイツらのメイン業務は彼岸花探しとかやからな
>>
それアカザだけやろ
>>
童磨も人間パシリ要員やで
>>
なんでや兄上4人がかりでも押されてたやん
>>
あれは無惨が誘い込んだ結果やろ
個人で上弦を殺しにいけよって話


これはいい上司
>>
鳴女とかいう伝説のポケモンを愈史郎に乗っ取られたからって簡単に切るのマジでバカすぎる
陰湿な集団ですわ…

>>
なんだこの?!?
>>
でも目の数字って冷静にダサいよな
無惨の脳
「産屋敷煽ったろ」「なんて言うかな」「どんな顔するかな」「どう殺したろかな」「なんか落ち着く声やなぁ」

お館様「君が死んだら鬼滅ぶんやろ?」

「「「「「黙れ」」」」」
>>
野獣先輩のインタビューかな
>>
和んでる奴おるやん
>>
脳増やした意味あったんですかね…
>>
バラバラ脱出時に一つでも残れば復活可能やからね