毎度お馴染み序盤で苦戦する秦軍で特に動きなし
かと思ってたら意外な展開
いきなり王翦軍から名あり将の犠牲が出るのかどうか
山秀さんのことか
>>
最近突然出てきた千人将が消えてもなあ
王翦軍の将は桓騎軍より少なすぎるから
誰も死なないかも
でもコチョウ軍の将軍2人も抱え込んでるからな
序列バトルだから余裕勝ちってわけにはいかなさそう
誰か戦闘不能くらいにはなりそう
>>
でも趙軍が負けなければ李牧の作戦は成功しない。
ここで撤退されてはダメだ!宜安まで来てもらわないとw
というか一つの軍に将軍いすぎじゃね?
>>
キングダムの世界では1万人を指揮する将校が将軍だから
数万の軍隊には数人の将軍がいることになる。
遺族を最前線に配備する暖けえ光の戦術

出典:キングダム705話 原泰久 集英社

李牧はつくづく自国の民の命を粗末にするやつだな
>>
趙では人間は家畜や作物と同じで幾らでも増産できるんだからな
李牧の作戦見てると人の本質ってやっぱ光じゃねーよなって思う
>>
国を背負う以上、李牧の策は別に変でもないがな
そもそも光とか分類をする事の方がアレ

李牧は元々、敵国の民間人虐殺を行う一部の趙軍を国軍の示威行為としては認めてたし、
非道な作戦は特に否定してないキャラクターだし、一貫性はある
カンキは城攻めが得意ではないから王翦軍がアツヨを攻めるってことらしいけどそれならなぜギョウの城攻めはカンキに任せたのか
平陽も落としているのに…

出典:キングダム705話 原泰久 集英社

ってか攻城戦が苦手と分かってんなら桓騎軍と楊端和軍の役割逆にしろよ
ここからアツヨ宜安邯鄲と城攻めするのにいつまでも温存しとくつもりか?
>>
史実でも宜安で戦略見誤りするからな秦側は
キングダムの場合、その見誤りが今すでに始まってるという事かもな

あとタンワはもう肥下戦終結どころか
翌年の番吾戦まで活躍の場ゼロだと思うよ
合従軍の頃からどんどん状況悪くなってるね趙
>>
・合従軍でかなりの兵を失ってる
・李牧以外で戦略練れる将軍が国内に芝さんぐらいしかいないのに李牧更迭
・王は遊興三昧、カクカイは自身の保身のみでろくに国力を高めない
・元々数ヶ国に接してる領地のせいで国境兵を削減できないので必然的に国内防備が手薄になる
・合従軍後に他国の奸臣の伝手で他国に勝手に手を出してたりして国内の兵力削減に余念がない(秦王弟謀略時)

そりゃ弱体化するわ
城は完全に包囲してるしとりあえず白ナスはここで死ぬの確定だな
そこだけで今週は満足

出典:キングダム705話 原泰久 集英社