敵か味方か分からないキャラなんてこの程度でいい
極東の少数民族の未来を想っての行動だから許してあげて
>>
冷静に見たらこいつらの提唱する国家構想無茶なんだけど
極東ロシアの少数民族切り捨てる裏切りだもんなウイルク
>>
なんかあいつ家族ができて絆されたぜー!って思うのも仕方ない
自分は嫁作っても使命忘れなかったみたいだし
基本的には善人なんだけどウイルクが絡むとサイコパスになる
>>
アチャもサイコなので破れ鍋に綴じ蓋と考えられる
さ…刺すつもりは…
へたれかよ
>>
他人への思いやりはちゃんと持ち合わせてるんだよ…
いや結構無駄なことしたな…
まず皇帝爆殺の時点で頭やべーテロリストだよふたりとも
>>
のっぺらぼうだったことよりやべー事実が次々に出てくる!
>>
仲間のアイヌ皆殺しなんかよりヤバイ話がどんどん出てくる
キロランケは鶴見中尉と面識あるんだっけ?
長谷川さんは別にして
>>
鶴見としては無いんじゃないかな
第七師団だけど隊は違ったらしいし名前だけ知ってたみたいな感じ
谷垣もキロランケもわりとまともなやつなのに殺し合うの悲しい
>>
パンピー同士で出会ってたら絶対仲良くなれたのにね…
ワタシ デブ女 好き
>>
うんこ
>>
ダメッ!ウンコダメッ!
殺してあげた
>>
ウィルクが死んだって聞いて泣いてるところが一番アレだったと思う
>>
(強かった頃の)ウイルクが死んだ
>>
ウイルクが狼でキロランケは虎っていうのがいいな
同じ獣だけど決定的に違う感じ
家族のこと一応大切そうだったのに
最後のほうはほったらかしだったな…
>>
最初の方で言ってたあいつは強いし親兄弟が支えてくれるってのが全てだと思う
自分の目的を果たさないとどの道自分の子らも淘汰されると考えてるから止まれなかった
>>
家族持てば俺も変わるかなあ
変わらんかったわやっぱ死ねウイルク!
なので義理堅いというかバカ正直というかなんというか
>>
白石の「キロちゃんは真面目過ぎたんだよ」いいよね…
解釈違い絶対に許さないマン
>>
この作品そんなの多いな…
>敵か味方か分からないキャラ
この漫画そんなんばっかじゃねえか
>>
俺は未だに白石は最後の最後で裏切って欲しいと思っている
死んだの悲しいけど鯉登がよくも私の部下を!したのカッコいいからまぁいいか…って
>>
大体自分が蒔いた種で死んだから仕方ないよね…
ウイルク殺したのは内輪の話だし
杉元殺すことやインカラマッにマキリ刺さったの動揺しまくってたし
関係ない人殺すことにはめっちゃ抵抗あったよねウイルクは殺したけど…
>>
なんで尾形なんて最悪の奴と組んだのか
改めて考えると結構大物だったんだなキロちゃん…
>>
世が世ならWW1勃発の原因になってたなキロちゃん