ミナト 十年に一人の天才
大蛇丸 数十年に一人の天才
サスケ 大蛇丸が惨めに思える程の天才
ネジ サスケ以上の天才
シカマル IQ200以上の天才
サクモ 木の葉の三忍の名前が霞むレベルの白い牙として恐れられている天才忍者
リー 努力でどうこうなるレベルじゃない天才
イタチ うちは一族きっての天才
これだと四代目が亡くなったあとにまた三代目が頑張らないといけないのおかしくない?
>>
里を治めるのと単純な忍としての才能はまた別物だろうし…
>>
在任期間中に次代の火影として周りを納得させられる人材を育てて引き継ぐのも火影の重要な責務なんだろうな
ミナトの場合は早逝した上に予測不能だったから先代にお鉢が回るというか戻された
本当はそこでジライヤなり綱手が腹くくって火影継いでればよかったんだろうけど
なんか大体非業の死を遂げてんな…
>>
天才は自動的に前線に立たされるからな…
おかしくない?
>>
大蛇丸「ナルト君は凡才」
ミナトは飛雷神とか螺旋丸とか仙術とか周りに評価されないスキルばっかり伸ばしてるから…
>>
中忍試験でダメだされる仙術とオリジナル忍術な螺旋丸はともかく上忍三人必要な代名詞の飛雷神は評価されてよくねえかな!?
>>
初代と二代目のスキルが使えてさらにオリジナル技ってすごいと思うけど
こうやってみるとスキル構成が滅茶苦茶武闘派だな…
四代目はあんな形で若死してなければ木の葉は磐石だったんだろうなというのは凄い分かる
>>
猿が完全に隠居してたらダンゾウどうしてたんだろうって思う
ネジは独学で宗家の技習得してたり天才ってより秀才な気がする
>>
サスケもそうだけどNARUTO世界の天才ってだいたいゴリゴリに努力してるから…
結局才能云々よりメンタルが重要なことがよくわかるな
>>
耐え忍ぶ者つってるしな…
ネジの才能はヒアシ様でも認めてるほどだったけど
親世代が普通にもっと完成度高くて少年時代は結局みんなすごくても子供のレベルって感じだ
>>
とは言えしょせんは十代だしそれでうちは病や外付け無しのまっとうな成長であの実力は凄いわネジ
カカシ先生までは世情が糞すぎて天才も凡才も死ぬパワーレベリングだし
ボルト以降は忍具が凄すぎて忍者の必要スキルの幅が広くなるし
>>
あの時代に平和ボケしてなまってるカカシ先生はある意味大物過ぎる
勉強が出来てチャクラコントロール上手いサクラ
>>
木登りの天才
カンニング能力見るテストで独力で解かれるなんて想像してない…
>>
(あの子だけどうやって覗いてるか分からんな…)
最終的に殴れて幻術耐性も高いヒーラーになる天才
>>
状態異常耐性あって単体攻撃でバ火力も出せるヒーラーって書くとすげえ便利だけどなんか地味だな…
10年に1人の天才が使えるなら避雷針の術はもう少し使い手いそう
>>
3人くらいで実際やってなかった
あれだと実戦には程遠そう
天才の大蛇丸が惨めになる才能を持つサスケを凌駕する天才のイタチが鬼鮫と組んでも相打ちを覚悟しなきゃならない自来也
>>
イタチも鬼鮫も明らかに影クラス上位なのにこれがやばい
イタチが戦いの見立てに関してかなり慎重なのもあるんだろうけど
>>
が霞むレベルの白い牙として恐れられている天才忍者サクモ
>>
を虐めて自殺に追い込む木の葉の里
ナルトは意外性とチャクラ量の多さは言われてたけど純粋なテクニックとかは褒められたこともしかしてない?
>>
意外と賢いとは言われてると思う
卑劣様は天才と言うか今後似たのは出ても一切現れないであろう
アルキメデスとかノーベルとかそう言う類
>>
あの殺し合いしかしてない時代でガキの頃から大人たちは協定結んで争い無くせって達観してるのマジでおかしいからな…
どう考えても才能の塊まみれなのにうずまき家の評価低くない?
>>
国滅んでるし…
普通のやり方じゃできないことをうまく工夫して成功させたり閃きのセンスはあるねナルト
影分身でチャクラコントロールして螺旋丸作ったりとか
>>
卑劣様も常軌を逸する術やら戦法やら編み出してたからそこらへん似てる
卑劣様と同時に六道オビトに仙術有効なのに気づいてたし戦闘センスは高いと思う
>>
あそこの以心伝心プレイは何なの
親父に譲ってやれや!!!
>>
教え子の話にショック受けない先生は嫌だよ
>>
あそこは親父の前で息子が親父をバカにすんじゃねぇ!って
親父と同じスタイルの攻撃かます姿を見せつけるのが最高にいいシーンだろ!?
跡目争いから避けるため隠してた卑劣様の子孫がいてそれがミナトナルトなんじゃねって予想も当時あった
>>
実際波風親子に術が受け継がれてるからなぁ
カカシは飛雷神似合いそうだけど習得してないんだよね
>>
雷遁超速ダッシュ突きってむしろミナトのライバルだった雷影の技という
>>
カカシは割と写輪眼で動体視力ブーストかけてる以外は実戦派術なだけで術が特別秀でてるわけじゃない
>>
いやコピーまでは写輪眼だけど実際に使うのは本人の力だからかなり術の幅広いぞカカシ
飛雷神はマーキングされたら一生消えないのもだし
互瞬回しで回避不能のクソゲー押し付けてくるのも卑劣度高い
>>
術者本人もかけられた奴もどっちも死んでエドテンになってもマーキングは残ってるっておかしいよな
肉体じゃなくて魂に刻んでるようなもんだと思うし永遠に消えない
卑劣様の術って良くも悪くも貢献度的に絶対に無視ができないから後世だと無理矢理聖人になるよう盛って
ノーベル賞みたいな扉間賞で術の賞状とかあってもおかしくないな…
>>
嫌な賞だな…
カブト 天才じゃないから天才の能力組み込むね
>>
仙人になれる素質も限られた存在とかでしたよね?
>>
神経の接続だったかをグチャグチャにされた状態にすぐ適応した奴が天才じゃない…?
最終カブトはエドテン抜きにしてもサスケナルトに次ぐ実力持ってるよね
白激の術だけ撃っとりゃええ!
戦争編の最後の方だと人間の範疇の天才じゃナルトバフないと死ぬから上はキリがないな
なんかサクラちゃんも頑張ってたけど
>>
天才でもなければ人並外れたナニカすら持ってないのに最終決戦に食らいつく一番の異常存在来たな…
カカシも子供の頃から中忍になったし暗部にも推薦される天才なんだけどな
>>
まだ20〜30代の若手な方だから伸び代ある天才だった
本当に伸びた
カカシ先生下手すると写輪眼無しで鍛えてったほうが強そう
万華鏡まで行くとさすがに強いけど
>>
それはちょっと違う
一応千鳥とかはもともとオビトが生きてるころに作った術だけど写輪眼なしだと使いこなせない術だったしちゃんと写輪眼は活かしてる
ただオビトの呪いで写輪眼を使う方が強いように自分でビルドしてるだけだ
>>
写輪眼無しでも通常の術は習得できるからな…
動体視力とか動きのコピーによる術の予想ができなくなってもチャクラ消費が抑えられるってのは影響がデカい
三代目 幼き頃より二代目を超える才を見せつけた天才
>>
三代目は本編中だけでも衰えてこれはバケモノだわ…ってなるから天才って表現の方が負けてる
>>
全部が明かされた後に改めて大蛇丸の襲撃イベントでの三代目を見ると化け物だからな…
猿が活躍する度に嬉しそうにしてる卑劣様いいよね…
>>
サルは天才っていうなら正直作中に出た中でトップクラスだろうしな…
全盛期サルに真正面から勝てる奴がどれだけいるのかと…
カカシはチャクラが全然無いのが残念すぎる
チャクラ量を技術でカバーするのにも限界がある
>>
写輪眼に囚われなければ十分すぎるほどもってるんだけどな…
大蛇丸曰く
瞳力の才能ならサスケ>イタチ
>>
転生体に張り合えるイタチがおかしい
柱間も天才?
>>
化物
>>
奴は神
奴は全てが桁違い