子供に説教される大人二人
>>
主君は時行だからね
こちょこちょされる若君の色気…

出典:逃げ上手の若君45話 松井優征 集英社

45話読み終えたけど頼継は全然魅力ない上に素の顔も顔芸もブサイクすぎるわ。
来週で頼継の話さっさと終わらせて二度と登場させないでほしい。

出典:逃げ上手の若君45話 松井優征 集英社

>>
同じこと思ってる人がいるんだな
俺も頼継に対しては嫌悪感を抱いてるし読んでてストレス感じるな
頼継=直頼?説を多分採用するだろうし、この人が時行死後の諏訪北条残党の実質正統後継者になるわけだし、二人の関係性は懇切丁寧に描かれるだろうな。
>>
仮に今回仲良くなれても中先代で全ておじゃんになりそうだよな
まあいずれにせよ時行との関係は一筋縄ではいかなそうだ
番外編、大掃除はわかるが
まさか棒雑巾に触れてくるとは思わなかった

出典:逃げ上手の若君 松井優征 集英社

棒雑巾なんて初めて知ったわ
何で廃れたんだろう
フローリングワイパー便利なのに
>>
くくりつけるのが面倒だし布の一部しか使わないからじゃないかな
手持ちの雑巾が広く使われはじめたのは、おそらく室町時代から江戸時代にかけてのことです。
室町後期、武家屋敷などは「書院造」の建築様式が主流になってきました。書院造は寝殿造と違って、襖や障子で部屋が仕切られ、畳敷きで、床の間や違い棚などの造作も見られるようになります。
こうなると棒雑巾で大雑把に掃除するわけにはいきません。細かく拭ける手持ちの雑巾の方が、使い勝手がよいのです。

https://www.mizu.gr.jp/kikanshi/no58/03.html

寝殿造の家なら棒雑巾でも問題ないけど、書院造の家に代わったのが理由みたいだわ
単行本と本編読んでたら雫が影武者になりそうで怖い
>>
弧次郎がその役目じゃない?
玄蕃のスキル名のオシャレさとクソみたいな絵面&能力値のギャップに笑う
>>
しかも何気にキャラ紹介で1番レア度も低い
玄蕃本編だと割と役に立ってるのにまさかのNだったね
>>
基本のパラメータ基準だと確かに玄蕃ノーマルなんだろうな
評価外の一芸特化みたいなやつだし
ただ同じ巻でラスボスと並べるのは
妙にかわいそうになる
4巻読んだ
敵にもショタおるんかーい
>>
多分33話の斯波孫二郎のことだと思うけど
13歳って、今の基準だと中学1年生か2年生だよ
ショタじゃないよ
>>
十分ショタじゃん
それとも小学生以外は認めない過激派か
増刊号表紙、餅になるのは死ぬほど嫌なんだなとっくん
>>
地味にあの表情好き
毎回出るたびに笑ってしまう
そろそろ周年カラーもらえるのかな
>>
頼継の話まとめたら周年巻頭カラーに中先代開始合わせるんじゃない?