初登場のとこ旧友に会えたミストがあいつなりに地味にテンション上がってる感じがなんか笑える
「誰か不始末でもしでかしたかな…?」とか絶対ニヤニヤしてるだろうし
「……フッ 貴様がおしゃべりすぎるのだ…キル…」の……フッのとことか
>>
魔影参謀さんは根がおしゃべり好きだから…
>>
あとから思うとキルバーンが小物すぎてキルバーンを認めてるようなミストに違和感しかない
まぁミストも大概な小物かもしれんが
>>
バーン様も追い詰められたら情けない所を見せるので仕方がない
>>
やはりいちばんの大物はハドラーだな…
>>
ミストのレス
「どちらがバーン様で?」
って台詞が好き
>>
結構深い台詞だと思う
>>
言われた方もこいつどこまで知ってやがる…って思っただろうな
単なる軽口の可能性もあるし、何らかのカマをかけた可能性もある
新アニメの声凄く良かった
>>
喋る時に仮面の口が全く動いていないのは少し違和感あるけど
それも実はこっちが本体ではないって仕込みなんだろうな
>>
だいぶ気取った話し方でほんと良かった
流石に何百年もバーンにすら腹話術を見破られないって無理があるな
>>
直接戦ったアバン先生すら見破れないからね…
>>
それを言ったら素顔まで見たことあると思われるミストとバーンの関係に気がつかないのがありえない
初対面でもう半分くらい正解の質問してるのに何百年も気がつかなかった
自分に当てはめて考えたら影武者説にはすぐたどり着けるはずなのに
>>
お互いに詮索はしないってルール決めてたから友人関係には律儀だったんだろう
揚げ足とってもつまんないしな
一人芝居だってお上手
>>
考えてみればこれは誰が聞いてるわけでもないのに意味がないな
>>
そういうところで気を抜くとバレるもんよ
>>
一流の詐欺師は普段から役を演じておくものだとか
>>
ポップの存在が脅威だってのを早々にアピールしてくれてるお芝居だな
魔界編が没になったんで適当にオチがつけられたキャラ
ピロロが自分に屈辱与えた奴等の絶望顔見たいと欲張らなきゃ爆発でダイ達全滅してたあたり流石に強い
>>
アバン先生が煽りまくったからどうしても連中の悔しい顔が見たかったから出てきちゃったとか
正体はあやしい影と一つ目ピだから
たしかになじみの友達って感じがする
>>
鍛えれば強くなったっていうのは本体もそうなんだろうか
何だかキルバーンとの友情はドラマを感じさせる設定…
アニメで
「英雄バランだ かっこいい!」
ってピロロが云ってたけど
実際の胸中が気になるわ ご主人様倒した相手だし
>>
まぁハドラーを弄る意図が半分のセリフだろうし
バーン様って正々堂々としたロールプレイングゲーム楽しんでた感じだから
歩く治外法権みたいなキルバーンの事嫌ってそう
>>
ヴェルザーが地上征服RTAのセッションを卓嵐バランに失敗させられて
バーン様の地上ぶっ壊しゲーム卓に和マンチ勢で送り込まれたのがキルバーン
ダイパーティどころかバーン様にすら正体バレてないあたりピロロのなりきりセンスがすごい
>>
一応一人だけ人数カウントされてなかったりバレてんじゃないかなと思えるシーンも無いでもない
ピロロの声優表示なかった
なぜだ
>>
まだ観てないけど誰かと兼ね役なんじゃない?
ピロロなんてキャラ厳密には存在しない
「キルバーン」の声優はちゃんと発表されてる
そういうことだぞ
>>
むしろピロロの方はそのままピロロなんじゃないかな
キルバーンはあれバーン殺す為の爆弾だからそのままキルバーンなんだろうし
むしろ初登場からピロロが本体だと思ってたんだが
少数派なんだろうか
>>
ピロロがスパイだろうとは思ってた
本体はわからんかった
だってミストがバカみたいじゃんよ…
>>
本体はわからんかった
バカみたいなのはどっちだ
吉野がこういう演技出来るのが驚いた
チンピラ役のイメージしかなかったから
>>
どことなく飛田さん風のセリフ回しがハマり過ぎで笑う