頼継の齢は故郷を奪われた当時の時行より(少なくともこの作品では)おそらく年下なのか。
もし>>みたいな作画の変化があっても成長期がスゴイからで誤魔化せるな!
嫉妬から隠れて嫌がらせをするキャラだけど、それを周りも気付いた上で負い目があるから注意できないってフォローの入れ方が上手い
>>
本当に説得力しかないからね……
こっからどう変わるのかも含めて良いキャラ付けだと思うの
>>
歴史上の実在人物がしていい顔じゃ無いよ!!
今に始まったことじゃ無いけど…
>>
丁寧口調+「時行ィッ!」がどう見てもおいおいコテンパンにされる小物系敵キャラのテンプレで笑っちゃう
時行様が説教の時も正座してて好き
>>
ここでも貞宗殿の教えが生きている様に感じて好きなシーン
時継さんずっと目を瞑ってるけど、糸目なのか盲目なのか冷静沈着キャラ表現なのか、一体どれなんだろうか?
>>
驚いた時も目瞑ったまま汗かいてただけだったし、かと思えばギクってなってるときは目あるし
普通に大人しめのキャラ付けかも
顔を擦り付ける速度とかくすぐりのツボの把握とかで寵愛の度合い計ってるの可愛くて笑っちゃった
>>
そこ子供らしくて良かった
ちょっと家族関係が分かんなくなってきたんだけど。
息子が大人なのに娘の雫はなんでまだ子供なの?
史実では妻が二人いたとかなの頼重って
>>
妾も養子も当たり前な時代なので、まぁ不思議でも無い年の差だな
尊氏の子だって長男と四男で16歳差があるらしいぞ(wikipedia調べ)
番外編でギャグを交えつつ日本史のお勉強できるの、まっとうに歴史漫画してる……
>>
逃げ若は割と真っ当に歴史漫画してるよ
味付けがサイケデリックなだけで
>>
そもそも松井先生の作品自体が割とそんなんだしな
暗殺教室だって「異色の経歴の教師が落ちこぼれクラスの生徒と触れ合って学力などを向上させる話」だからな
味付けがサイケデリックなだけで
>>
ボーボボを摂取するとあんな漫画描けるようになるってマジ?
>>
ボーボボを超高濃度で摂取して発狂すること無く理解できればこんな漫画が描けます
>>


ムリ
>>
クトゥルー神話TRPGでたまに出てくるイベント
すげーヤなやつだけど間違いなく懲らしめられるな、って分かるから安心して読める
NAOYA以来の安心感
>>
まず史実がお辛いからな……7歳の幼子ぞ
自分の境遇を割り切れる年齢じゃない
>>
ただ敵意を向けられてる若のが幾らかお辛いという現実
>>
だからこうして若君たちのヘイトを尊氏様に向ける
子供(主君)に説教される大人たち(子持ち孫持ち)の図
これは主君の器
>>
“子供”の嘘を指摘し、行き過ぎた”子供”の悪さを懲らしめんとする時行様も年端もいかぬ子という……
満面の笑みで頬擦りされてんの本当におじいちゃんっ子なんだろなって……
残像ができるほどの高速頬擦りだけど……(多分時行の反応が正しい)
陰湿な嫌がらせの数々にいちいち神業のテロップつくの神への冒涜すぎて草