読んだけどなんかすげー力入ってんな
ページ数多いし過去最高に満足感あったかも
やっぱ間隔開けずに戦闘描写入れてった方がいいんじゃないかこの漫画
>>
斎藤、永倉はどうなったの?
ついに戦った?
>>
役人サイドに噛ませの将校みたいなのが新たに出てきてそいつ率いる部隊が雹辺にズタズタにされて最後に斎藤永倉と対峙して終わるだけの回
これだけ書くとつまんなそうだけど、戦闘描写にまぁまぁ力入れてるのと30ページあるのもあって満足度高かった
雹辺が赫力?能力お披露目しちゃってるあたりなんか作品の後半に幹部戦ラッシュみたいにならず、この戦いできっちり倒しきる展開になるような気がする
さすがに雹辺双はイケメンなんだよな
強キャラ感のある覆面キャラは般若、外印とイケメンじゃないのが不評で
キャラの後書きに今度はイケメンな覆面キャラ出すとか言ってたし
>>
顔アップのコマあったけど般若や進撃の巨人みたいな顔があったよ
>>
あれは単に赫力使用時の演出じゃないの
斧號も同じように血管丸見えになってたよ
>>
個人的なガッカリポイントは美形じゃなかった事じゃないんだけどなあ
解散!は笑うところなのか

出典:るろうに剣心 -北海道編-41話 和月伸宏 集英社

斎藤の剣新しいのになってる
阿部は何する気だ

出典:るろうに剣心 -北海道編-41話 和月伸宏 集英社

阿部は斎藤煽ってたけど一番過去に囚われてるのあいつだな
阿部は史実だと憎悪してた沖田以外あんまり関心なさそうだけど
>>
阿部は座談会の発言みててもホラ吹いてた仲間の方にムカついてた印象

新撰組にたいしては敵とは言え元同士なのか実力は正当に評価してて、近藤とかも多摩のカッペよばわりしつつも剣の実力は榊原鍵吉より強いって高評価してたりする
刀はまた新しく手に馴染むのを用意すればって気がするけど凍座に砕かれた斎藤の左腕の骨折はもう治ったの?
>>
そもそも時系列的に左腕砕かれてから何ヶ月経ったんだっけか
斎藤の刀はあれ作画ミスかね
>>
の可能性あると思う
赫力と狂経脈のぶつかり合いが見たいけど今の縁は精神的に狂経脈使えなくなってそうだし無理なのかな
>>
すごいやりそうそれ
剣客兵器20人居れば日露戦争もモスクワまで余裕で攻め落とせるんじゃね?

出典:るろうに剣心 -北海道編-41話 和月伸宏 集英社

>>
あの世界のロシアや清にはもっと凄い猛者がいるとは思わんのか
>>
おもしろ軍人、とんでも兵器、オカルト科学の宝庫であるナチスドイツですら負けたのになんで極東の島国の剣客兵器が勝てると思ってるんだ
剣客兵器は国内限定の強さだからな
>>
内弁慶w
こんな超人どもが蔓延る日本だと太平洋戦争時代でもいい勝負しそうなんだが。山本五十六とかも超人枠だろ
>>
外国も面白超人だらけだぞ
ガンブレイズウエストって剣心と同世界なんだよな