もはや互角にカイドウと打ち合ってて草
CP0の台詞が気になるな
世界で今何が起きてるのか

残るそれぞれの戦いを全て描いて説明してるし103巻1話目確定か
102巻は普通に10話収録
>>
七武海対海軍とかコブラ、ビビ、サボあたりの件じゃねーかな?ベタな展開だと
カイドウ「おれがジョイボーイだと!!」

カイドウ=ジョイボーイ説あながち間違いじゃ無いな

出典:ONE PIECE1036話 尾田栄一郎 集英社

>>
普通にルフィだろ
カイドウが最後に認める流れ
会話から察するに
ジョイボーイとは何かしらの思想?を持っていて、それがカイドウとはズレていた?カイドウはジョイボーイにはなれずキングにお前の理想と違うか的なこと言って、キングはいや俺はあんたについていくって言った?ってこと??
>>
簡単に言えばそういうこと

キング「おまえは世界を変えられるのか?」って台詞があったけど、キングの望んでいたのは世界の救済(ジョイボーイの思想)だったのかもしれない

カイドウの思想は世界の破壊

キングの望んでいたものとは真逆だけどカイドウに拾われた命だから付いていくって事だろうね

どちらも世界を変えられる男なのは変わらない
ロックスもDだし「ジョイボーイ」とは何なのか?
カイドウは知ってるのだろうか
>>
約千年に1人現れる伝説のDだろ
天空の剣を抜けるのが伝説の勇者だけであるように伝説のD(ジョイボーイ)でなきゃ出来ない何かがある筈なんだ。
>>
ロジャーがジョイボーイと同じ時代に生まれたかったとラフテルに着いてから言ってるのも気になるね
お前らやばい!!!!!
サンジの眉毛戻ってる!!!!!!

出典:ONE PIECE1036話 尾田栄一郎 集英社

サンジ外骨格発動する度に眉毛の向き変わって相手にバレる事になんのか
>>
普段は生身で必要な時(戦闘時)だけ外骨格発現だったら1番幸せなパターンだろうな
大看板倒したご褒美じゃない?
これならナミに殴られてもナミ側が痛がらずに済むし
ベポほぼ何もしてないのになんか良いとこに描かれてて草
ウソップはごもっともなこと言ってくれてて嬉しいわ
>>
NO2だからね
空気でネタ扱いだけどフクロクジュ雷蔵と互角なら敵陣営でもかなり強い方なのでは?
ジャック曰く一応赤鞘は飛び六には任せておけないレベルらしいし
>>
まあジャックが戦った赤鞘って犬猫アシュラとかかなり強い方のやつだし確かにこいつらは飛び六砲じゃ手に負えん
ドレーク予想以上に叩きのめされてて草

出典:ONE PIECE1036話 尾田栄一郎 集英社

ドレークあんなボロボロなのに何でアプーは元気なんだ
まともに戦ったのかアイツ
>>
ドレークは近接戦主体なのに対してアプーは距離とって戦うのが得意だから被弾率が違うのでは
>>
ほとんどドレークが相手してんじゃね?
CP0を2人相手にするのは骨が折れそう
他のも含めてCP0は3人

こいつらを誰が始末するのか