(流石は兄さんだ…!)
何もなければ兄弟やれたんだろうか
>>
何も無かったらエレン生まれてないからな…
多分エレンはジークに本心から申し訳なく思ってる
>>
そんなふざけた計画とうてい受け入れられない!!
(そんな事しなくても巨人消えるんだよ…って教えてやりてえ…)
>>
(まあしかし兄さんにはまだまだ踊ってもらうぞ…死ぬまで…死んだ後も…)
これ本当ただ単にお兄ちゃんに「あいつ俺の事好きなのかな…」って相談してただけか…
>>
わかるかア!|!!!!
俺の言うことを聞け!王家の血を引くものだぞ!って叫んだとこ
ミカサ観賞中じゃなきゃわりとグッドコミュニケーションだったのかな…
>>
は?末裔だからってご主人様ヅラで命令するの…?カレじゃないのに?ってならないかな
…いい兄弟じゃないか
もっと早く気付いていれば…
>>
まあ…兄弟それぞれでいっぱい殺しといて…
そんなの虫がよすぎるよな…
>>
変なとこで真面目になってんじゃねえよ!
>>
そんなところもすげえ似てる兄弟だと思う
アルミンとかには聞けないのが本当にヘタレだな!
>>
アルミンに聞いたら絶対ミカサに言うだろ…
この相談するあたり意外とエレンはジーク兄さん嫌いじゃなかったんだな
好感度わりと高かったんじゃないかって気がする
>>
母親を食うように仕向けるくらいだし
好き嫌いより必要だから犠牲にするし裏切るって感じだろうからなエレン
好感度で言うなら間違いなく高かったはず
>>
まあエレンには基本好意的だったしな…
リヴァイは知るかよ…テメェで直接ミカサに聞けって返すと思う
>>
あの人年少者にはもっと優しくない…?
>>
少なくとも色恋沙汰に関してはてめえで伝えろしか言えねえだろ!
計画自体は賛成できないけど…!
節々でやっぱり俺達兄弟なんだなって思うことがあって
親しみが湧くほどに辛い…!
>>
自分の正義を貫き通すところとか根っこは大真面目なところとかそっくりだよね
残された数少ない身内だしなぁ
>>
あのおじいちゃんとおばあちゃんは…
(でもやっぱり調査兵団にやった事はゆるせねーわ)
>>
(でもやったの実質俺だし…)
>>
>>
頭ぐちゃぐちゃになってたってこんな感じなんだろうなって…
>>
本当に可哀想だよ…
アニメのジークでもお前マジでそこまでエレンに普通に情持ってたの!?ってなった
この兄弟わかりづらいな…
>>
やろう兄さんって言われて涙ぐんでたりジークはわかりやすいと思う
>>
ジークからエレンの好感度はめっちゃわかりやすいだろ
ジークからしたらエレンに兄弟愛持たない理由がないよな
唯一の兄弟で自分の理想に賛同してくれるんだぜ
兄として頼ってきて恋愛相談だってしてくれるし
>>
こんな事言われたら可愛がるしかない…
ジークは本当にいいタイミングで死んだな…
>>
ジークの死に方は本当に満点だよ…
色々騙してごめんな兄さん…でも俺も死ぬから…
>>
安楽死計画なんてしなくてもオレの計画なら巨人だけ取り除けるんすよ…まあ8割の人類は滅ぼすが…
おそらく読者の誰一人エレンが本気でミカサの恋心気にしてると思ってなかったシーン
めっちゃしてる
>>
(なんであいつ俺に盲信的なんだろ…理解できねえわ)
ってシーンだと思ってました…
>>
突き放す為とはいえミカサの生き方が自由とは程遠いから嫌いっていうのは説得力あったし…
ジークを裏切った時も兄さん呼びだったから兄弟としての情は普通にありそうだよね
>>
兄弟揃って運命に翻弄されて碌でもない人生だったからな
シンパシーも当然あるはず
エレンの場合はその運命すら自分が作り上げたものだったけど…
エレン
その子はきっと一生お前のことを忘れたりしないさ
>>
でもそれはそれで困る
>>
でも10年くらいは引きずってほしいんだ兄さん!
>>
(めんどくせえ…)
こんな世界じゃなかったらエレンの結婚式で死ぬほど泣いてくれるような兄だったんだろうな…
>>
エレンの兄貴分のライナーに嫉妬してる世界線とかでも良いと思う
まさかエレンが想像よりはるかに童貞マインドだったとは思わなかった
騙されたよ…
>>
そりゃ好きじゃないとは思ってなかったけど最後の最後に
ミカサを大切に思ってる…とか愛してる…とかじゃなくて
俺以外の男作ったらやだあああああ!!!!は度肝抜かれた
>>
まさかそんなかっこ悪いことを言われるとは…
好きな人にずっと自分を覚えてて欲しい
尊敬する人とずっとキャッチボールしてたい
素の部分ではめちゃくちゃ素朴だけど人間的な兄弟だよね
>>
あんなに人生ささげて頑張ったのに
そんなささやかな願いしか持てなくて本当におつらいのに
なんかさわやかに描くよね…