松井優征「3ヶ月事に話し区切っていつ打ち切りにされても上手くたためるように話作るか…」
松井優征「全クラスメイト28人に個性を描いてカップル作って女の子ファン集めるか…」
松井優征「ギャグ要素多めにするか…」

ネウロは好きだったのに、これは全く受け付けなかった
>>
ワイも。中学生は好きやろなって思ってたわ
ネウロおもしろかったけど暗殺教室は微妙だったわ
若君は暗殺よりはおもしろい
>>
模範的なJ民
少年ジャンプの想定してる年齢層にはメチャクチャ刺さるわな
暗殺は叩いてるのおっさんが多かったイメージ
>>
有能側のおっさんは共感してそう
>>
子供に心地いい正論で話進める漫画やから大人だとそーですねって感じはあるかも
叩くほど熱くなるのはよくわからんけど
>>
言うてジャンプ読者のボリューム層ってあの頃からすでに20以上のおっさんやぞ
かなり打算的な人よな
>>
まあ本人から自分は守備型の作家だと言ってるからな
なお、アシとして間近に見てたのがボボボーボ・ボーボボの現場
>>
盾で人を殺す人だとは思うけどな🙄
>>
ネウロ作者のどこが守備型なのか
>>
いつうちきられてもいいようにオチを用意している
とかいう作家が守備的じゃなかったら山口貴由とかどうなんねん
松井はいい意味でシステム化してヒット作描けるけど
その分これ絶対描きたいって熱量感じないわパンツ履いてる感じ
逃げ若もショタショタ言われるけどねっとりした感じしねーしあれもネタ用やわな
>>
本物が性癖丸出し書くとメイドインアビスみたいになってジャンプにはとてもじゃないけど載せられないものになるし、これくらいさらっとしたのが丁度いいだろ
>>
わかる
ネウロは荒いところもあったけど響く部分があった
暗殺、逃げは良くも悪くも削ぎ落とされてしまってる
>>
ねっとりしてるぞ

>>
まさにそういうとこよ
ネットで話題になるやろなあが先きとる露悪的すぎるんよ趣味全開にしては
>>
ヤコ→渚→若とかどんどん酷くなってるんだよなあ
>>
全員普通に見えて化け物っていう設定好きやな
>>
普通に見えて化け物の主人公とイロモノのコンビやな


えっろ
暗殺教室は理事長と息子のキャラが好きやったわ

>>
理事長かっこええよな
なんか柔道で負けたら自分で自分を殺したくなるくらい自分にキレてめっちゃ練習してボコったって話すき