「親ガチャ」より「場所ガチャ」の方が深刻な問題になる

親ガチャも問題なのですが、今でも大きな問題を抱えるのは「場所ガチャ」です。都会に生まれ育った子供と、ド田舎で生まれ育った子供では、得ることのできる情報や体験に雲泥の差があります。

ある九州の離島出身の男性と話したときに、こんな話題が出ました。「この島は一日に一回本島との連絡船が出るだけで、雨になるとそれも運休する。島では携帯電話もつながらない場所があり、何もない日は星を眺めて過ごすこともある」とても2021年の話とは思えません。都会では5Gが普及しつつあり地下鉄でも高速通信、電車は3分おきに通過して、デパートやコンビニが無数にあります。

老後にゆっくり過ごすという面では、そうした閑静な離島の環境というのは最高ですが、子供が成長するという面からすれば極めて不利な環境といえます。まず学校が限られるということと、そこへの通学までに時間と体力が必要です。田舎の学校だと進学に対して関心が低いために、どうしても授業のレベルが下がります。東京では私立小学校の生徒が中学受験を控えて、個別指導塾で勉強を進めている間、田舎の小学生は「誰がケンカが強い」、「誰が新しいゲーム機を持っている」といった程度の事しかしていないのです。

首都圏の国公立でも意外と私立小中高だった奴少ない
一体どこに吸収されとるんや

>>
そら私立推薦やろ
附属で上がってスーパフリー事件やらかすんや

そもそもなんj民みたいなチー牛陰キャが都会に住んでも学生時代の自由時間は家に引きこもってて利点を活かせるとは到底思えない

>>
一理ある

いうて親の差ほどの差はないだろ
持ち家なしで東京居ても微妙な収入だとキツいだけやろ

>>
実際土地無し金無しなら東京におる方が罰ゲームやな

>>
島の暮らしはエエんでない?糞荒れてる学校が多くてマトモな私立も近隣(通える範囲)に存在しないって
ガチ学業終わってる所とか今も有りそう出しそっちのほうが場所ガチャ失敗や

>>
結局これよな

いくら稼げるかやろ
東京に住んでても年収400万なら意味が無いし

>>
東京で400とか実家でもない限り何も出来ないしな
地方なら色々できること多いけど