千手仏間って息子たちに比べて普通のおっさんすぎるだろ
>>
そうは言っても柱間と扉間が異常なだけで他の息子も割と普通じゃない?
>>
>>
成長しても綱手くらいにしかならなさそうだしな
>>
十分すぎる…
>>
こんなナリで年齢80超えてるかもしれんし…
卑劣様はこんな神妙な顔しながら(馬鹿だな父様は…)とか思ってるんだな
>>
ある意味ではガキっぽいな自分の考えが一番で大人のこと馬鹿にしてんの
>>
ここは父親を馬鹿にはしてないとは思うけど
大人たちは馬鹿だのシーンだと感情で納得できない話し合いをできないならどうするかまでいけてないからうn
合理性を問うのなら感情込みで相手に利をどう飲ませるかになるし
>>
そう思うと五影会談で尾獣と金交換で最終的に分配できた辺り大人になったんだな卑劣様
兄者がタダ発言で微妙に破壊しかけてたけど
>>
それを噫にも出さないで「父上の言う事を聞く良い子」の演技が出来るのが卑劣
>>
父親の事情くらいはわかってるだろう
全然似てない柱間と扉間の血縁関係を強調するような千手板間のデザイン割と好き
>>
板挟みになってる
>>
髪型が雑コラみたいになってる…
実際血継限界もないっぽい千手がどうやってうちはと渡りあってたのかは気になる
>>
卑劣様見るに多分水遁が達者な一族っぽいからまあ火遁使いのうちはと張り合ってたんだろうそれで
>>
卑劣様の小さいモーションから殺傷能力高い技出すスタイルが千手の正統派だったりして
母親は白髪なんかな
>>
扉間のカラーを見る限り白髪赤眼
父の前ではかわいく兄を庇っておいて大人は馬鹿だと言いのける子卑劣様好き
それでもまだこの頃は父親には逆らえなさそうだ
>>
子供だからそんな結果論だけで物を言えるってのもあると思うよ
この親父マダラの父と互角だからめっちゃ強いよな
>>
マダラの親は不気味だけど別に万華鏡とか持ってない一般うちはなんだよね
カツユが代々千手と契約してた考えると湿骨林の仙術とか…?
>>
柱間の母親わかったかもしれん
柱間から木遁と柱間細胞抜いた分チャクラ増やした感じかもしれん
>>
あれ以上チャクラ増やしたらもう尾獣じゃん
あと瓦間が居るんだっけ?
>>
いきなり故人だが…
この泣いてる弟も成長したらなんか凄い才能あったかもしれないしな…
>>
強くなれてもせいぜい綱手くらいだろ
>>
マダラのレス
柱間と扉間はなんかかっこいいんだよな..
四文字なのがいいかんじなのかな
>>
いたま
じゃなくていたのまなら良かった
父親も母親も一緒ならどうして柱間だけ全身柱間細胞の面白人間なの…?
>>
なんか突然変異したとしか…
森の千手一族って言うけど柱間以外森要素なくない?
>>
本人が本当に森要素担ってる方がおかしいだろ
>>
実家が森だっただろ
>>
森の賢者的なアレなんだろ
このおっさん柱間扉間作ったのに特別有能感がないよな…
>>
息子たちの後の業績に全く関係してなさげだしな
柱間が子供時代からめちゃくちゃ優秀なあたり忍者としての教育はうまいのかもしれないけど
木遁が柱間だけとかそんな突然変異の化け物みたいじゃん
>>
父親も弟達も弟達見た感じ母親も普通の人間だからまあ…
父親普通に老けてるのになんで子どもは老けないの…
>>
不老遺伝子は母親由来…?
板間の髪が色だけじゃなくて直毛とツンツンの両方も半分ずつ継いでるのに気がついてダメだった
>>
将来柱間と扉間の長所を受け継いだ最強の千手になる可能性があったかもな