ゴムのおっちゃんいいよね
三代目雷影が駄犬みたいになっとる
この回はナルトの知能も高くて好き
>>
八尾の話聞いてスッと仙人モードになるのかっこいいよね
これ血継限界?
>>
熔遁だからそう
>>
熔遁は火と土を組み合わせる血継限界
雲隠れって地味に平均レベル高くね
>>
まぁNo.2だし
こういうバトルの描き方はやっぱ上手いよね岸影
>>
変に理屈つけない咄嗟の機転とか意外な発想とかが凄い上手いと思う
>>
理屈つけると駄目な時のシカマルみたいに変な方向行きがちではある
>>
なんやかんや複雑な能力による攻防の応酬やら戦況を上手く描けてる時はちゃんと描けてるから凄いと思うよ
偶に珍妙なことになることもあるけども
国名である雷を眼帯に付けるの許されてるあたり三代目雷影時代だと今のダルイくらいのポジションだった可能性はある
>>
3代目雷影と面識あったから間違いなく重役ではあっただろうね
>>
キバ戦は本当に頭柔らかいと思った
>>
いいよね
キバの姿になって
殴られたら赤丸に変化
微妙なバトルが微妙さとネタ力を兼ね備えてるから悪目立ちするけど戦闘描写のアベレージ自体は高い
>>
あと何やかんやダイナミックな構図描くのは上手いよ
>>
サソリを両脇から貫く父と母のシーンは当時見て痺れた記憶がある
余りにも皮肉で残酷すぎる構図だった
うまくはまってない時は弄られる1カメ2カメ3カメだけどキマってる時はかっこいい
>>
ここはダイナミックな書き文字の使い方してて漫画表現としても見応えある
ゴムのおっちゃんはこれで通信能力持ちなのが何気にスペックたけぇ…ってなる
>>
戦闘に使う能力とは別に感知と通信持ってる人結構出てくるよね
今回のブームを機にあんま覚えてない大戦らへん読み直したけど基本的に漫画がめちゃくそうまい
ただたまーにコラで見たことあるページ出てくるから油断ならない
>>
2部以降コンテみたいになったとかよく言われるけどそれほんとに2部の最初の方の話でサスケVSイタチ辺りからすげーコマ割りキレてるからね
ゴムのおっちゃんってマダラ出た後どうなったんだっけ…
>>
残りメンバーで無様(カブト)追った
そのあとわからん…
>>
いいよね
かなり大技揃った時期のナルトでも有効打ないって三代目雷影も人間じゃないだろ
>>
自分の攻撃以外で怪我したことない人だぞ
指の数が減るほど威力が上がる突きいいよね
理屈としてはそりゃ触れる面積が狭くなるほど威力は上がるけどそれ指折れるだろ
>>
三代目雷影の肉体の硬さがあってこそというか
>>
最強の盾だから指も折れないんだ
自分と自分の指かち合ったら折れるだろうけど
風遁螺旋手裏剣で傷一つ付かない防御力
をゴミみたいにブチ抜く攻撃力
>>
螺旋手裏剣は小さなダメージを10万回当てるような技だからそもそもの攻撃力は微弱だよ
>>
実際に防御力で防げたやつが他にいないじゃん
こいつは固すぎるし無様は分裂するし水影様が相対的に人間してる
>>
術がすごいだけで本体はちょび髭だからな…
いやその術の性能が無様と互角にやれるもんだからおかしいんだけど
というか防御力だけで言ったら全キャラの中でぶっちぎり最強なんじゃ?
>>
そこは流石にカグヤとか出されたら劣ると思う
まあ人間の中じゃ一番だな
>>
カグヤはサクラちゃんのパンチが効くから体術耐性は雷影の方が上だと思う
戦闘描写ならナルトが風魔手裏剣に化けるのがいまだに好きだ
>>
ザブザがあの時期の2人より超格上なのがわかるから気持ちいい
そういやここのナルト影分身じゃなかった?
>>
戦争のナルトの戦闘は長門・イタチ戦とオビト・マダラ戦以外全部分身だよ
>>
すまないけど影分身でもナルトの方が他の有象無象より役に立つから守るね
三代目雷影なら普通にスサノオ突破できそうな火力だな…
>>
というか四代目だってスサノオの上からブン殴ってダメージ通してるし
直撃しなかったり再生力がすごかったり逆に当たれば一撃な大技ばかりだったりで忘れがちだけど基本この世界の人間の防御力は意外と普通だよね
>>
基本でかいの一発あたれば終わるからな
>>
起爆札一枚あれば大体殺せる