そんなグレるほど酷い事言われてない気がしてきた
>>
言われるだけじゃなくて封印されたり戦わされたり散々だぞ
はいじゃあ尾獣捕まえたのでタダで分配しまーす!
>>
黙れ
他の人柱力が失敗してバタバタ死んでるの見ると安定してるから相対的にマシに見えてくる
尾獣の意志と関係ないとはいえ
>>
うずまき一族の肉体つえー
>>
九尾担当してるのは封印術に命懸けてる一族だからな…
クシナっていいカーチャンなイメージあるけどこういうこと平気で言うとこあるんだよな…
>>
いやこれ間違ったこと言ってねえだろ…
>>
あくまで人間側の意見でしかないし
言葉も喋るし人喰いの生態があるわけでもない尾獣とコミュニケーションとることもなく断言するのは決して正しくない
>>
食わないけど殺すよね
>>
まあそれで殺すならただの生き物同士の殺し合いなんだけど人柱用意して利用したり封印しようとかするのは色んな方向で軋轢生んだよ
自分の事を憎しみの化身みたいなこと言ってた気がするけど
この扱いの結果な気もする
扱いは一尾も大概だけど
>>
一尾の場合は土地と固有能力の相性がヤバすぎるし…
>>
一尾は元々は人柱力のことはそこまで嫌ってなかったけど砂の人柱力への扱いが酷すぎて人間嫌いが加速した
これマダラが最初にやらかさなきゃ暴れ無かったのでは?
>>
昔から捕らえようと勝負しにきた奴らもいっぱいいる
金閣銀閣とか
>>
いや昔から自然発生して暴れまわってたよ
写輪眼で簡単に操られて2回も里を襲撃する九尾が悪いよ〜
ナルトと出会えて共に時間を過ごせて良かったな…ってなる
いやまあナルトの中で余計にやっぱ人間クソだわってなってそうではあったけど
>>
ナルトとの和解のときナルトが見てきたものを思い返してる九喇嘛いいよね…
みんなにどんどん認められていく過程が
お前の細胞の力は強大すぎる…
>>
闇のマーケットで流出してますよ木の葉さん
人間側も尾獣って仲良くなれるんだ…となるまでだいぶかかったな…
>>
九尾は九尾事件までは割とおとなしく封印されてたっぽいけど八尾とか定期的に暴れて優秀な人材殺してんだぜ?
>>
人柱力と尾獣が仲良くなっても人柱力自体が迫害の対象だからな
ビーは本当に色んな位置で例外すぎた
前までが高圧的だったから憎しみ抱えてる上に力貸せオラァ!ってだだっ子みたいにしてるだったナルトは可愛く見えたかもしれない
>>
力コントロールしようとした時も八尾の力を借りるとは九尾の人柱力なのに情けないとかいうよくわからない文句しか言ってなかったしな
人柱力の中でも個人としては尾獣とそれなり折り合いつけられてた連中もそれなりにいた気はするが
>>
だから人柱力自体とはそこそこな関係気づけてたりするよね
ただ尾獣と仲良くできる人柱力ほどつまり尾獣が同情するような扱いを受けてる人柱力になる……
ビー様は偉大
次世代だと尾獣をマスコット商品化するしフットワーク軽いな人類…
>>
それこそ次の世代の子どもたちには尾獣の扱いを良くしようと必死なのでは
>>
在庫山積みの自分のグッズを見たシュカークの心境は…
尾獣の力をちゃんと強さにするには対話必須ってのはナルトの姿勢とぴったりだったな
>>
NARUTOのテーマとがっちり合ってるんだよなこの辺
マダラ穢土転生あたりから初期から温めてたものを放出し初めて一気に面白くなる
生きてる自然災害みたいな強大さだから尾獣を恐れ
その力を引き出せる人柱力を恐れるのは当然ではあるが
>>
ビー様の前任者が人柱力になった瞬間周りの目つきが変わるって言ってたの怖い
>>
そら核兵器腹に抱えてるようなもんだからな
ナルトは自分の意思で人柱力になったわけじゃないから九喇嘛も憎みづらいだろうさ
>>
最初の頃からわりとナルトには優しいよね九喇嘛
>>
人柱力に選ばれたことを本人は知らず木ノ葉に来たんだからそれはクシナも同じじゃない?
九喇嘛の力を取り込んでもそっくりの人面痕は出てこないから九尾のが温厚
>>
全身柱間細胞のモンスターと一緒にするな
>>
子供にまで受け継がれるひげ…
そういえば赤ん坊の頃から人柱力ってなにげにレア?
>>
ナルトと我愛羅ぐらいかな
尾獣と人柱力の自己紹介のとこでわりと穏便な感じでやっててそんなもんなんだなってなった記憶がある
>>
封印されて何もできないのが続くと何だかんだで他人が恋しいのもわかる
守鶴は我愛羅も大概な扱い受けてたのにデバフかけ続けてるんじゃないよ
>>
もうその頃はさっさと表に出て人間ぶち殺してぇ〜くらいしか残って無さそう
過去の迫害をそんなことあったっけ?って流せるビーが凄い
>>
まああの場面でいきなり昔のつまんない思い出話されたって覚えてないわって返すしかない気もする
>>
あれで昔の友人に戻れたわけだからベストな返しではある
>>
殺そうとしてきたのつまんない思い出扱いで流せるのなんてそうそういないわ
ナルトの境遇は九喇嘛のそれと被るから和解しやすいのはある
>>
自分のせいでクソみたいな扱いされてる子供は憎みにくいよな…
尾獣って全員柱間が捕まえたんだっけ?
>>
砂が元々持ってた1以外は捕まえた
>>
ポケモンかよ…
クラマに関してはある意味クラマから歩み寄ってる部分もある
>>
ビー様のお陰だな
なんかいい感じに陰陽に分けられるしその上で普通に強い九尾はおかしい
>>
尾の数が多いからな…
>>
六道仙人はさぁ…
柱間はまぁ人間だし…
>>
人並みの寿命で死んでくれるだけマシか
>>
まぁ死んでもなぜか細胞だけは生き続けてるんやけどな…
誰も意志疎通して和解する気無かったんだな
>>
ナルト世界って思いやりや信じることが大事ってのと同時に実績を示すことも大事ってのが大きいから…
過去に暴れたって実績が重すぎる
人柱力は悲惨そのものみたいな奴も結構いるしな…
>>
だから人柱力の扱いに更に人への憎しみを尾獣が増やす負の連鎖
>>
見つけ次第やるぞで本当にやられたのもいなかったっけ
つーかマダラだしいつものことだが言い様酷いもんだな
>>
実は平和主義と言われても基本的に人格が歪んでいると思う
黒ゼツが裏でうちは病治らないようにストレス与えてたのだろうか
>>
わざわざストレス与えなくても戦国時代なせいでゴリゴリメンタル削られてるから
ビーが和解出来たからユギトもそのプロセスで上手くいったんだろうな
やぐらも洗脳前は良関係っぽいけど
>>
完璧な人柱力になってれば幻術効かないはずなんだけどな
>>
2尾は元から比較的温厚だったのもあると思う
でも口寄せで尾獣クラスのポンポン呼ばれるし…
>>
百歩譲って尾獣を利用するにしても口寄せ契約で良いよな…
封印したり幻術かけたり無茶苦茶しすぎだろ…
尾獣爆弾仕掛ける始末だからな…
>>
オビトが印象残るけど三尾もあんな使い方されたら嫌でも歪むわ
ビー様のおかげで雷の里は尾獣への気遣いがトップクラスなのよね
>>
ビーに何かあったら雷影が黙っちゃいないしな
>>
ただそれもビー様が実績を示したからなんだよね
実績を示さなきゃダメってのは一貫してると思う
ナルトと我愛羅だと我愛羅の方が扱い酷いからなぁ
一応兄姉は肉親の親しみは持ってくれてるけど基本的には怖がってるし
>>
我愛羅の扱い酷いけどあれ処分できるのにしなかったり外出できたりしてるあたり
砂金影が情を捨てることができずに中途半端な扱いし続けて地獄が広がった気がするんだよな…
美獣を一つの里に集めておくのもの十尾復活が容易になりそうで怖いけど各里に分配した二代目の政策はそこまで優れたモノでも無いような気がして…
>>
柱間は十尾単体なら仙法明神門でなんとでもなるから…
>>
穢土転生の状態でも拘束してたからな…
>>
まああれは五影集めるのが目的だから
>>
完全に制御出来てるなら抑止力になるのかもしれんがそうじゃないからな
>>
卑劣様では流石に2〜9が揃って暴れ出したら手に負えないので
最強の九尾残して残りリリースは仕方なかった面もある
おそらく里から嫌われてて死んだ際喜ばれたハンさん
>>
あの人ナイスデザインなのにあんまり出番なくて悲しかった
尾獣達から見れば自分達は被害者だから加害者側の都合を語られるのは最悪な気分だろう
>>
人間も人柱力にする側もされる側も大半は被害者だぞ
>>
ならそのシステム作った奴が悪いという事で
>>
犠牲になったのだ…
犠牲の犠牲にな…
>>
ナルト世界って割とマジでこの一言に集約されると思う
いつかお前の中の憎しみもどうにかしてやりてぇと思ってる
>>
今までナルトを通して酷いものいっぱい見てきたけどそれ以上にナルトのやってきたことを見てきたからこそ行動で示せって言うのいいよね
というかどこの里に置くかで悩むぐらいなら普通に故郷に帰してやれば良いんだよ
それまで野生で暮らしてたのを柱間が捕まえてきただけなんだから
>>
他の里に取られたら怖い…
>>
マダラって前例がなければそれで良かったんだが
なんで捕まえたんだ柱間
>>
お前の力は強大すぎる…
もしかしてこれに関してもマダラが元凶なのでは?
>>
まあ尾獣の軍事利用に関しては遅かれ早かれだとは思うがまとめて捕まったのはそう
>>
マダラの態度も悪いし人柱力制度つくった柱間も悪い気がする
>>
元凶というならカグヤとか六道仙人とかになるけど
クラマがグレた原因の方ならマダラから続く話だ