名場面
寝かしつけようとして高い高いしてなかれ立って感じなんだろうか
それ見た嫁さんが「もうそんなんじゃ寝ませんよ」って奪取した
>>
疲れたら寝るだろとか思ったんだろうか
敵の頃はけどるばかりで味方になってもツンデレだったからダイに庇われてディーノ呼びになってからがおつらすぎる
ヒゲ生えてたっけ
>>
デキちゃった…の告白受けた時点では生えてなくてディーノ出産の時は生えてた記憶が
箱入り(というにはアクティブで押しの強い)お姫様だった人が真っ当に母親やってたんだなとこれみて思う
>>
母は強しだな
普通の服着てるとただのおっさんだな…
>>
そのままただのおっさんとして過ごしていて欲しかった…
>>
王様が余計なことしなければ…
こっからディーノを眠らせたのはその身を案じたからではないかつて親子でありながら骨肉の死闘を演じたこの破壊魔獣の姿をこの子には二度と見せたくなかったからだ!で竜魔人になる流れが最高
竜魔人を目指して作られたはずの超魔生物なのに全く歯が立たないのも最高
>>
レベルや戦闘経験から言えばバランの方があの時は強かったろうしな
情け容赦ないし
>>
強さ的には実際そこまで開きがあるとは思えないんだけど
あのときのバランは人の心がある親として戦ってるのでまー強いこと強いこと
>>
人間の力が一番要らないかな…とか言って捨てたけど人の力は倍率補正みたいな恐ろしい修正がある
ハドラーごときが背伸びしても竜の騎士に勝てるわけないだろ死ね!とか言い放つ逆鱗バラン強すぎ
>>
逆にダイと戦った時の竜魔人はハドラー戦に比べるとデバフかかってるなあってなるよね
心のどっかでブレーキがかかってたんだろう
ドルオーラぶっばしてグワーハッハッハッとかしてたけど
>>
消し炭になりおったわガキが!!!
>>
竜の騎士は悲しい生き物過ぎる…
>>
竜魔人形態は人の心捨ててるとか自称してたしやっぱ人間の心がないやつはだめだな!すぎる
この後のダイを守ってバランの形に残った跡がな…
この辺一気にやられたら知ってても泣くと思う
>>
かつて息子にドルオーラぶっぱしようとした時と似た構図で息子かばってる…
王様はなんならロモス王並に甘々だったと思う
家臣の妬心を見抜けてりゃ良かったんだがまあ時勢もちょっとあれだったかな…
>>
ハドラーのおかげで魔物に対しての恐怖心ましましだった時期だしね
>>
ハドラーよ
間接的にお前のせいじゃない?
>>
バランのお辛い展開でハドラーの指が折られるの面白すぎるからやめろ
>>
ハハーッ!これでも一応世界を恐怖に陥れた魔王なので!
>>
ハドラーよ…お前カール王国侵攻した時にただの戦士に片手斬り落とされたんだけど…
>>
ハハーッ!
当時のカール騎士団団長はただの戦士ではないかと!
アルキード王国の対応はそんなおかしくないと思うよ
実の娘にあの言い方はないけど
>>
八つ当たりでアルキード王国は地図から消えた!したバランみたいなもんで頭冷えたら反省したんじゃねえかなあ
そういうのが嫌で王女の下に帰らなかった勇者がいましたね…
>>
最後の方の描写を見る限り責任取りたくねえ!も半分はあると思う
正直バーン様はバラン手に入れるためにアルキードの貴族連中裏で唆してたとしても不自然じゃない
>>
あいつを引き入れるのは苦労したぞ言ってるんだよな
ハドラーに嫌味言ってるだけかもしれんけど
>>
どうだろうな
人間思いっきり見下してるバーン様からすればバランを監視こそすれど態々裏工作する必要も感じないんじゃないかな
>>
見下してるからこそさっさと見限らせる為に裏から手を回しても不思議じゃないって事だよ
アルキード王最初はニコニコしてたのにあの豹変は流石におかしいから
ミストのシャドーあたりに取り憑かれて精神干渉されてたんじゃないかと今でも疑ってる
>>
相手が魔族だと思い込んでたから仕方ないんじゃないかなぁ
悪い大臣に焚きつけられて正気を失ってる晩年のアルキード王も哀れだな
>>
幸せ家族になれた可能性もあるから本当に哀れ
>>
バランがソアラと恋に落ちた辺りまでは普通に公認だからねあれ…