キン肉マンもそうなんだけど主人公がぶっちぎりで不幸だからレスバトルの説得力が強すぎる…
>>
ナルトは不幸な生い立ちだけどぶっちぎりでは無くね?
>>
一番悲惨なのは多分イタチ
ナルトとあんまり接点ないけど
>>
だから手のひら返しの里・卑の意志・見つけ次第殺るぞが必要だったのか
何もかもから逃げようとしやがって…が切れ味高すぎる
むしろ感情的じゃなく理論立てて怒ってるナルトは偉いよ…
>>
両親が死んだのはもちろんそこから第7班に入るまでのドン底の人生の原因オビトだしな…
>>
感情マックスで顔面パンチしても作中キャラも読者も納得する場面だよねコレ
>>
唯一感情パンチしたのが親父だけという良い子ぶりよ
>>
ここで感情的だったらノータイムで殺しててもおかしくないからな…
罪を償わせる前に螺旋手裏剣を叩き込むぐらいはしても良いよナルト
>>
自分が不幸なら何しても良いわけじゃないってばよ…
誰だって悲しみを隠して頑張ってるハズだ!
屁理屈こねて自分の都合でやってるだけじゃねーか!
わかるってばよしてるけど我愛羅ってナルトより悲惨すぎるよね
育ててくれた夜叉丸は愛してくれなかった(愛してた)で殺しにくるし目の前で死ぬし
>>
あのレベルまでいくとどっちがどうとかいう次元じゃねえどっちも!
>>
サスケ含めてそこは比べようもないからなあ
>>
あんまりすぎたので後年だいぶフォローが入った
ここで自分の不幸の話を持ち出さないあたりがナルトの人間的な成長を示してるな…
>>
この世界不幸とか悲しみが多すぎる…
やはりうちはレボリューションか…
みんなを敵に回してみんなのためって屁理屈捏ねやがってってまぁその通りだよね…
>>
マダラにもぶっ刺さる言葉だけどあっちはオビトと違って本気で無限月読が救いだと思ってるから響かなそう
>>
柱間とマダラすら最終的には争うしかなかったから何の柵もない世界は無限月読の中にしかねえ
火影になってる自分の想像を見られたのまじ恥ずかしい
この辺は後の火影になるだけの器を感じる
>>
卑劣様も兄者以上の火影になるかもしれん!みたいに言ってるしな
火影の自分想像が本当にキモいから困る
でも自分と似た可能性を見せつけられたらかつての夢を想像しちゃうのも無理ないよな…
>>
何かが掛け違えたらあそこまでいけそうな実力もあるのがね…
でもそういう面がこいつの魅力でもある
ナルトでも捻くれた時期はあったし結構後まで引き摺ってたけど
それがなかったキラービーのメンタルは相当凄い
>>
そんなことあったか?は聖人すぎる…
オビトおじさんに忍術習うってばよ!するナルトがいたかもしれないんだよな…
>>
ナルトから見たら立場的にガイ先生みたいなとこに収まりそうだし元落ちこぼれって点で気にかけてくれそうだからな…
オビトの大事な仲間が大事な仲間殺してるの見ちゃった…てのは悲しくもあるけど…もっと悲惨な奴普通に居るし捨てるには闇が浅いだろうって思う
>>
そこもきっかけの一つに過ぎないだろう
その後のカカシがあんなになってるのもあるし
ペイン編で憎しみを引っ込めて対話する経験があったおかげで口論めっちゃ強くなったよねナルト
>>
エ○仙人の教育のおかげという他ない
雷影様に復讐を止めたければお前が我慢しろ!と言われた
我慢した
>>
えらい