槍弧月ができるってことは薙刀孤月もできるってことだよな?
薙刀にする意味あるか?
>>
その辺の隊員が積極的に採用するメリットは薄いだろうけど、A級の改造オプションででも作れる状態にしておけばイコさんみたいな感じで薙刀の達人をスカウトしてきたときに役立つかもしれない
>>
薙刀使いの武士娘が出る。
>>
槍弧月ってトリオンの消費軽いらしいしもっと流行ってもよさそう
なんで米屋以外誰も使い手いないの
>> 間合い管理が大変そうだと思ってる
>>
まずトリオン消費が少ないアタッカーでトリオンケチろうとしてる時点でな…
>>
体から離さず消せばトリオン消費0のスコーピオンがあるから…
あと米屋はA級特権で柄の伸縮機能つけてるけど、B級C級じゃ短くできないのもキツいんじゃない?
>>
米屋スコピ使ってたからな…。
>>
柄の伸縮機能がA級特権なのはどこに書かれてたっけ?
見た覚えがない
>>
これだと思う
>>
なるほどありがとう
直接文言上でA級特権の改造とは書いてなかったのか
だから勘違いしたんだ
>>
短くなるのがA級特権のカスタムだとしたら、B級でも槍を使える可能性があるのか?
よく槍は刀の3倍強いって言われるけどトリオン体は痛覚ないし旋空でリーチの問題解決したりとそこまで槍の強みがないんだろな…
>>
トリオン体相手だと刺突が有効打になりにくいってのもありそう
米屋がチーフエンジニアの一人と作りましたって開発経緯回答されてるのと
他に誰も使ってないの見ると槍弧月は量産体制できてない感
>>
量産する程必要に迫ってないのかもしれない
現状使いたいって言ってるのがこいつくらいで、他は普通の孤月で満足してるんじゃないかな
米屋や木虎のトリオン量って木虎は平均っていうけど、普通にしたから数えて何番目って世界だよね
>>
「平気」じゃなく「平均の範囲内」だからそこはな
とはいえボーダー内戦闘員のトリオン量は最頻値が6、そこから7、5、8、9、ときてやっと4だから少ないのは少ないんだろうけど
多分この平均ってのは文字通りの数値的な平均じゃなく、平均的な戦闘員としての行動をするに足りるだけの量、って意味なんじゃないかと思う
それかオペレーターとかのトリオンのデータとかも考慮に入れると、一般人含めた平均は4くらいってことなのかもしれない
>>
あー4~6が平均なら平均の範囲内だもんな…
ちなみにこれが現在わかってるトリオン量とその人数を雑にグラフにしたやつ(除トリモン)
某wikiから引っ張ってきたデータそのまま処理して突っ込んだだけだが
縦軸が人数、横軸がトリオン量で平均値は6.44

あと>>の最初のカッコは「平均」の誤字です
平の字が一緒だから気づかなかった罠
>>
とはいえわかってるのって基本ランク戦でるようなB級、つまるところ上澄みだから、実際はやっぱり5~4は平均か