4:名無しのあにまんch 2021/08/27(金) 18:35:56
>>
でも勃起の精神が脈々と受け継がれていく流れは好きだよ…
悪い奴かと言うと何とも言えない人な気がする
>>
少なくとも罪のない一般人を傷つけたりはしない人
>>
山の掟と人の掟を秤にかけて山の掟に従っちゃったからね…お巡りさんも見逃しちゃいけないし…
>>
まあ人間だから一応逮捕される時も抵抗しなかったしね
逃げれる時にはしっかり逃げたけど
湯たんぽにしかならん
>>
犬ぞりチームのアルファになれるくらい優秀だったよ…
>>
シタラ戦で役に立たないってだけで二瓶本人もめちゃくちゃ信頼してたし…
>>
レタラだよ!?
ゴールデンカムイの変態はヴィンランドサガの世界観の方が生きやすそうな奴らがいて困る
>>
>ちなみに二瓶がマタギとなる儀式を受ける側です。
どうして…
>>
二瓶は優秀なヒグマ猟師ではあるけど基本的な猟師のスキルは谷垣の方が上だし東北マタギではないからな
>阿仁地方では戦前まで“クライドリ”と言われる秘義があった。
>熊を獲った夜は、マタギは小屋で円座を作り、若いマタギに男根を出させ、燃えている薪に麻ひもをぶら下げ男根を左右にぶらぶら振る。
>本人は熱くて苦しいが、ころ合いを見てマタギ頭が音頭をとり全員で口に手を当て「ほほほほほ・・・」と笑う。そうすれば山の神が大喜びするするとか。
>それがクライド秘義のあらましで、若いマタギの元服式でもあったそうだ。

なんだこれ
>>
ほんとになんだこれ…
オオカミの領域に入って引っ張られるのに抵抗するリュウ可愛い
こいつと白石と海賊が同じ牢屋でじゃれてるの好き
>>
銃持って山に入ってない時の二瓶はただのおっさんだし
夢を語ってる時の海賊はただのイケメンだし
シライシはいつでもシライシだからな…
明夫の勃起!!!が楽しそうでいい
>>
インタビューいいよね
こいつ無期になったの弁護士が無能すぎる
実刑5年くらいでいいだろ…
>>
正当防衛で2人までならまだいけたけど
警察に捕まって無力化されてるところをやるのはそりゃ弁護しても無理だよ
>>
目の前で警察捕まえたのを制止無視して殺害はヤバいし
その後二人の死体も見つかったから仕方ないんじゃないかな…
木の棒で無法者を殴り殺していくスタイルいいよね
いつの間にか二つ名無くなった
土方白石牛山二瓶と死刑囚ってもなんか理由のあるその道を極めたプロたちと戦うんだな…って俺が思ってた頃
>>
詐欺のプロ!
獣姦のプロ!
殴り合いのプロ!
砂金集めのプロ!
>>
待てや!
心臓焼いちゃいました
ぼっこで殺害できるんだから
牛山までじゃないけど二瓶もかなりの強者だよね
>>
杉元と近距離でやり合えるからな
トニと同じくらい強そう
リュウがずっとかわいい
>>
いい結末を迎えたよこの漫画としては本当に
>>
けどレタラにビビってたリュウが弐瓶やられた瞬間吠えるの滅茶苦茶かっこいいよね
忠犬だよ本当に
>>
雌ならば犯してしまえ!ってけしかけるぐらいだから本当に勇敢なんだろう
狼は上位種みたいなもんだから相手が悪かった
食べた事ある人いるんかなと思ったら居たわ
当然のようにざざむしの人と繋がってる人だった
>>
漫画だとゲテモノっぽかったけど普通に旨そうだ
>>
言っちゃえばハツだからな…
うまそう
まさか勃起の息子がいたって掘り下げが後から来るとは思わんかった
>>
二瓶が谷垣に優しかった理由が明かされるのいいよね
谷垣が尾形と戦う際に村田銃手にして
二瓶の教え思い出して「一発で仕留められなかったことを後悔させてやる」のシーンは本当にかっこいい
>>
一撃必殺の精神はどこでもみんな持ってるしその度に弐瓶がチラつくのがいい…
ニヘイゴハン血の味がするしか言ってないんだけど
>>
二瓶にグルメレポートは期待してはダメだったんだ
杉元のレポがうますぎるんだ
>>
たっぷりの根菜が嬉しい
>>
豚汁とか食うときにこのセリフ思い出してしまう
血のソーセージは食べてみたい
>>
完全に同じものではないけど売ってはいる
>>
ブラッドソーセージは食べたことあるけど熊の血のはないなあ