柱間は?
なんなら九尾との戦いはすぐ終わりその後マダラと何日もずっと戦ってたからな…
>>
これってマダラもなんかの足しにはなるかなぁ程度で九尾には大して期待してなかったんじゃ…
>>
尾獣の力自体はかなり強大だと評価してるしそんなことない
使い捨てのマップ兵器みたいな扱いしただけで
>>
仙法からの真数千手使わせた時点で十二分過ぎるのでは?
ていうか木遁そのものに尾獣特攻があるのなんで?
>>
神樹っぽいから?
>>
なんでただの忍者が神樹に似た力使えるんだ…
>>
アシュラの転生者特典で木遁習得したのと仙術への適正の異常な高さによるものなんじゃない…?
九尾…お前は余りにも危険すぎる…!
>>
九喇嘛からしたらあまりにも理不尽極まりない
本人からしたらなんてことなくてもちゃんと弱者目線で物を言えるのは地味に凄いと思うよ…
カブトムシ捕まえることをやりあうとは言わないだろ
>>
そうして捕まえたのが七尾
柱間も柱間細胞なければ雑魚だろ
>>
柱間細胞抜き柱間ならだいぶ弱そうだよな
>>
全身柱間細胞とか柱間細胞の強さに依存しすぎだよな
>>
柱間細胞のない柱間ってなに!?
>>
…怨念?
六道仙人!柱間細胞とは一体…?
>>
知らん…なにそれ…怖…
何か後世で治療に使われてるイメージ多いけど
具体的にはオートヒール以外にどういう効果が?
>>
チャクラ量が底上げされる
>>
綱手が初代の体質再現で百豪の術関連を開発してるらしいので常時綱手のパワー+創造再生のリジェネしてる
>>
いや100号自体は大昔からあるぞ
ボルトで大筒木関連なんじゃないかって話が出てる
>>
たしかに自分でチャクラコントロールして溜めるのと外部からチャクラを圧縮した楔を打ち込むって過程が少し違うだけでやってることそこまで変わらない気がするな…
そもそも九尾なんてマダラが一睨みしただけで洗脳できる雑魚だし
>>
守鶴のレス
扉間も化け物だったらある程度納得できるけど
扉間は細胞自体は普通っぽいからな…兄者何で出来てんの…
>>
聞いて驚くなよ
柱間細胞の塊で出来てる
>>
人間じゃないな…
柱間細胞とは移植すると膨大なチャクラを手に入れついでに木遁が使えるようになり移植量によっては飲まず食わずで生活することもでき10年単位でチャージが必要な術を数時間単位でリキャストすることができ他にも義手作ったりなんか爆発したり拒絶反応で体から木生えたり死んだりするだけのアシュラの転生者とか千手一族とか特に関係ない個人の細胞だよ
>>
世界のバグすぎる…
>千手一族とか特に関係ない
木遁はアシュラの陽遁が千手一族の水遁土遁に加わったことで発現したものだから無関係じゃないよ
関係ないのは移植すると顔が浮かんだりするほう
木遁が使えることと柱間細胞であることは厳密にはあんま関係ない
全身柱間細胞のバケモンが木遁使えたってだけで
>>
ヤマトの木遁って大蛇丸が柱間細胞を研究して成功した唯一の実験体とかじゃないっけ
>>
柱間細胞に木遁がついてくるのは確かだが
木遁はあくまで陽土水の血継淘汰であって
木遁に莫大なチャクラとか謎の再生能力とかそういうのがついてくるわけではない
という話
>>
そんな…それじゃまるで柱間が人の姿した化け物みたいじゃないですか…
こいつ0.8柱間くらいあるだろ
>>
マダラ越えてんじゃねぇか
柱間って多分飲み食い普通にしてると思うけど
細胞移植したら不要になるってやっぱ何か世界の理破壊してるよこれ…
>>
柱間自体飲み食いしなくても一年以上は生きていけそうだけどそれはそれで食を楽しむ的な感じで飲み食いしてそう
柱間も雷遁+体術だけで尾獣倒せって言われたらたぶん無理だよ
この雷影は雷遁で肉体強化したら素手で尾獣の尾ひきちぎれるからそれ言ってんだろう
風遁螺旋手裏剣も別に効かない
>>
柱間の体術は八門ガイの次点に来るし木遁縛っても水遁or土遁+体術で行ける気がする…
もう柱間って種族だろ
>>
1人だけしか該当しねえ!
>>
父母や兄弟や子供にも類するものがいないやつを種族という?
柱間とやりあうことが出来たのが尾獣だからな…
主語が逆になる
>>
やりあえてるかな…
兄者の細胞キモいぞ
>>
扉間よ…そういう言い方はよさぬか…
>>
失礼な
腕も生えてくるぞ
もう当たり前のように使われてるから麻痺するけど
冷静に考えると柱間細胞って名称がもう面白すぎる
>>
けれどそうとしか言いようがないよね
そういう個人的細胞に対するヘイトスピーチはやめんか!
>>
細胞はキモい扱いされてるけど
その集合体はそんなにキモがられてないから兄者は安心して欲しい