見やすいか見にくいか
目で追っていって疲れないのは自然で上手いってことやと思う

出典:遊戯王 高橋和希 集英社

>>
真っ先にこれが浮かんだ
>>
こんなん漫画の教科書的に教えれるもんちゃうやろ
>>
これってどう読むのが正解なの?

しょうらいだん!

! 相手のターンでも攻撃を仕掛けてくるモンスター!

モンスターではない!

ガガガ

く……

でええんか?
>>
せや
複雑なコマ割りなのに目線の移動がスムーズに行くのが凄いと思う
目線の動きがそのまま技の軌道なのも好き
キャプ翼見れば分かる
これよ

出典:キャプテン翼 高橋陽一 集英社

>>
やっぱこれよ
>>
初代はほんま天才やった
>>
らんまの前半辺りは惚れ惚れするわ
ワイの目線が作家の意のままに操られているのだが?

出典:らんま1/2 高橋留美子 小学館

>>
すき
>>
気をためつつのコマで目線もセリフ読むため右に行くんやな
ほんま細かい工夫や
>>
見れば見るほどええなこれ
フォントの角度なんかもむっちゃ練られてるし教科書やん
久米田のキャラぶち抜きすこ
>>
ワイもすこ 声優と結婚した弟子もブチ抜き引き継いでるからさらにすこ
40年前にこんなコマ割りするとか神様か?
>>
漫画の神様定期
>>
これ時計の針っぽいからより時間経過を感じるんやろか
>>
そもそも今の漫画みたいな細かいコマ割り開発したのも手塚やからな
>>
ページ数少ないのに笑ったり泣いたりさせられるから凄いわ
一枚の絵わざわざ割るのはどういう意図なんや

出典:幽遊白書 冨樫義博 集英社

>>
間が出来るよね
それがどういう意味があるのはワイには分からん
>>
一瞬の静寂の後の叫びであることが伝わるやろ
>>
そのまま叫んだんじゃなくて、一瞬絶句してから叫んだところにリアリティとライブ感を感じる
>>,150
なるほど確かに
チェンソーマンは良くも悪くも映画的な気がする
意味わからんカット入れたりするし
これほんまに天才

出典:ハイキュー!! 古舘春一 集英社

>>
こういうコマ割りを字でやるのもええな
チェンソーも似たような事やってたか
>>
ネコマ戦って演出神がかってたよな
縦コマの使い方はゴールデンカムイがうまいな
>>
コマ割りってかアクションが上手いわ
一つの動きに対してどのポーズで止めてどういうアングルで描くとかっこよくわかりやすくなるかってのがめっちゃ上手い
ゴールデンカムイの前のアイスホッケー漫画とか凄かった
イラストレーターがたまに漫画描いてるの読むと心底ヘタクソだなって思う
>>
逆に漫画家がソシャゲなんかで書くと浮くんよな
やっぱ求められる技術が違うんやろね
怪獣8号が連載され出したあたりで最近はウェブ漫画が主流になってるから1ページごとに読むこと考えて見開きとかも工夫されてるみたいな記事があったな
>>
土田世紀なんかもケータイ漫画用に見開きやなく縦読み用に作ったりしてたみたい
>>
ウェブ漫画は大ゴマドン!でとにかく情報量を少なくするのが大切みたいやね
漫画を読ませるというよりも見せるのが肝心みたいやわ