マダラって直系の子孫っぽいオビトになんの関心もなさげですごい
マダラは妻子いなかったぽいし直系の子孫はいないんじゃないかな
>>
オレのご先祖って言い方だし直系の子孫と取れる
髪伸ばしたオビトのビジュアルマダラに似せてるし
>>
その時点ではどっちとも取れるようにした感じ
特に回収しなかったし最終的にはそこまで近い血縁じゃ無さそう
子供作ってるマダラなんて想像できるか?兄者
>>
うちはの女にヘコヘコしてるところ想像すると愉快ぞ
>>
柱間はこういうこという
たまに見るけどオビトがマダラの直系の子孫なんて設定合った?
>>
オビトが俺の先祖って言ってるくらいかなあ
どうとでも取れる言葉だけど
サスケがイズナに似てるとか話も有ったけど効果無かったよ
>>
マダラはちょくちょくサスケを褒めてるから多少は思う所ありそう
情はないけど
当代のうちはにはマジでなんの感情もないよねマダラって
>>
オビトと一緒で無限月読完成すれば全員幸せになるから別にいいだろな精神なんだろ
>>
最後までついてきてくれた人誰一人おらんし
そいつらの子孫だからな
これはどっちだろうな…
髪質かなりマダラに近いんだよなオビト
いつの時代の話だよっていうほど時代が離れてないのが混乱ポイントだと思う
里の歴史が浅すぎる
>>
人間の平均寿命がね…
イズナと同じ誕生日らしいな
>>
オビトがね
孫の顔を見れたら奇跡みたいなレベルか…
>>
実際柱間がかなり重い言葉としてまだ見ぬ孫の顔って使ってたね
単に昔のうちは一族だからご先祖って言っただけだと思う
>>
でもひいじいちゃんくらいの昔だぜ?
>>
ババアの綱手の祖父が柱間だからざっくり100年くらい前?
平均年齢は○幼児死亡率が高いとガクッと下がるので成人後にそれくらいの歳で死んでたとかそういう訳ではない
まぁあの世界の忍びは成人後もバタバタ死んでただろうが…というか百年ちょっとで三度も忍界大戦やってんじゃねえよ!
>>
誰も彼もが殺し合ってて当然の時代からすれば
大戦なんて形で短期にまとまってるだけでもうだいぶ平和
>>
綱手が医療改革するまでは任務中の死亡率がすごかったという設定なので…
アニメの資料だけどマダラ似だと思う
子マダラもオビトっぽさなくはない表情とか
柱間の子供とか木ノ葉丸の親とか存在するはずのキャラが設定すらほとんどないマンガだから
マダラの妻子が作中で描かれてないからいないとも言い切れない
>>
言い切れないってかまあ普通にあるぐらいだと思うぞ
柱間の妻だってクシナの回想で出るだけで柱間本人の口から何も語られてないし
まるで大昔かのように初代と二代目のこと話されるからマジで混乱する
>>
神話的な戦闘規模も含めて感覚的には数百年は昔の出来事みたいに感じる
>>
まあ世界大戦の撃墜王を語ってる感覚って考えたら現代でも70年前は大昔かもしれない
>>
まあよくよく考えたら三代目のすぐ前の火影なんだからそりゃあ40年以上前くらいの話になる
それなりに情があるの弟と柱間くらいでそれ以外は女子供にもまったく容赦ないよねマダラ
>>
サスケに対して温情はあったけど戦場で生きて死んだ人だからその辺の考えがだいぶシビアだよね
>>
流石にそれは相手が忍者だからで誰にでもああではないとは思うけどね
だからこそ綱手を可愛がれるということに浮かれまくったんだろうな
そして博打を教える
>>
できたよ伝説のカモ!
令和から戦国時代くらいの感覚と思ってたけど普通に近代だな…忍界大戦…
>>
まあ世界大戦がモチーフならそりゃ近代だった
>>
なんなら四代目の時代まで柱間の妻は生き残ってたからな
まあ実はオビトはマダラのひ孫だから一族からも邪険にされてたという裏設定があっても驚かない
>>
それはそれでむしろ納得しかない
オビトに関心がないではなく柱間以外に関心を示さなくなってるというのが正しいと思う
全員無限月読で救う対象かつ無限月読のためなら消費されて良い駒
暁の財布おじさんが長生きにびびられてるもんな…
柱間のヤバさを語るだけで金儲け出来そうなのに
マダラの言い方的に他のうちはじゃなくてオビトを選んでアジトに引き込んでるから
何かしら琴線に触れる部分はあっただろうし可能性はあると思う
>>
愛情深い優しいやつほど強くなるからなうちはは
戦いの才能とは別に
>>
あんだけ仲間思いなら仲間死ぬとこ見たら万華鏡開眼すっかなーぐらいの気持ちじゃねーかな
半身ゼツだから裏切られても縛りやすいし実際縛ったし
尾獣抑止論とかあるしちょっと意識してモチーフにあるんかね
>>
それは岸影様が明確に尾獣は核兵器をイメージしたって言ってたような