>>
何か良く勘違いされてるけど、累はその幼さ故の残虐さや執着心をかわれたのであって
別に病人だから贔屓してたわけではないよ
寧ろ他者に気を使いまくってた恋雪は強い鬼になれそうにない
(彼女が生きたいと思ったのは狛治の献身のおかげなので)
>>
病人への慈悲があるなら、騙されて珠世があんな目にあってないからな…
>>
恋雪さんが鬼になるとしたら、狛治さんと親父さんが剣術道場の跡取り息子に毒殺されて途方に暮れていた所に黒死牟あたりが「復讐を……望むか……然らば……あのお方の血を受け入れよ……」とか言って勧誘してそう
>>
兄上に鬼にしてもらって復讐を果たせたけど同時に剣士の兄上に嫌悪の感情が芽生えてそうな
無惨は病弱な子に同情的だもんな
狛治はどうするんだろ
多分殺せないよな
>>
殺すつもりはなくても抵抗した結果朝が来て
目の前で消えるとかどうかな
>>
多分このifだと狛治も毒で死んでるパターンだと思う
猗窩座のピンク髪は恋雪由来だから
鬼化恋雪の髪は狛治由来では白磁色になる
毒で全員死にかけのところに無惨が来て血をもらうんだけど一人分しかもらえなかったんだよね…師匠と狛治は小雪ちゃんを生かすために血を飲ませる…うーんひどい展開だ。
>>
それで鬼になったら本能的に元凶の剣術道場襲って全員喰い殺すんだろうな
童磨に煽られまくる恋雪ちゃんかあ絵面が酷い
>>
童磨を裏拳で殴り飛ばす恋雪ちゃんは見てみたい
人間のころに身体能力が低かった鬼ほど複雑な血鬼術に目覚める傾向ありそうだから滅茶苦茶厄介な鬼になりそう
>>
水分を毒に変える血鬼術とか使い始めたら辛すぎるからやめて
>>
人をぜんそくとか病気にする血鬼術使いそう
まんま猗窩座の女版みたいな感じになりそう
>>
どころか外見もまんま猗窩座だけど本来の姿は鬼化恋雪(自分を守ってくれる人=狛治だったのでその思いから狛治の姿に変化した)っていう発想が浮かんだ俺は腹を切るので誰か介錯してください………
仮にこの子鬼になっても上弦まで行けるんだろうか
>>
愚かな人間に愛する人も大好きな父親も奪われたみたいな記憶だけ残して鬼化してたら率先して人間喰いそうだから多分力的な面では行けるんじゃないかな………
あとは鬼化への資質と使う血鬼術にもよる
>>
自分が弱いせいで大切な人たちを失ったっていう生前の記憶から強さに枯渇してひたすら人を食いまくってそう
無惨からもその辺を気に入られてそう
剣術道場の人間に父親と未来の旦那を殺されたから刀を使う鬼殺隊は憎悪してるんだろうな
>>
刀を見るといつもの落ち着き払った態度が嘘みたいに声を荒げて血鬼術も使わず力技で刀をへし折りにかかる鬼雪ちゃん

この子と一番当たってほしくない柱はしのぶさんだな。救いがなさすぎる
>>
刀と毒とか地雷すぎる
鬼になった恋雪ちゃんの名前は、『守宮姫(いもりひめ)』とかどうだろうか

守宮(いもり)とは、井戸を守るイモリ、または家を守るヤモリの怪異。戦死した武士の霊とも言われてる。もう誰も居なくなった荒れ果てた古城を守る小人
井戸に毒を入れられ、もう誰も帰ってこない家で帰りをまつIF恋雪にはふさわしいかと
>>
人の心とかないんか?
>>
原作の猗窩座時点で、去勢犬ネームで役立たずの狛犬とか公式が言い捨てたから多少はね?
鬼雪の過去回想のサブタイはどうなるんだろうか
>>
瓦落多(がらくた)の雪人形とか?
>>
井戸底の打ち上げ花火とか?