名門ハーバード大学の白人生徒の43%が“特別枠”で入学していた

ハーバード大学は「そんなに賢い生徒ばかりの大学ではない」。英紙「ガーディアン」は11月17日、そんなオピニオン記事を掲載した。

理由は、「ハーバード大学に在籍する白人生徒の、じつに43%が『特別枠』で入学しているから」だ。

この「特別枠」を使った入学方法は大きく4つある。

大学側からスカウトされた「アスリートの枠」、近親者に卒業生がいる「レガシー枠」、学部長の「推薦リスト枠」(主に親がお金持ちか有名人、またはその両方である場合で、多大な寄付金を贈与した人に与えられる枠)、そして、大学に在籍する「教職員の子供枠」だ。

要するに、日本で言うところの「コネ」や「裏口」入学だが、アメリカでは、特に違法行為としては認識されていない。ただ、“別の方法を使って入学したまで”である。

この枠で入学した生徒を人種別でみると、圧倒的に多いのが白人。対照的にアフリカ系、アジア系、ヒスパニック系の非白人は16%未満となっている。

もちろん、特別枠の学生のなかにも、“表門”から入ろうと思えば入れたであろう優秀な生徒がいないわけではないようだ。だが、75%は表門からの入学は無理だっただろうと同紙は指摘する。

特別枠の存在が当たり前になっているアメリカでは、もはや大学入試における「表門」の定義が曖昧になっている。

だが、仮に、大学進学のための学力試験「SAT」や「ACT」といった標準テストの得点や、課外活動での功績など、本人が持つ知性や学力で入学するのが「表門」だとすれば、ハーバード大学の全校生徒のうち、少なくても3分の1が、「突出した運動能力、もしくは親の力がなければ表門からは入学できなかった学生」である。

このことから、「ハーバード大学はそんなに賢い生徒ばかりの大学ではない」と述べているのだ。

なぜか消えてるからアーカイブで

AO入試みたいなもんやろ

>>
全然違う

金でほっぺぶん殴れば入れるンだわ

どっかの大学で優秀だと触れ込みの特待生が
9割合格した試験に落ちて卒業生と大学に泥を塗った事件があったみたいだな

卒業しんどいらしいし入り口は多少ガバガバでもええやろ

>>
上位大学は日本の大学と留年率変わらんで
アメリカの大学が卒業難しい言われてるのは単に下位大の学生が馬鹿すぎるからや

アメリカは会社もコネ入社なんやろ?

>>
せやな
推薦状ないとスタートラインにすら立てない所も多い

別にええやん
日本の大学みたいに国の補助金無いと経営成り立たんん訳でもないし
寄付金で経営しとるんやから当たり前ちゃう

>>
あとアメリカの大学って学費くっそ高かったな

>>
レガシー枠がある大学とない大学で寄付金の額は特に変わらない

要するに金持ちから絞った金を少数の天才に注ぎ込めるから凄いんか?

>>
その天才も世界中から集まってくるから
少数じゃないんや

こういうのって卒業出来ないんじゃないの?

>>
せやからアメリカの大学は卒業が難しいって言われるんやで
そもそも入学時点で頭良くないんやから当たり前よな

>>
ほんとはペーパーテストマスターを採用するより誰でもウェルカムで
授業で振り落とすほうがいいに決まってるからなだからアメリカは強い

>>
バカでもええから金払える奴だけ来い
ついてこれないバカは勝手に落第しろ

この方式の合理性よ

金持ちと天才が友達になる環境を提供してるとか昔から言われてたやん

>>
金主と才能が揃ってるんだから
起業しまくる環境なんだな

レガシー枠とかいう謎

>>
日本にも一部には一芸枠みたいなもんあるから
それの酷い版だと思えば…w