タイヤがスベスベマンジュウガニとコサックダンスを踊っていると、何やらおぞましいものを目撃した。
「ひいいぃっ!」
それは、全長五メートルはあろうかという巨大な蟹だった。
その鋏には、人間の生首が挟まれているではないか! しかも、見覚えがある。あれはボーボボと首領パッチだ。
「なんだこりゃ…………」
思わず鼻で笑った瞬間、蟹の鋏から放たれた一撃が天の助を直撃した。
「ぎゃあああっ!?」
「…………ちっ、外しちゃったわね」
舌打ちする声に振り向くと、魚雷ガールが立っていた。
「魚雷さん?」
「どうも、アフロ一家です」
魚雷ガールの背後には、アフロマスクをつけた三人の男がいた。
「えー私がアフロ一家の家長のボボ吉です」
「私は長男のガジラです」
「次男のガチ五郎です」
「そして長女の魚雷ガールよ」
「あの、なんでアフロマスクつけてんの? てか、あんたら誰?」
「そんなことより、あなた達」
魚雷ガールは天の助を殴って言った。
AIでもボーボボの勢いまでは真似できんようだな…
>>
まるで人間だったら再現できるみたいな言い方しないでくれる?
> タイヤがスベスベマンジュウガニとコサックダンスを踊っていると、何やらおぞましいものを目撃した。
一行目からわけがわからない
>>
あのサイトは最初の文を作者が書かないといけないはず…
>>
人間がイカれてるオチやめろ
>>
コサック真拳使いのスベスベマンジュウガニ……食用ではないから恐らく野菜連合には劣るものの隊長格レベルの力はあるだろうな
>>
私が書いたのはタイヤがスベスベマンジュウガニとコサックダンスを踊っているまでです
>>
どっちにしろおかしいと思う
>>
ビュティ「なんて!?」
>>
序文が1番理解できねーよ
>>
やっぱお前が一番おかしいじゃねぇかw
AI如きが人類に勝てると思うなよ
>>
澤井先生の正体が高性能AIで絶望する展開やめろ
いやでも…最終的に毛刈り隊との戦いにちゃんと原作通りに持ち込んでるのは評価できる点では?
>>
アフロ一家のザリガニが急に毛狩り隊になってる…