前回記事:
※内容は前回までとほぼ同じなので見なくても大丈夫です
おいたわし屋兄上
鬼の王が手も足も出なかった剣士の兄
そいや兄上の刀って日輪刀?
>>
再生するし多分違う
兄上の肉体の一部を硬化してる
>>
じゃぁ鬼を殺す事は流石に出来ないのか
>>
刀ではムリだが鬼の場合は鬼を喰い殺せる
>>
鬼同士では殺せないって言ってただろ
>>
選別の山に閉じ込められた鬼って共食いしてなかったっけ?
>>
共食いしても互いに死ぬことなくて余計に苦しいだけという設定
>>
なるほど勘違いしてたわ
昔は日輪刀だったね
>>
日が無理だから月とかコンプレックスこじらせすぎて泣けてくる
鬼の才能も炭治郎以下という
>>
それは無惨も含めてすべての鬼がそうだから
>>
>>
泣くなよ兄上…
>>
縁壱死んだ後は日本一じゃないの?
>>
もう侍じゃなくて鬼だから…
>>
肉体的には超強くなっただろうけど
同時に実戦で鎬を削るような相手もいなくなったので
兄上は剣士としての成長を捨てちゃってるんだよな
>>
無惨様にしてはピンポイントなタイミングで勧誘したので
>>
知ってたから鬼パワーで上回ろうとしたまあ結果そんな程度で埋められる差じゃなかったのがわかっただけだったけど
でも無惨の勧誘拒否してても
私の人生は何だったのだって言ってそうだよね
>>
勧誘拒否したらそのまま無惨に殺されるだけでは
つか鬼は可哀そうだという過去話は多いけどやってることは屑だらけだからなあ
>>
ちゃんと殺してから悲しい過去をやるのはいい塩梅だよな
兄上の刀のおもちゃでたら買っちゃいそうほしい
>>
刀の柄にあるボタンを押すとSEと共に刀身が増えて目玉がギョロギョロ動いたり全身から刃が生える兄上刀
>>
縁壱の刀と揃えて此方も抜かねば…お労しや…があちこちで声付き再現されそう
>>
※食べられません
目が6つになるのは許容出来ても蟹になるのは嫌だった
>>
ちょっと悩んだだけで倒されなければ生き恥続けられた
>>
許容したら無惨レベルまで強くなれたのかな
>>
ただでさえ今の姿も醜いと思ってるし弟のありのままの強さみたら尚更だよな…
初顔出し回の扉絵が縁壱の背中
>>
その後ろのページで重なる兄上って絵面凄い好き
撃破後の回想回の最初がこれ
>>
寵愛も何も肝心の弟は「望んだものは何一つ手に入らなかった生涯」だったしなぁっていう
兄上と善逸の兄弟子が一番共感した鬼滅キャラだった
>>
強い奴には媚を売ってでも生き残って力得るところか
救いようのない悪人だけどこのシーンがあるから嫌いにはならない
>>
数百年残る笛と着物すごい
今までの鬼の着物は鬼が作った身体の一部だったのかな
ここすき
まあ無惨が縁壱相手に戦おうとしたのも兄上が想定内の強さだったからだよね
>>
縁壱除けば兄上が呼吸使いでも最強格だからこんなもんかって思うのも仕方ない
縁壱が例外すぎる…
>>
一瞬でサブ脳と心臓全部と首切られて永続デバフ&スリップかかるとは思わんわな
縁壱の優しさは母親と兄が与えた物なんだとに教えられてなるほど…って感心した
才能知るまでは痣出るまで殴られても部屋に通い続ける兄の鏡のような人間性だったし
兄上は一回嫉妬の狂気から脱出したのは大分偉いと思う
まぁ弟が追いかけてきて再点火したんだけど
>>
追いかけてきたのは兄上では?
>>
やっぱり鬼にモシャモシャされてたのが世の為人の為自分の為だったな
命を救って貰って追いかけてきたとか気違いにも程がある
弟に首を取られて負けた方が遥かにましだっただろうな
あんな勝ち方で喜ぶの無惨様くらいだろ
>>
兄上が生き恥晒し続けたのは縁壱以外には殺されたくないっていう歪んた想いがあるからだろうしな
>>
だがしかし縁壱になりたかったのも縁壱=日本一の侍からの同一視した事によって起きた認知の歪みであり
兄上の根源が日本一の侍だからこそ例え縁壱以外に首を切られても侍らしく負けを認めるしかないのである
おいたわしや兄上……
だいたいこう
もう数百年生き恥続けられたら無惨様に近づけただろう
>>
無惨様は部下が一定より自分に近い実力になったら反逆を恐れて殺しそう
兄上は刀を振るう従来の侍の戦い方じゃなくて
全身から刃出してノーモーションでエフェクト飛ばし続ければ日本一の侍になるよ
>>
そのあと我に返って崩壊しそう
余裕ぶってたのに全方位に斬撃出すとか最高に生き恥
>>
縦スクロールシューティングゲームで連コしてボム連発で倒しにかかったみたいだった
ワニは兄上の表情を内面で表してるの凄いと思う
自分の子孫殺すって何考えてんのこいつ
>>
だからこそ両親にも妻子にも弟にも見放され一人で地獄の業火に焼かれる
>>
人間の時に妻子捨てたんだし妻子捨てるのも殺すのも多少違うけど同じ
>>
一応生かしてはあげようとしてたな
弟が倒せなかった無惨倒せばワンチャンなのに生き恥
>>
痣のせいで余命幾ばくもない→無惨様に鬼になれば永遠に鍛え続けられる→鬼になる→縁壱が無惨様と対峙
って流れだから無理
>>
優しい人だっただぞ
>>
なんだかんだいいつつ弟大好きマンなので…
まあそれ故の悲劇と末路ともいえるんだが
初見の強キャラオーラがやばすぎた
>>
まあ強キャラには違いないんだ
生き恥なだけで
全部知った上でここ見るとクソ面白い
>>
兄上怒ってたのアカザに対してじゃなくてドウマに対してだよねこれ
>>
あとから入った者がひょいと気軽に飛び級進化・・・
>>
兄上って猗窩座のことは好きそう
>>
実際死んだ時に残念そうだったしね
>>
格上にも折れず向上心があって良い
でもいざ抜かれたら発狂するんだろうなってことは解る
>>
「申し込んだところで継国は縁壱に勝てまいが」
「縁壱に至っては継国よりも後に剣を握り早く上達したのだから内心穏やかではあるまい」
>>
やめろ…
>>
鬼かな?
>>
鬼だった
>>
そう考えると兄上よくここで童磨斬らずに我慢したもんだ
これくらい素直に縁壱に本心が言えたらここまで拗らせなかったのだろうか
>>
仮にそれ言われても縁壱は全面肯定するだけでは
そしてよけいモヤモヤする兄上
>>
>>>
長男に言ってどうする!
弟に比べて凡人だったばかりに
>>
縁壱と比べたら岩でさえ霞んでしまうぞ
兄上の生き恥ポイントは解らない
不死川兄弟でも見て勝手に死んでくれても良かった
>>
才能がない弟…才能溢れる兄…
>>
やっぱワニの対戦カード的確すぎるな…
阿含くらい縁壱が傲慢で驕るタイプだったらまだ良かったのに
>>
雲水くらい兄上が自制してたら縁壱とか可愛いもんじゃないですかね
でもさ
死ぬよね無惨様と対峙してしまった以上鬼にならなかったら
>>
そもそ縁壱と再会せず死ぬべきだったんだよ
>>
死んでも良かったのだ
昔は双子って後から生まれた方が兄姉になるんだよな
兄上が弟だったら兄弟うまく行ってたんだろうかね
>>
というか家の方針一つでどうとでも
戦国時代なんだから剣の腕だけで決める方が極少数じゃね
>>
長尾景虎とか末弟だけど強いからと後継ぎに推されてめっちゃ揉めたしな
長男と出会ったらまたトラウマ刺激されまくって号泣するぞ兄上
>>
またレスバで負けてしまう…
兄上声だけなら遊郭編で聴けるよね?
>>
最後に聞けるかその次のシリーズの最初だな
>>
最終回でパワハラ会議があるかないかかな
兄上には凄い共感するがではどうすれば良かったのかと言われると生まれてすら来ないでくれとしか言いようがない
縁壱への言葉は心のどこかで自分への刃だったんじゃないだろうか
>>
兄上が自分で気持ちに折り合いつけれてたら一番よかったとかな
自分以外のものになれないこととか
兄としての矜持と縁壱の才能とが見事にバッティングしてるから
跡継ぎがどちらだろうと縁壱の兄として生まれたことがもう悲劇なんだ
>>
才能より、母離れができない弟と思ってたら母親の身体気遣って助けてたところに鼻血をだすくらい嫉妬してから興味深いよ
下にみてたにに人として格上じゃみたいに
まあよく考えると始まりの剣士の末裔が貧乏山暮らししてるなんておかしくね?とはなるしな
煉獄家とか代々鬼殺隊な訳だし
>>
それが裏切り者なら黒刀が禁止扱いになるのも一族絶縁されるのもわかる
そうしたら桜も切られるだろうけど
>>
裏切り者扱いというよりは単に縁壱がいなくなったのと日の呼吸を知る者が皆殺しにされたせいで
黒い刀の適性を知る人がいなくなって失伝しただけな気がする
>>
だから桜の名前は巌勝じゃねえって
>>
わざとらしくえっコラだったのと驚くまでがセット
まだ縁一の全容が明らかになる前に作ってしまったコラ
>>
相手にもならんな…
作中人物をリョナる作家はいっぱい居るけど
肉体的にも精神的にも死後の世界用意して死後にもリョナるのはワニくらいだわ
>>
兄上は自業自得だよ、仕出かしたことに申し訳ないとも思ってないし嘆くだけだしな
死んだ時誰も迎えに来なかった残念な兄上
>>
あれだけ自分勝手に生きておいて迎えが来てくれるとでも思ったのかと
>>
まあ兄上本人としても迎えに来られても反応に困ったろうし
中の良い兄弟居る中兄上だけあんなことに
>>
ここだって仲のいい兄弟だったんですよ兄上は忘れてるけど
長男だから耐えられなかった…
>>
お前の子孫の長男は耐えて弟を生かしたぞ
>>
まあそれも俺が絶やしたんだがなブヘへ
お迎え無しなのもそうだけど見方によってはまだ未練アリアリだよね
>>
むしろ未練たらたらで死んだでしょ
最後まで弟への問いかけだったし
自分が一番じゃなきゃヤダヤダ病かと思いきや無惨には仕えるのね…
弟に越されるのが嫌なだけか?
>>
鬼になったのも弟を超えるためだからむしろ無惨には感謝してるよ兄上
結局超えられなかったんだけどさ
>>
そりゃ双子で自分の方が才能に恵まれてて何もかも持って行ってごめんねって哀れな弟に優しくしてやってたら
実は全部取られた後の出涸らしは自分の方だと知ったのが許せなかったんだものこいつ
縁壱くんは転生して現代で幸せにやってるのがまた
>>
最終回以前にも何度か転生してたりしてるかもな
戦国から現代までずっとあの世にいたかもしんないけど
>>
多分人喰い鬼がいなくなった後にしか生まれ変わらないんじゃねえかな
こんなにやさしかった兄上があんな御労しいことになるなんて
>>
もう鬼になってるじゃねえか…
>>
傷治るの遅いね
何もなせなかったは嘘だわ
自分の子孫を自分で殺して絶やしてたわ
>>
ワニは凄い
何が凄いってこれだけ救いのない話を考えるのが凄い
>>
鬼殺隊だって弟子みたいな者なのに数百年もの間日の呼吸と一緒に念入りに殺し尽くしてた兄上だ生き恥レベルが違う
>>
なんで日の呼吸が残ってるのぉ!!
明言されてないけど大きなテーマのひとつなんじゃないかってくらい兄弟の話が多いな
>>
兄弟愛家族愛継ぐ心の3大テーマだと思ってた
>>
その1つも果たせない鬼達良いよね…
兄上はほんとこれ
未練がましいとこも人間味があって好き
それで墓穴を掘るんだけど
>>
やさしい
>>
これアニメで動いてるの見たら絶対笑ってしまう自信がある
兄上って一見酷い事あんまりしてないようで上弦の壱にふさわしいクズ
>>
お館様殺しは流石に引く
もう慣れたけど単純に兄上の見た目グロい
他の上弦はそう思わなかったのに
>>
普通の人の形してるから尚更六つ目はね
兄上に捨てられた嫁と子は位高い武士から山奥に住む農民まで落ちぶれたからな
>>
でもどの段階で落ちたかがわからないから兄上のせいとは限らない…
いや間違いなく兄上のせいだろうけど
兄上って自分で鬼殺隊に入ったんだっけ?
縁壱が再開した後誘ったんだっけ?
>>
縁壱が鬼狩りしてたから敵愾心から鬼殺隊へ
>>
縁壱目当てに入っておいて挙げ句お館様殺しとか縁壱が絶望するわけだ
>>
兄上は自分の大切な家族と別れてまで鬼と戦い人々を救う道を選んだ聖人です(当時の縁壱視点)
>>
さらに言えば兄上は世のため人のため殺された部下の方々の無念を晴らすため日々修行に励んであっという間に鬼殺隊の柱となった聖人です(当時の縁壱視点)
>>
兄上
私などたいそうなものではありませぬ
>>
ここで頼むから死んでくれと声に出して言えないからダメなんですよ兄上
>>
赫刀に関しては割と真実だったから困る
一生懸命に握るってだけの
そしてその一生懸命が兄上にはなかった
斬った笛を大事に取っておいててかわいいおいたわしい
>>
人生全て縁壱に染まっていたといっても過言ではない
ここ早くアニメで見たい