切り替えが早すぎる男
脳みそだぞ
くえ
>>
ヒンナヒンナ
>>
うふふ
見た目は気のいい兄ちゃんなんだけど
瞬時にスイッチ入るの怖すぎる
>>
それまで談笑してた相手だろうと長旅を共にした仲間だろうとスイッチひとつで即座に殺せるのやっぱりやべえわアイツ
白石がビビって逃げるのも無理ない
少女雑誌を愛読する男
>>
ジャンヌダルクもこれで知ったのかな
杉元キレさせて手出させる上官すげえよ
>>
杉元自体割と沸点低そうだから…
>>
榎本武揚説唱えてる人いてその発想はすごいと思った
アシリパさんに危険が及ぶとスイッチが入るの好き
>>
あの子は刺繍に夢中だよ
>>
ここものすごく悲しいシーンだけど好き
なんて言ってるかわかるの
敵には容赦しないけど食うためだとしても動物殺すのは引きずる杉元
>>
自分を殺そうとしない相手だとな
ヒグマには割と容赦ないけど
>>
殺意無いものは基本的にダメっぽいな
向けられたら容赦ない
>>
アイヌもこういう考え方するの?
>>
当時はアイヌは女だだ余りで嫁ぎ先に困ってた
野田カムイには描写はないが北海道にいたロシア人に嫁がせたり千島の部族に嫁がせたり
屯田兵に嫁がせたりとかしないと余ってしゃーなかった
だいたい14から18までに嫁がせないとって意識もあったけど明治後期からは二十歳すぎてても大丈夫っぽいなってなった
食い物事情も良くなったこともあるが働いて金稼ぐようになってアイヌの家計が楽になったからもある
>>
今は男だだ余りだから羨ましい…
ニワカなのでくだらない質問で失礼
たぶん軍は退役していると思うんだけど
軍帽や銃を返さずに持っているのはなぜ?
>>
上官と喧嘩してそのまま出奔したと思う
>>
当時はまぁちょろまかしも出来たし多少はね?
あと杉元のかっこうからみると装備全部ってわけでもない
杉本切れさせた上官は生きてるんだろうか
>>
半殺しにしたって言ってるから生きてはいると思う
改めて見返すと死にそうな怪我負いすぎだろ…二階堂兄弟の時も胸に軍刀ぶっ刺されてるし
>>
逆にどうやったらこんな全身まんべんなくでかい傷負えるんだって位
傷塗れだし怪我するのが好きなのかもしれない
>>
指も全部付いてるし五体満足なの地味に凄いわ
寅次を馬鹿にしたとかそんな感じじゃない
自分のことで怒るような男でもないし
>>
それか勇作絡みかなぁ
杉元と勇作絡みは偽勇作以降の入隊から高地でもまだありそうよね
>>
二○三高地の時に実は部隊放って逃げてた事がバレたとかそんなじゃないかな
不死身の杉元なのになぜかエピローグとかあったら生きてる気がしない不思議…
>>
ひ孫がマンガ家になるENDだったりして
>>
戦場とか殺し合いでは不死身なだけで平和な日常だと腑抜けて病気や不幸でポックリ逝きそう感はある
命に関わらないからってスナック感覚でほっぺたや手にぶっ刺しすぎだと思う
>>
「俺は不死身の杉本だ!」の啖呵はやっぱ格好いいし反撃のきっかけが分かりやすくて良い
>>
椅子ひっくり返すとこが一番好き
自動的に殺すって台詞ほんと好き
>>
目が笑ってないってこういう事を言うんだなという良い例
>>
これ結果的に両者裏切ってたんだよな
殺意向けられたときとか本当に自動的に殺すからな…
>>
でもちゃんと謝ったりすればしょうがねえなってなるのもいいよね
房太郎とか割と殺されかけたけどそんな感じだったし
>>
アシリパさんをさらうだなんて対杉元で一番やっちゃいけない悪手なのによく殺されなかったよな
>>
海賊に対しては自分と同じで家族を亡くした身の上やらで信用はしてないけどちょっと思うところありそうなんだよな
ギャグもちゃんと出来るから好き
特にアシリパさんと絡んでるとき
>>
人間として好ましい部分とぶっ壊れた部分と不死身パワーの三重奏によって変人狂人インフレにも置いてかれない主人公なのだ
杉元のスーパーアーマー感ある戦いすごく好き
チ○ポ先生の巨大モンスター感ある戦い方もすごく好き
>>
杉元の戦い方に感じてた既視感これだわ
スーパーアーマーだわ
リュウに噛じられたとこ好き容赦ない
>>
あのときのリュウから見れば死んだ主人殺そうとした悪漢との再会でしかないけど
いてえなくそ犬は酷い
これで女抱くシーンでもあれば完璧だったのにち○ぽは小さいし性欲ないしで
>>
徹底的にち○ち○小さく掛かれてる気がするよね
>>
寒さで縮み上がってるだけだから…
>>
大事なのはチ○ポが紳士かどうかってことだ
アシリパさんへの礼儀正しさは
替え玉作戦の時に身につけたマナーのおかげなんかね
あれまではケンカっ早い田舎者でしかなかったわけだが
>>
元々女性に優しいんだと思う
>>
女に対して酷い事した事一回もないよね
>>
女性どころか一般人全般に優しいぞ!
ただし一度敵認定されると…
ちょっと優しくしたら相手をトゥンクさせる魔性の男
>>
トゥンクしてるやつだいたい悪人
鶴見ですら杉元の死神の如き壮烈な戦い方にトゥンクしちゃうから
いや戦場やぞ!
>>
鶴見は強くて凶悪で美しいものとか人間の死体の皮とかにトゥンクしちゃう人なので
スイッチの切り替えについてはやっぱり心が戦場から帰ってこれないからなんだろうな
>>
故郷で干し柿食べるまではねぇ…
>>
二面性キャラ強い
この漫画二面性あるやつばっかだわ…
>>
軍人なのに勇作殿の二面性皆無の誠実さが突出して光る
初対面で不躾に詰問してきた杉元にもちゃんと対応するとか
1ページ前まで一般人の保護対象でページ捲るとこれ
>>
煌めきあう二人
>>
平太師匠の時もだったけど
庇護対象から殺害対象へ一瞬で切り替わるの恐い
逆に殺す気満々だった尾形をアシリパさんのために一瞬で助ける方向にスイッチした事もあるし状況判断力が果断に尽きる
>>