幸せになってほしかった人
(自分以外の普通に暮らす人々に)幸せになってほしかった人
>>
おつらい
人類最強の南の勇者がやられたか…
>>
ククク…奴は我々人類の中でも最強…
>>
魔王の側近+幹部7人で相手して半分潰してる…
>>
人類の生存領域の境界線を一人で押し返してる…
私は歴史に埋もれるだろうが…って未来を語ってたけどちゃんと覚えてくれてる人たちがいたってのがいいよね…
>>
お前みたいなやつが埋もれてたまるか
本人は飄々としてるの含めてマジでいいキャラだった
もういないけど…
>>
このマンガそんなキャラ多いな…
双剣使いなのもかっこいいんだ
パーティー組まずソロだよなこいつ…
>>
パーティー組むと仲間が死ぬ未来とか見えちゃうかもしれないし…
でも魔王の側近と同じ能力で相討ちっていうのは熱いと思う
>>
同じ能力だからあいつ生きてたらかなりヤバかったよね
>>
お互い相討ちが最良だったんだろうな
普通にやったら七崩賢も各個撃破されそうだし
その青年に出会ったら伝えてくれ
道は必ずこの私が切り開くと
人類最強であるこの南の勇者が
>>
かっこよすぎる…
>>
これフリーレンはちゃんとヒンメルに伝えたのかな…
南の勇者は知っていた。世界が救われることを。その時、自分がいないことを。
>>
このアオリいいよね…
>>
フリーレンのアオリはいいの多いけど一番好きかもしれん…
濃いキャラがたくさん出てくるシリーズもいいけどフォル爺とかこの人とかの単発エピソードが真骨頂な気がする
>>
序盤のクヴァールの話好き
逃げ切ったアウラの実質勝ちじゃない
>>
まあこの人だって本来は誰も逃したくなかっただろうし
なんだかんだ大したもんだとは思うよアウラ
>>
他が死んだり封印されてる中で地道に軍団強化しつつ手駒も集めて人里狙ってた訳だしな
人の声真似する害獣の中ではハクビシンかアライグマ並みに厄介だと思う
服従の天秤って強い意志あれば抵抗できるから南の勇者とか勝ちようが無い
>>
雑魚けしかければ他の七崩賢の助けにはなったよ
だから呼んでるわけだし
>>
強い意志が有ればある程度抵抗出来るってだけで超強力なデバフとして作用するから全然無意味じゃないじゃない
>>
支配できなくてもかなりのデバフにはなるんじゃないかな
>>
だからこうして首を斬るじゃない
死体が見つかってないのが不穏すぎる
>>
そう言う漫画じゃないと思う
>>
死体を操られてる可能性もあるんじゃ…と思ったがアウラがそれだからないか
もしアウラ以上に死体を巧みに操る魔族が出てきたらアウラが可哀想じゃない
魔王以外の最強を集めた結果半分持ってかれるって
向こうとしても「これ勝ったって言えるの…?」的にテンションすごい下がりそう
>>
まあその後歴史上初の貫通即死魔法を魔族が開発して人類またヤバいことになるわけだが……
>>
あれも陳腐化したんじゃなくて基礎の基礎としてこれが有れば鉄板として落ち着いてるのが完成度すごいよね
ガチで修行したら攻撃方法はほぼあれ一本で済むわけだから
>>
貫通性能殺傷性能もスゴいけど鍛えればそれらを保持したまま速射性能まで相当なレベルになる魔法だしね
殺意が高すぎる…
>>
速射と連射の包囲攻撃をひたすら出来るのってとんでもなくズバ抜けた才能持ってるフェルンだからこそってのは忘れてはいけない
確定した死の恐怖を完全に克服してるのが勇者すぎる
>>
断られるのもわかってたからちょっと切り開いてくるね
創作の絵物語や歌物語でもあんなチートかけないよ…