学生組はほぼ保守派好みの術式っぽい

不義遊戯は…どうだろう?
芻霊呪法は保守派ニッコニコだろうなぁ
ザ・呪術って感じ
伏黒→式神!OK!
野薔薇→呪いの藁人形!OK!
パンダ→まあ…呪骸って傀儡ぽいからいいか
狗巻→呪言!OK!
乙骨→式神みたいなもの!OK!
秤→ふざけんな!
綺羅羅→ふざけんな!
新田→……ギリ許せるかな?時間止めるってかっこいいし
メカ丸→傀儡!OK!
三輪→……シン陰は歴史あるけどさあ…
真依→禪院家の術式!OK!
加茂→相伝!OK!
西宮→外国人の血入ってるのは気に食わんが術式はOK!
東堂は本人の性格もあって厄介者扱いされてそう
術式も呪いっぽいかといわれればそうでもないし
>>
真希さん「……」
>>
フィジギフは論外
>>
綺羅羅は言い方からして許されてるんでねえの?
そもそも星の配置に関する術式とかもろ占星術の内容だし
>>
キララの術式の南十字星は日本からだと沖縄でギリ見えるくらいで天元結界ないからだと基本見えない星座。南十字星って名前もwikiには戦前戦中に日本の支配域が南に拡大してから定着した名称ってあるからだいぶ歴史浅い。そもそもアルファベット出てくるし
>>
それもそうか
金ちゃんのことで怒ってた時に自分もそうだとは言ってなかったもんな
マジでなんなんだ秤先輩
>>
きららの術式は占星術って言うより位置天文学とか天体物理学の方な気がするからどうだろう…
保守派の価値観って天動説世代で止まってそうな印象だし…
>>
保守なら尚更位置天文学とか天体物理学系の術式は認めて然るべきなんだよなあ。
旧暦で一番認知度が高いのは、日本で適用するならよそれこそグレゴリオ暦より精度高い代物だし、正確な暦の作成は権威掌握でかなり必要だったからな。
>>
いやそういうことじゃなくない?
星座を構成する星同士の距離とか占星術で想定されてないし。
南半球の星座なのもマイナスそう
>>
キララの術式で使用される星は、生まれついてなのか本人の解釈によって選択された代物なのか現状不明なので、術式のマイナスポイントとして触れるのは早計。
また天文学については、太陽と月だけでなく星の動きも江戸時代中期に入ってから書物が出るぐらいには観測や研究がされるようになってる。
投射術法アウトじゃないこれ?
>>
今の形には直毘人がしたから
昔は保守派好みだったのかもしれない
>>
歴史浅いけど御三家相伝だからギリギリ許されてる感じはする
事実扇とかは不満タラタラだったし
野良で似たような術式生えて来たら絶対認めないと思うよ
>>
そもそも保守派は御三家では加茂家と仲良いらしいし
保守派筆頭の京都学長が上層部の使いっ走りで不本意な殺しやらされたり全然マイノリティだと思うよ

上はまた別の派閥があると思われる
ナナミンの術式は…あれなんなんだろな
>>
ゲームの会心の一撃とかクリティカルヒットが元ネタっぽいから歴史は浅そう
そう思うと少年院の時、虎杖の巻き添えで伏黒と野薔薇まで殺そうとしてたのよく分からんな
2人とも保守派とか上層部が好きな術式だし、呪術師不足の中での貴重な人材なのに
伏黒は完全に五条派だしやむを得なかったのかもしれないけど、五条の教え子ってだけで野薔薇まで見殺しとか本当に腐ってるんだな
>>
伏黒は父親がなぁって感じだし
野薔薇は特に特別な血筋でも無いし上層部からしたら死んでも困らなかったんだろ
伏黒のは式神もそうだけど破壊されたら別の式神に引き継がれるっていうのが呪術っぽい
これとかモロ犬神だし
あべこべとかどうなんだろ
ニューテク感はないけど呪術らしくもない
>>
ブギウギやあべこべは昔からありそうだけどまあ普通って感じでは
大きな痛みを和らげるためって思うとあべこべはわりと呪術っぽい気もするけど
ブギウギは結界術とかで転移術とかないのかな
保守派はシン陰流は歴史があるだけって馬鹿にしてそう
>>
だってそれ術式じゃないもん!!そもそもの土俵に上がってないもん!!
って感じだと思う
呪符なんか陰陽師感溢れるアイテムだけど
「式神使いが媒介にする」って一般知識だけでまだ誰も使ってないよね?
>>
過去編で夏油にやられたやつくらい
歌姫の術式は歌関係らしいけと歌って呪術っぽい?
>>
お経や祝詞に通ずるものと考えればまあそうじゃない?
呪力無いけど怪力無双って普通に古事記でも大活躍したりしてるしむしろ保守派こそ好きそうな気もするけどなんで論外視されてんだ……?
>>
身体能力強化の術式なら保守派も認めると思うよ
泳者見て自分も保守派と同じこと思ってしまった
>>
呪術師の姿か?
これが…
それ言ったら無下限術式アウトだろ
>>
算術は江戸時代から大人気だったからセーフ
>>
だから仲悪いんだろうな……
伏黒は式神だから評価良さそう
>>
歴史があるからだよ
>>
理屈つけると科学的になるだけで、やってる事は近づけない、追っ払う、逆に引き寄せるだからむしろとてもシンプルで古い呪いじゃないかな?
血液を媒介にした腐食!
>>
血は呪いっぽい!合格!
西洋かぶれかと思いきや由緒正しい楽厳寺学長
>>
笛とか琵琶みたいな歴史もあったのだろう
まだセーフって判定かな
楽巌寺はギターアレンジしてるだけだからな
昔の術師は三味線っだったんだろう
>>
たぶん弓が始まりっぽい
>>
フェイルノートみたいなのだったんか…
>>
弓の弦をかき鳴らして鵺撃退した侍が実際に文書に残されとるんじゃ
>>
鳴弦の儀かな?
平安時代からだから由緒正しいよな
Aさん「傀儡操術です」
Bさん「俺も傀儡操術です。天与呪縛付き」
上層部「ええやないかええやないか」

Aさん「ぬいぐるみにしマース!心与えマース!
あ、作り方知らないっすw」←
Bさん「巨大ロボ作ってきマース、術利用して内通しマース、シン陰盗みマース」←
上層部「」
>>
ロボはセーフかな
>>
未許可のロボだから…
>>
隠すのは呪術っぽい!セーフ!
不義遊戯はどうなんだ保守派よ
>>
名前がちょっとね…
>>
あれはゴレイヌさんのイメージが強いわ
位置関係の変化は遁甲術っぽいけど、そういう背景もないし
>>
派手でも無いしまぁセーフかな
でも最古参の術師である羂索はイイネ付けてくれるんだろなって
>>
あいつ気持ち悪いけど千年超えてて新しいものに適応し続けるのすごいよな
>>
アップデートは大事だよってスタイルだしな
どうも!呪言使いです!
>>
100点!!もっと増やして……え?今は呪言は出ないように努力してる?困るなぁ…
呪いらしい術式って芻霊呪法と呪言くらいじゃないか
>>
式神使いは呪いというか陰陽師らしくはある
>>
陰陽と呪術は別なのかな
>>
呪術のカテゴリの中に、陰陽道が含まれてるイメージ
>>
呪術・占術の技術体系、という定義らしいから >> のイメージっぽい
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/陰陽道
>>
呪術の本みたりすると大体陰陽道について書かれてる
それ以前に十種影法術は蠱毒みもあるけど
小さな奇跡を溜め込むことによって死にそうな目に合ってもギリギリ助かれたりします!
>>
殺人鬼のくせして何で妙にポジティブな術なんだよ
1「呪力ありません。呪具で戦います」
2「構築術式です、1日弾丸1発作るのが限界です」

???「何度でも言うぞ、マジで使えんわ役立たず出来損ない」
>>
乙骨「ちょっと貸してみて」
好きな子を怨霊化させて式神みたいに使役できます
他人の術式を完コピできます
>>
保守派と革新派のハイブリッドみたいな術式
>>
好きな子を式神にするのはエモいと好評そう
死刑させられそうだったけど
>>
保守派はエモいなんてチャラチャラした言葉は使わないもん!
>>
保守派「尊い……
>>
保守派はなんなの
懐古厨限界オタクなの
>>
ロマンは大事
ちょっと体が頑丈なんで無効です!
圧倒的フィジカルで殴る蹴るするだけ!
強いでしょ?
>>
つまらん
ヒトガタとかお札的なので戦う陰陽系はまだ出てないからあっためてんのかな
>>
何その本怖い
東堂は拍手という古くから邪気を祓う云々で悪いイメージはなさそう
>>
ただ本人がアウトに近いぎりぎりセーフ扱いされてそう

秤はもうアウト食らってるけど実際保守派と何があったんだろな…
>>
帳の詠唱すこすこのすこ
五条のは仏教の悟りと数学が合わさってるから葛藤してそう
領域展開の効果は呪術っぽく言えば強制的に悟りを開かせてるみたいなもんだし
作者も分からない数式も絡んでくるし
>>
指の形とか天上天下とか仏教チック
>>
領域展開は大体仏教用語だし、現実でも密教由来の呪術も多いだろうし、上で出てる陰陽道なんかは儒教かそういうのからきてるし、あんまり気にしないのでは
>>
悟りって「差取り」とも書く
心の中と外、自分と他者との境界を無くすって意味もあるから領域展開ってモロ仏教の悟りなんだよな
>>
自分の領域を無理矢理押し付けてるんだから悟りと真逆のような気もする