桓騎軍単独での扈輒軍撃破の功を認められ
秦王自らお咎め無しとした模様

六将の座も返還せんでよし

何しに来たんや政は
>>
説教しに来たけどレスバに負けたからトンボ帰り
王をお前呼ばわりしても無罪
>>
この前から信が散々してるから
マロンが居なかったら普通に死んでたという事実

>>
さすが紳士やで
このやり取りで一番ガイジだとおもったのは

マロン「捕虜かかえすぎて反乱起きたら鎮められない」
政「なら抑えきれる人数まで殺せばよかった!」

いやええんかいそれは
>>
これ何人のこと想定してるんやろな
どう考えても5万ぐらいは殺さなくちゃアカンやろ
>>
ワイも思うた、あんな突然殺したら怨み買うから危ないし
全員殺すか誰も殺さないのどっちかやと思うで
>>
結局こっちの都合で殺してるのには変わりないよな
秦軍「兵糧尽きたけどなんとか李牧を倒したンゴ…」
秦王「レスバするために数万の軍派兵して兵糧無駄にするンゴwww」
ええんか…
>>
暗い……
>>
兵糧尽きたならワープして飯取りにいけばよかったのにな
李牧はどうなったん?死んだ?
>>
こっから無双ターンが始まる
>>
まじかよ何巻やるねん
>>
これから趙と秦は勝ったり負けたりの泥試合を何度もするんや
何度もやるから先に韓が滅びる
>>
韓滅びるまでに何年かかるかな
>>
何度もやるから清は一度諦めて韓を滅ぼし次に同盟してた魏を滅ぼすんだよな
無様な敗北続きだった李牧がいきなり無双しだすとかあり得んやろ
追放系なろう主人公かよ
>>
李牧の指揮した場所が勝つだけで趙自体は負ける事もあるから大丈夫や
>>
実際もうひとりの主人公目指したそうではあるよな
やりすぎてギャグ要員になったけど
>>
俺を追い出した趙国が滅亡寸前、後悔してももう遅い
その後の中華史見ると桓騎が言う事が正しいんだよな
結局みんな戦争に嫌気がさすまでひたすら殺し合い続くし
一応民族の隔たりなくそうとした奴も最後には裏切られて終わるし
>>
ただ生き残る策としては政のやり方が一番合ってるんだよな
連合とか組んでも何れ北方から南下してくる異民族に対抗できんし