前回記事:
※内容は前回までとほぼ同じなので見なくても大丈夫です
鬼を狩る弟を助けるために家族を捨ててまで参戦する兄の鑑
壱戦アニメ見られるのは何年後か
テレビかはたまた劇場か
>>
劇場の大スクリーンでバラバラ無一郎くんとは胸熱
技はかっこいいんだけどな
>>
十二鬼月の頂点が月の呼吸使ってくるのいいよね
>>
鬼がオリジナル呼吸使って無一郎を瞬殺するのは衝撃のデビュー戦として百点満点
個人的には結構味があってかっこいいと思うんだけどなあ
弟があんなバケモンだとそりゃ歪むでしょ
>>
歪んで道を踏み外したらそこで人間おしまいだけどね
>>
鬼になったから!
>>
インフィニティ一郎の兄貴が生存したまま一緒に鬼狩りになってたとしても
こっちの兄貴は歪まなかった気はする
問題は生き残れなさそうなところ
ミスター勘違いクズ男の獪岳ですら霞んで見える過去の所業
>>
獪岳をスカウトしたのは兄上というクズ連鎖
>>
兄上としては土下座して地面舐めてる知らん奴をスカウトしただけだろうが性根の腐り方とみみっちさは似た者同士という皮肉
メンタル問題なかったら柱全員でも勝てるか怪しいよね
>>
メンタル問題ないと日の光以外で殺せなくなるから……
それ抜きにしても条件が痣のみだとしのぶさんの毒で隙を作ってワンチャンしかないけど
スケスケ赫刀ありですら死亡前提の赫刀特攻2人と首切り役2人の計4人が最低ラインなのほんと難易度狂ってる
縁壱が兄上理想の弟ムーブしてくれる玄弥みたいだったらここまで屈折しなかったのかな
>>
弟が自分と同等の強さだったら仲良く鬼狩ってたかと
>>
これで才能も玄弥程度だったらまぁ犬でも可愛がる感覚で面倒見てたろうな
刀に写る自分の姿を見て自壊とか昔話みたいな倒され方してる
>>
姿は自在に変えられるはずなのにそんなもんに心乱れるのは正直意味わからん
>>
自分が武を極め行き着いたと思った姿が化け物然としてたからでしょ
>>
というか薄々分かってて目を逸らしてた色々なことがあの姿を見たのが決定打になって溢れてきたんだと思うぞ
>>
人間は衝撃の大きさじゃなくて限界を越えた時に崩れるからな
最後の一押しは割としょうもない事なのがままある
辿り着いた場所は猗窩座と同じだったの尊い…
>>
どっちも強者の立場誇っているけど無惨って頂点が居て絶対服従、夜以外は行動できんとか生物としてはしょっぱいんだよね
>>
人間だった頃のフィジカルだとたぶん負けてるよね兄上…
>>
鈴割りされて何もできない兄上とか悲しい…
>>
兄上も呼吸使いとして当時達人クラスだしフィジカルなら同等くらいじゃないか?
町道場の拳法一本であの強さの狛治も大概ヤバいが
>>
呼吸と透き通る世界があるから人間時代でも兄上の方が強いでしょ
透き通る世界見えてる人と見えてない人じゃ絶対的な差が発生するし
>>
あの格闘術か狛治も呼吸とは別の方向から呼吸と同じ道にたどり着いてんじゃねえかなあ
人間の時点であからさまに人間から逸脱してるし
弟みたいに他人に指導する描写もなくかー我々の極まった剣技が継承されないわーと雷十太先生みたいなこと言ってる人
>>
縁壱は天才過ぎるから他の柱には兄上が教えたんじゃないかとか考察されてたのに
蓋を開けたら指導も天才だったわ弟…
>>
弟は自分の技を磨くだけで実質指導者は兄上という推測も結構多かったんですよ
まさか全部縁壱先生の個別指導だったなんて思わんじゃん…
弟も兄上よりちょっと強いとかなら良かったけど次元が違う強さだったからね…
>>
無惨様の癒えないトラウマになるくらいに世界のバグみたいな弟だったね
家族としては兄上好きだったんだろうけど…
正直縁壱は嫁以外に人に興味があったようには…
>>
炭吉一家に僅かでも安息見出だしたし感情表現が静かなだけで素朴な隣人愛はあったと思うぞ
>>
逆じゃねーか世界全てが好きだったんだろ
>>
この美しい世界を……と語ってたし縁壱は愛の規模と対象もでかすぎる
兄上もこれができていればパーフェクトコミュニケーションだったのに
>>
何なら母ちゃんですら気付いたり教えたりする機会無かったのか
>>
テニプリの跡部やナルトの日向一族が同じく透けて見えると考えると兄上の強さがうかがえる
臆病者と一緒に日の呼吸の使い手1人残さず殺して回ってたのがコンプ丸出しで辛い
臆病者はトラウマからだろうけど
>>
しかも縁壱が死んでから皆殺し始めたんだっけ
>>
そう
死んでから
(煽りでもない疑問と推察にキレた瞬間)
あの説明からすると縁壱には遠く及ばなくても日の呼吸の使い手は当時はそこそこいたんだよね
>>
縁壱も甲斐甲斐しく教えただろうしね門下生も結構な派閥でいそう
それを縁壱が亡くなってからぶち壊した奴が
>>
亡くなる前にも御屋形様の首持参で無惨に下って鬼殺隊に大混乱を招いてるんですよ・・・
いつも思うけど兄上上下の複眼無しだったらこれめちゃくちゃイケメンなんじゃねえの
>>
内面がな…
>>
まぁ長男も使いこなせてない自分から日の呼吸はできてたし
極めまくった侍が一部再現くらいなら辛うじてなんとかできてたんだろう
>>
やろうと思ってできなかったのが才能もあった兄上だし設定の通り個人個人の型の相性によるんだろう
日の呼吸に適性があってもそいつが強いわけじゃない
鬼になって何百年生きても
何かが満たされた事なんて一度も無かったのだろうと思うと少し同情する
>>
無惨になんの隠し事も出来ないのが却って部下や弟にカッコいい自分を取り繕わなくて済んで気楽ではあったらしいからそういう点ではわずかに救いがあったかな
本懐を成せたかと言うとまあ
姉上なら読者も含めてwin-winだったのに
>>
TS絵の多さで笑う頼むから死んでくれ
TSを理解し難い一般性癖の自分も姉上だけは何故か許せる
>>
めちゃくちゃ女々しいからかな…
唯一無惨様から信頼されてる
>>
実態はどうであれ無惨が恐れる唯一の怪物を倒したし
刀生やして斬撃波出すだけの能力でクソゲー集団の頂点に立った男
>>
スパロボで言うところのMAP兵器を連発してくるクソボスだからなぁ
>>
トップが腕生やしてブン回すだけの種族だぞ
優しい兄だった
兄が鬼殺隊に入って共に戦ってくれて嬉しかった
私にとって最高の兄だ
>>>
こんなんやってたら慕われるの当然だろ!
>>
これは間違いなく優しいし幼少期の縁壱の人格形成には大きな影響与えてるから結局兄上いないと縁壱もいないんだよな
誰かがそう言ってやれればな
>>
事実関係は同じだけど兄上本人の回想とかなり齟齬があるから
鬼になってから精神や認知に歪みが生じたのでは?って思う
無惨に誑かされたのは間違いなく本人の意思だろうけど
それ以前のうっすら思ってた事が増幅されたり鬼になった後思い出した時の印象で上書きされてるような感じ
弟は弟でジジイになってもブラコンこじらせてるし…
>>
暗い幼少期に救いを示した人なんだぞ
仲がよくて最高の兄弟の時期があったのが泣けるね
>>
縁壱から見れば最高の兄であり続けたからな
アニメ化で下火になった姉上ブーム再来して欲しい
>>
そもそも着火したのが謎なんだよ…
何で海外でもちょっと盛り上がったんだ
弟は弟で自分の奥さん子供が惨殺されてるのに
「次代の担い手が無惨を討ってくれる」とか言うのおかしいよ、普通がむしゃらになって何が何でも無惨を自分が討つ!ってなるのに…あれは人格者ってのとはまた違うタイプでしょ
>>
無惨という男は私の力など遠く及ばない強敵なのかも知れない
ならば自分の知る剣の全てを次世代に継がせよう
そうすればいつか無惨を倒せる日が来るはず
くらいの認識だったのかもこの頃は
>>
妻と子供殺されて、尊敬する兄貴は敵に寝返り、仲間からは責任取れと罵られ、全力で逃げ回る無惨の尻尾を掴めずいく先々で鬼どもを退治する
そりゃ疲れますわ
>>
縁壱は敵討ちよりもこの悲しみを人々に味わせないために戦うタイプ
人気投票、猗窩座や無惨を抑えて余裕敵キャラNo.1というね
アニメ化すらしてないのに
皆ちょっと兄上が好きすぎる
猗窩座のほうが上かと思ってた
>>
黒死牟 2982票
魘夢 2435票
猗窩座 1982票
童磨 1589票
獪岳 865票
無惨 735票
この扉絵いいよね
>>
よく見ると爪が剥がれているところとか
強く焦がれ
強く(憧れ)のダブルミーニング入ってるところとかワニの趣味というかすごさを感じる
考えれば考えるほど日と月の関係まんまだよね
>>
なんで月が先に産まれて来ちゃったんですか…
タイトルロゴでこれだけ月っぽい感じを出しておいて月の呼吸が日の呼吸のただの劣化版だとは…
>>
鬼になる前はブレード光波出ないんだよね…
>>
夢破れたりか・・・だがこの無惨細胞で生まれ変わるさ
>>
月どころか他の全てが劣化版というね
趣味:囲碁
無限列車編の些細な伏線をコッソリ回収した男
>>
鳴女から討ち漏らしだぞって押し付けられる展開もあったのかな
これもそういう事だったのか
>>
初めはしきたりってやつかめんどくせーなとか思ってすいませんでした
ここの表情で駄目だった
>>
長い長い歴史の中でぶっちぎりで最強だった人物が言ってるのほんと酷い
>>
(何を言っているんだ?コイツ?)
なまじ天才だったばかりに弟の人外度合いを正確に把握してSANチェック失敗してしまった
>>
SAN値そんなに高くないのにINT高すぎたか…
長生きした割には心がぽっきりい逝った
>>
無惨様もだけど長生きすることでトラウマやコンプレックスを塗り固める道を選んでしまうからな
>>
考えないようにしてるだけだもんね鬼の人たち
謎に有名になったセリフ
兄上の話はここまでがセットだと思ってる
>>
きっちり弟だけを殺していった兄上には参るね
>>
有一郎は厳しい事を言うけど愛情いっぱいだったのいいよね
それでも生きていて欲しかったって気持ちは分かるよ…
>>
>>>
全部失った兄貴来たな…
例の演技をめっちゃ期待してるから関は責任重大だわ
>>
有一郎は基本的にずっとマトモだよ
マトモだから鬼殺隊に入る事を拒否した
双子が生まれたぞ
兄の方はいつも勝ち続けられるような名前を付けよう
弟の方は人と繋がりが切れないような名前を付けよう
>>
縁壱は生涯大事にし続けたから間違ってないよね
>>
でも妻子は殺すね(ワニ)
まぁでもここで折れなかったら折れなかったで、ここで黒死牟(巌勝)の人生終わってたしな
コレは獪岳にも言えることだけど
>>
個人的はここで会わなくて
縁壱と一緒に無惨と遭遇してたらポップコーン全滅出来たんじゃないかと思ってる
>>
岩柱くらいの強さだろうからなあ
単独じゃ無理だろ無惨も全盛期だし
>>
かと言って兄上400年生きて何か出来た?
>>
無惨様の血が入ってるんだぞ?
仕方あるまい
>>
月の呼吸()の型が増えた
>>
マジで型しか増やしてないな兄上…
>>
ここで兄上死んでたらたぶん無惨の人生も遠からず終わってた
1800分割しても7200くらい斬られそう
>>
言い方変えればここで死ななかったからブチ切れ縁壱が誕生せず仕留めそこなったともいえる
使命に準じて戦って死んでたら戦国時代で無残は死んでいたかもしれない
弟の才能に愕然として
その上で「自分の気付かない所で母親を懸命に支えてた」てのが一番のきっかけになって壊れたってのが正しいよな
>>
子供時代を引きずり過ぎ
>>
再会して鬼狩りになった後も開き続ける差を見せつけられるんや
>>
お館様殺しが発覚するまではわりと同情されてた
>>
これが無きゃただの個人的な嫉妬で済んでたけど
所属組織のトップを殺してっからなぁ
月の呼吸とか
紫の刀身とかカッコいい!
でも使い手がクズすぎて台無し!
>>
全身から刀はやすまでは皆そう思ってたよ
簡単人生
>>
弟はその言ってることが全て出来なかったんだけどな
刀を振らずに斬撃出すのは人間の時から出せたんですか兄上
>>
呼吸のエフェクトに攻撃判定無いのは公式設定だから鬼になってから
あの無惨と何百年も気兼ねなく付き合える聖人
>>
いや嫌い
>>
無惨からしたら使い勝手のいいコマの一つで兄上は形だけの忠義を捧げて侍ごっこが出来るのでWINWINの関係
結局笛は捨てられなかった歪んだツンデレ
>>
あれ読んでてなんで捨ててないのかまったく理解できなかった
お前結局弟のことどう思ってたんだ!!!!
>>
わからない…教えてくれ縁壱…
>>
割りとほんとよくわからん複雑な感じなの好き
縁壱アンチだけど自分以外が縁壱アンチスレ立てたら全力で潰しそうなのが兄上
>>
どう思ってるのか兄上自身でさえもよく分かってないと思う
でも確かに笛を拾って持っててしまったんだ
そんなとこが兄上を兄上たらしめてる
>>
縁壱になりたかった
透明な世界は鬼になる前から習得してたのだろうか
>>
できてたら無駄に目増やしてなさそう
縁壱の寿命があと10分長ければ
>>
3分くらいあれば兄上にとどめさせてそう
>>
同意を強要される弦弥
>>
否定する子孫
現代編でモブ姿見えてたのは縁壱&うたさんで
兄上はまだ地獄でお勤め中なんだよねきっと
>>
むしろそうだったら救いじゃないかな兄上は
罪を許されようがなんだろうが何もかも忘れる以外に救いは無いだろ兄上
笛のエピソードが完成されすぎてる
>>
数百年持つ着物と笛すごい
>>
正直鬼にならなければ呼吸くらいは残ったかもな
>>
笛を捨ててない縁壱も
笛を捨てられなかった兄上も
ほんと変なことなかったら最高の兄弟だったんだろうなというか
>>
縁壱が兄だったら…女だったら…
>>
自体とか本人の気質的に天然の男尊女卑思想ありそうだから女に負けたら余計コンプレックスやばそうだが
鬼になってもはや敵無しとかじゃ無く
もう痣者だからあいつも死んでるよな
と言うことで油断して歩いてたら
じじいになっても生きてた弟に見つかって殺されそうになったと言うそんな回想シーン
>>
まあ実際痣ができても80まで生きてる弟がおかしいわけで
>>
結局あの理由付けも縁壱だもんなァ…で済まされるから笑うしかない
何度もいうけど絶対性癖こじらせた小学生女子がいる
>>
「目が6つないと抜けない」
>>
教科書の人物写真が全部六つ目
>>
お前もワニにならないか?
>>
鬼滅を見て育ったキッズがどんな創作物を生み出すのか楽しみではある
理の外マンが肉親ましてや双子の兄弟にいたらそら誰だって歪むわ
>>
歪むにしても弟の後追いかけてお館様殺して首上げて鬼にしてもらって数百年生き恥続けるのは中々
長男だから耐えられなかった
>>
鬼滅長男の面汚しよ…
>>
ぎゅー太郎「守れなかった」
風柱「守れなかった」
>>
炭治郎「守れた…」
>>
炭治郎と会わなくて良かったな…
もし対峙したらまた的確に抉られたろう
>>
なんで侍気取りのくせに鬼になんかなったんだ
なんでそんなに生き恥を晒すんだ
なんで長男の癖に何やかんや耐えられないんだ
兄上はむしろ剣術の才能あったことが悲劇
>>
時々人時代に岩とどっちが強かったとか言われるぐらい強いんだよな
弟が本物の化け物なだけで
>>
杏寿郎の弟ぐらいに才能の差がハッキリしてたらそれはそれで幸せに生きれたぢろうに
>>
多分絶対心の中に何言ってんだこいつって思いもあったな
>>
縁壱が「私たち」って言ってるのが尊い
>>
これに関しては80近いジジイが言ってるならわかるけど同世代の若者が言ってたら普通に何考えてるのかわからないし人間味なくて気持ち悪い
>>
俺がワニに抱く感情だな
若いのにどうしてこうも達観したキャラ達が出てくるのだろう
>>
ワニの読み切りとか読んでもどういう人生観してんの…?って台詞がちらほら
残酷すぎる…すごい
>>
助けてもらえるやつは運が良いだけ
みんなあんたなんかどうだって良いって
鬼滅でも基本的にそうだよね
可愛らしいエフェクト
>>
キキララみがある
そういやあっちも双子か
>>
ゲーム実装された時に私と斬撃エフェクトが被らない配慮をしてくれるなんて流石兄上…
長男と並び作品の核な兄上
>>
「努力は才能のある人間以外はやっても意味ないのか?」
「強さとは弱者を守るためにある。強さが全てではない」
二つのテーマの決着が兄上戦
いわば猗窩座VS煉獄さんの延長戦なので
煉獄さんが兄上に勝った(暴論
まあでも同じ境遇なら俺も鬼に走るよ
惨めすぎるもの
>>
さらに惨めになってますがまぁいいでしょう
>>
どちらにしても惨めすぎてお労しや…更なる生き恥晒し続けてお労しや…
>>
だよなあ!
本当に才能にあるやつがカスのせいでないがしろにされるとかたまんねえよな
見る目ねえ師匠もったりすると大変だよな!
>>
俺やあんたみたいなカスとクズしか後継者がいない爺ちゃんが哀れでならねぇよ!!死ね!!
>>
妻と子どもで満足しなよ
>>
というかお武家様の跡継ぎだぞ
勝ち組過ぎる生まれだぞ
時代的に死と隣り合わせなのはしょうがないにしても
>>
あいつ出奔したからもう知ーらね
久々に遭ったら何か鬼?と戦っているらしい住んでいる世界が違う助けて貰ったけどもう二度と遭わないだろう
ぐらい分別付けて気軽に生けれたらなぁ
兄上は絶対戦い以外で弟に勝ってた部分はあったはずなんだ
そこに気づけてたらほんと最高の兄弟だったと思うんだ
>>
子孫を残せたこと
なお
>>
お互いの欲しいものを相手が持ってるので
兄上が鬼になるまでの話だけれど
>>
兄上的には戦いで弟に勝てなければ他の全てで勝っても意味が無い
>>
そこにこだわったのが悲劇なんだよな
柱になっている兄上に対して
その心を癒す言葉をかけてあげれなかった
当時のお館様が悪いよ
当代の人心掌握術の凄いこと
>>
鶴見中尉みたいな人だな
人としても兄上が縁壱に勝ってるところないんじゃねぇか…?
>>
字が縁壱より上手かったりするかもだろ!
>>
性癖の幅広さなら
>>
縁壱の兄であるという点において勝ってる
兄上は受け入れられなかったけど
>>
歳とか…
>>
むしろ兄上が壊れたのって縁壱に人間的な魅力でも勝てないと決定的に気づいたからじゃなかったっけ
>>
いつまで経っても母離れできなくて情けないと思ったら介護していたでござるオイは恥ずかしか
>>
縁壱が俺は最強なんだ!さっさとそこを空けろよ兄上みたいだったらある程度納得できたんだろうか
>>
普通の子供の遊びは兄上が遥かに勝ってる凧揚げとか笛とかね…でもねそれは兄上にはいらないものなんだ…縁壱にとってはとても大切な思い出なのに兄上には何の価値もない物なんだ
長男は壱と弐に会ってないから長男視点だと噂の強かったモブなとこいいよね
>>
作者のせめてもの温情なのかな
長男との人間の差を見せつけられたら死体蹴りすぎる
何故俺では無くこいつが縁壱っぽいのかってなるし
神様もうちょいバランス調整頑張って…
>>
頑張ってたら上弦壱になれてなくない?大丈夫?
この双子の親父が深くやらかしてるというか
寺に出した縁壱迎えに行ったら「父上は長子の私が無用なんだな」って思うじゃん
散々居ないものとして扱ってた縁壱を今更家族で暮らすために呼び寄せようとしたなんて
誰も思える訳ないじゃん
>>
この一家みんな言葉が足りなすぎる
>>
割と戦国時代的には変と言えば変な価値観だな
跡継ぎの統治者より武に優れた兄弟とかいくらでもいそうだし
まぁ家督争いも珍しくないけど
>>
それがあったから徳川幕府は基本長男総取り制にしてお家騒動のタネ潰そうとした
>>
そんで伊賀と甲賀の忍びに争わせて後継者決めようとしたんだろ知ってる
>>
嫁が死ぬ間際に遺言で仲良く暮らしてねと言い残したから親父が思い直した
そのときにはもう遅かった
笛ふくのは兄上のが上手いかも知れないだろ!
>>
兄上「まあ分かってはいたがあっさり抜かれた…」
ってなりそう
生き恥とセーフの線一体どこに引いてんだろ
>>
蟹かどうかかな
>>
ちょっと動き悪くなっただけだからセーフ
みんな兄上好きすぎない?
>>
弄り甲斐あるよね
>>
兄上は何か思い入れができてしまうんだよな…
>>
兄上「どこで習った…?どうやって身に着けた…?日の呼吸を教えてくれぇぇぇ〜…」
長男「」
兄上が鬼になる経緯詳しく見たいですワニ上
>>
アニメで補完してくれないかな
あらゆる面で人より劣ってるから読者からすると兄上に重ねてしまうのは致し方ない
>>
兄上は一般人よりずっと優秀なんだよなあ
兄上と炭治郎が会わなくて本当よかったな
会ってたらまたトラウマスイッチ押されて発狂してた
>>
多分激昂したまま生き恥とか考えずに進化完了してた
目の前で寿命で死なれるの最高にロック
>>
鳴女のレス
礼賛するロッカーたち
長男はただでさえ地雷踏み抜き得意なのに兄上に対しては存在だけで特大地雷踏み抜けるからな…
>>
母上が縁壱に渡した耳飾り!痣!日の呼吸!縁壱の刀!
死んでしまうぞ長男
>>
ワニが長男と対面させてたらどんなエグイ台詞が飛び出したんだろう
「記憶の剣士と同じだ」とかの言葉だけで憤死しそう
俺が父上ならそりゃあ縁壱跡継ぎにするよ
全てにおいて勝ってるんだもん
>>
あんな藤木源之助みたいなの無理よ
>>
組織のトップとしては非常にまずい性格しとる
空気読めないし凡人の気持ちもわからんし
>>
兄上のレス
>>
戦国時代の頭領としちゃどうかな
人を傷つけるの大嫌いなのに戦の指示が出来るかな
>>
>>
自分から負け犬ロードを疾走しているんじゃ…
鬼殺隊に入らなければ普通に武士の家を継いで子に譲って生涯を終える
縁壱を輝かせれば輝かせる程兄上が黒光りするとワニは思ってそう
>>
まぁ太陽と月だしな
>>
月だからな…
弟をディスったらそれはそれでキレそうな面倒臭い性分
>>
キレはしないだろう
たぶん相手にされない
「あっそお前には分からんやろ」みたいな
日の呼吸と月の呼吸の対比も良いなあ
>>
何でそんな名前付けたと言いたい
>>
多分月のエフェクトが見えた
>>
対抗意識
ていうか無惨様も縁壱好きだよね?
好かれすぎでしょ縁壱
>>
無惨「えっ」
多少なりとも関係ありそうなのに一切遭遇なかったな
兄上と炭治郎
>>
エンカウントしたときの双方の反応がすごい見たい
同じ遺伝子なのに兄上弱すぎでは
>>
兄上本人が1番疑問に思ってる事やめろ
>>
基準がおかしいだろ
十分人間最強だったよ
縁壱だって認めてるのに
>>
憐れむなクソ
>>
兄上のレス
>>
もっと黒死牟っぽく言って
縁壱めちゃくちゃ歪みそうな出生してんのに聖人に育つとかどうなってんの
>>
兄上がいたからな…
>>
そのへんも含めて理の外の存在だからね
>>
兄上がくれた笛で非行に走らなかった
>>
母上と兄上のおかげかも
>>
早い時期にうたと生活できたのが大きいと思う
>>
うたに人間はスケスケで見えないし三日三晩走れないって常識を教えてもらったしな
父上に殴られながらも気にかけてくれる兄上
妻子を捨てて共に戦う道を選んでくれた兄上
この国で一番の剣士になると素晴らしい夢を持った兄上
>>
もうやめろ
超一流というか生物の限界越えてないか?
なんなら今の科学技術でも再現できない化け物それが縁壱
>>
世界の理外れてるから
兄上です
>>
ブッサ
死ぬわ(自殺
>>
日本一の侍の姿
>>
鱈場蟹上…
>>
鏡どうぞ
>>
生き恥フォーム
無惨様ならこうなってもなんとも思わなかった
>>
最終的に赤ん坊にまでなる節操のなさだもんなあの臆病者
>>
猗窩座は首克服しても見た目変化なかったのに兄上はどうしてこんなキモくなるの
>>
更に強化しようと思ったからだろ
>>
別にキモくならなくても強化できるのに
>>
そんなんなる前に六つ眼になった時点で気付こうよ兄上
>>
俺は長男だから眼が六個になっても耐えられる
>>
ラストサムライ
>>
何でこの姿になったんだろ
月の呼吸伍ノ型の時点で刀を振らずに攻撃することやってるけど
鬼になる前じゃ絶対出来ない攻撃が伍ノ型って人間の時は型は四つしか無かったのかな
>>
兄上が刀を振らない攻撃程度出来ないとでも?
>>
ネタ抜きに言うと縁壱でも刀を振らずに攻撃なんて真似はしてないから
人間の時の兄上が出来る訳ないだろ
>>
もうやめろ
兄上も無惨様も小物だったけど
兄上は共感できる小物だから人気出る
>>
まるで無惨様が人気でないような言い方
>>
人気は部下に頭かち割られるとかの方向な気がする
>>
無惨様は小物は小物でもクソ小物だから兄上とは格が違う
>>
守るべき弟が、自分が頑張ってる分野で自分を遥かに上回る天才だったら…て
誰もが同じ境遇になったら同じ道を歩むかもしれないって哀しさがあるよな…
>>
李世民「うんうん人生そういう時あるよねえ」
>>
最強の兄殺しきたな・・・
無惨様の体すら焼き続けた日の呼吸乗せ赫刀を首筋に受けても後日回復してた兄上
やっぱ老縁壱って衰えてたんじゃ…
>>
完全にバラバラにされたのと首を少し斬られたのを比べちゃダメだよ
>>
衰えてなかったら一太刀目で1500回は斬られてるわ
>>
兄上の首を落とせないってだけで衰えてるのは明白じゃん
衰えた縁壱にも負けるって兄上が認めたくないだけよ
むしろ弟と瓜二つの姿になりなよ兄上
>>
そんなことしたら無惨様に殺されちゃう
ぶっちゃけ刀を振らなくても月エフェクト飛ばせるなら
全身に刀生やして月エフェクトを飛ばし続ければ大抵の相手に勝てる日本一の侍になる
>>


>>
侍の姿か?それが…