笑えるタイプのおバカではないけど
それをいいシナリオにまとめるってのは手腕あるライター雇ってんなと思った
周囲の子たちの会話のレベルについていけなくて曇るジョーダン…
>>
可哀想だったね有馬
シナリオ上1着にしない方が良い感じになる
ハヤヒデさんやタキオンみたいなのも
落ちこぼれのヤンキーやギャルも一緒くたの学校って怖いっちゃ怖いな
>>
一応エリート学園のはずなんすよ
>>
レースの才能は学力ではないからな…
>>
いい感じのトレーナーと巡り会えずグレそうになってる子達の話はシリウスのサポカで見られるぜ
教養や知的レべルに差があるとマジで会話が成立しないという胃が痛くなる展開なんです…?
>>
特徴の微が読めないレベルの子なので普通に勉強について行けてない
本気になったレースでも周りの子の駆け引きやトレーナーの作戦が分からない
メイクデビューを怖いと言うくらい性根がか弱い
>>
周りからしたらそれはそれで怖い存在だ
分からないが分からないって割と笑えないやつだからな…
>>
気持ちが分かるだけに辛さが染みる
理論派スパダリがいなければ即死だった
おバカキャラから二次元の嘘を取っ払った感じなのかい
>>
メッセージ性を感じるストーリーだ
引け引くのじゃ
青いヤツずるくね?俺もこんなスパダリトレピッピ欲しいんだが
>>
あげねーしてかずるくねーし!!!!!!
ヘリオスへの期待感が高まる
もしや俺すごくいい財布なのでは?
ゴルシが自発的にジョーダンが目標掲げた秋天にはお前の道だろって背中を押すの好き
ドア修理費用は払って
>>
あそこは目標としてたライバルがいなくなる物悲しさもあるね
嘘…私のトレーナー説明わかりやすすぎ…!?
>>
ジョーダントレ「第4コーナーでハッピーミークの耳が動いた瞬間内からガチ」
委員長とかは問題文まったく読まずに解いてテスト2点とか補習常連とかの非実在性のバカだけどジョーダンはなんか生々しいっていうか…
>>
多分ふっとわからない箇所を調べるうちにどんどん置いて行かれてこうなったんだろうなってのが分かって辛い
曇ってる所ばっか言われるけど
俺は春天前に自発的にハヤヒデにアドバイス聞きに行くようになるシーンが好き
>>
ハヤヒデが勉強熱心で感心してるの良いよね…
ドトウの鈍臭さもリアリティとフィクションのギリギリライン攻めてたけどこっちもお馬鹿方面で攻めてるな…
>>
追加の娘のストーリーは特に熱意感じるよね
走るのが第一なら現実で言う偏差値40-60が混ざってる感じなのかな
普通は入試時点である程度揃うけど
>>
スぺちゃんいわく試験もわりと難しいらしいけど
まぁ入学後も座学の成績悪いスぺちゃんの言うことだし
そもそも入学と編入じゃ試験の難易度も段違いだろうしな
先生も悪い人じゃないむしろ良い人なんだが
出来るはずだよね?って言う前提があるのが永久に分かり合えなさすぎる
>>
結婚してどっか行くあたりまだ若いし…
ジョーダンも抱え込まず質問バンバンするタイプならできないなりに可愛がられたんだと思う
どうして宿題やってこなかったんですか?
→書いてある漢字が読めなくて調べるのに一晩使いました
はお前…ってなったよ
>>
ジョーダンそんな子なの…?
>>
周囲「あいつやる気ないんじゃないの?」
→ジョーダン「そうか…あたしやる気ないのかも…」
主人公トレーナー以外基本的に
「ウマ娘を勝たせる為に合理的な育成をしなければ」ってスタンスだから
実は主人公がおかしい
>>
まあウマ娘の才能と未来を預かってるんだからそれが普通だよな…
>>
主人公になるやつは道理に反しても危険があってもまず本人の望みを叶えることを最優先にしてるからな…
分かんないところが分からないという最悪のパターンだからなかなか大変なんだよな…
>>
このタイプで勉強自体を嫌いじゃない子は伸び代があるからいいと思う
スペちゃんエルグラが真面目に解けるレベルの問題で鉛筆転がすアホの子だから…
>>
エルは数か国語できる頭いい子だしグラはキングと並んで学力トップクラスなんだ
>>
留学生組は日本語一から習得してる時点で地頭の良さが保証されてる気がしマース!